2020冬ドラマ 病室で念仏を唱えないでください

「病室で念仏を唱えないでください」4話あらすじ!3話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

病室で念仏を唱えないでください4話あらすじネタバレ・3話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【病室で念仏を唱えないでください】

TBS系で毎週金曜日の夜9時から放送中です!

 

このドラマの主人公は、僧侶でありながら救急救命士という異色の人物。

演じるのはバッチリ坊主頭の伊藤英明さんです。

中谷美紀さんやムロツヨシさんなどの豪華キャストが勢ぞろいし、「生きること」を問う医療ヒューマンドラマです!

 

この記事では、ドラマ【病室で念仏を唱えないでください】の第3話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第4話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「病室で念仏を唱えないでください」3話の感想をアンケート!

 

<第3話>あらすじのおさらい

束の間の休息で救命救急センターのスタッフルームで雑談する松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)のもとに、看護師の堀口(土路生優里)が駆け込んできた。
交通事故で搬送されてきた患者・宮島(ナオト・インティライミ)が、いなくなったというのだ。みんなで手分けして探していると、中庭で倒れている宮島を三宅が発見した。ICUに戻り松本は「なぜ病院を抜け出したのか」聞こうとするが、虚ろな表情の宮島は謝るだけ。
その様子を心配する松本は、三宅に「宮島は“鬱”ではないか」と相談するが、松本の行動は救命医の使命の域を脱していると非難し、言い争いになってしまう。
そして三宅は、松本の救命医の使命の一線を超える行動について中庭で思案していると、そこに20年来の付き合いの消防隊員隊長・藤森(宇梶剛士)と出会い、話を聞いてもらうのだった。

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの感想&評価評判!

 

第3話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

救急医たちが医師控室でコケの栽培について話していたけど、土や植物には色んな菌が付いていて不潔なので病院内で栽培するなんてありえないと思いました。
救急に来た患者が自殺未遂で再度運ばれてくるというのは現実にもよくある話で、救急医である三宅がなんで、と思うのはちょっとおかしいと思います。なかなか難しいけど、そういったフォローも救急医には必要です。
消防隊長と三宅が親しくしていましたが、救急隊員と仲良くなることはあっても、火災の現場で活躍する消防隊長と仲良くなるほど接することは少ないんじゃないかな、と思いました。
大動脈損傷で出血性ショック状態にある患者の手術を心臓外科の児島にさせるのは無謀すぎる判断だと思います。でも、児島は濱田のイヤミにもへこたれず、素直で真っ直ぐで一生懸命なところにすごくいい印象を受けます。
今回、三宅と照円が感情むき出しで言い合いをしたり、消防隊長が亡くなった時に冷静さをなくして必死になっていていつもクールな三宅の意外な一面が見られて良かったと思います。医者でも取り乱すこともあるし、感情が抑えられないこともある、医療者である前に人間なんだということが分かりました。

 

20代女性

医者でも生きているだけでしんどい時があると患者に言った三宅は人間らしさが出ていて、人を救う仕事をしていても感情があることや、悲しみでどうしようもない気持ちになることがあると聞き、患者と一緒の気持ちで安心感がありました。大切な人を失うことを受け止める家族の強さや、自分勝手に命を落とすことで、悲しむ人や今後生きていく人の気持ちを考えることも必要だと教えられる医者はやはり強いなと思いました。救急センターの人たちは悲しむ間もなく必死で働く姿がカッコ良かったです。人を救うのに必死になったり諦め次の命を救うことを選ぶ人、正しい答えはないですが人間らしさが見られて楽しかったです。

 

30代男性

宮島が病室を脱走してしまった時はもしかしたら死んでしまったのかと驚きましたがなんとか助かって良かったです。その後、退院した後に、すぐにまた救急で運ばれてきた時は絶対に助からない展開なんだろうと思っていたので心臓が復活した時はすごく感動しました。あんなに生命力があったようにタイプに見えなかったのですごいと思いました。その後、三宅の旧知の藤森が二次被害にあって死んでしまうのはとてもあってなかったので悲しかったです。その後、三宅が意識を取り戻した宮島を励ます言葉がとても印象深かったです。奥さんのことをかなり気遣っていたのですばらしいとおもいました。

 

スポンサーリンク

 

「病室で念仏を唱えないでください」4話のみどころチェック!

 

<第4話>あらすじを予習

緊急オペを終えスタッフルームに戻ってきた松本(伊藤英明)はじめとする救命救急のスタッフたち。松本は、心臓血管外科医の児島(松本穂香)が駆け付けてくれたおかげで手術は成功したと感謝を伝える。だが、疲労困憊の吉田(谷恭輔)や研修医の田中(片寄涼太)から、「すべての患者を受け入れたい」という松本の考え方を反対される。それは、部長の玉井(萩原聖人)や三宅(中谷美紀)、ヘルプで参加した整形外科医の藍田(堀内健)も同意見だった。松本は「全ての命を漏らさず救済する千手観音のように…」と自らの意思を語るが、サトリ世代の田中には全く通じず、言い合いになってしまう。その夜、手術が成功しホッとしていた児島に、濱田(ムロツヨシ)から「今後は第一助手に入ってもらうから、救急に関わるのはやめるように」と宣告される。

同じ頃、救命救急センターに階段から転落した長沢功一(本並健治)という患者が運ばれてきた。術後の後遺症も考えられるので早急なオペが必要とされ、松本は手術の立ち合いも含め、脳外の医師と共に手術室へ向った。だが、知らせを聞き駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)と娘・沙織(美山加恋)は、吉田と田中が、功一の予後に関して話しているのを聞いてしまい、手術中止を訴えてくるのだった。

ある日の夜、ジム帰りの松本は、小学生の男の子・品川凱斗(齋藤絢永)が一人で公園のブランコを漕いでいるのを見つける。近づいてみると、凱斗の手が腫れ、不自然な赤みや体に無数の傷があることに気が付く。「転んだ」としか言わない凱斗の症状を調べようとするが、その様子を見た主婦に、変質者と間違われ警察に通報されてしまう。

その夜、あおば台病院に、小学校教諭・植木(松角洋平)に伴われ、女の子が運ばれてきた。その子は、以前公園で虐待を疑った少年・凱斗の姉・愛羅(石田凛音)だった。

TBS公式サイトより)

 

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第4話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

今回は三宅と児島の人間性がよくわかりましたが、研修医役の片寄くんが全然目立っていないので、もう少し話の中心になってくれたら良いと思います。
照円と濱田の言い合いは面白いのでこれからもバチバチ闘ってくれることを期待します。でも、濱田があまりにも嫌な医者すぎるので、三宅や照円、児島らに影響されて少しは心を入れ替えて、いい人になってくれたらな、とも思います。救急をテーマにしたドラマは出てくる患者全部が助かりがちなので、もっとリアルに救急を描くなら、亡くなる人がとても多いことや軽症なのに救急で来る患者が居ることなども話に入れていったらいいんじゃないかと思います。

 

20代女性

濱田が話しかけたが、救急の患者の元へ走り去った児島は今後オペを行なっていくため異動し、照円についていくのではないかと思いました。ジムにいる姿が仕事として現れていけば面白いと思いました。照円とぶつかり合う田中が向き合う姿が見られたので、どんなふうに救命救急センターの人たちが動いていくのかも今後の見どころです。三宅と寝転がるシーンで少し恋愛に発展していくのではないかと感じた照円ですが、児島と関わることによってやきもちを焼くのではないかとも予想しました。素直になれない三宅を引き出していく照円や、児島を取られた濱田の動きが楽しみです。

 

30代男性

次回は誰かが医療ミスをしてしまう話しらしいです。やはり新米の医師がやらかしてしまうような気がします。やはり医療ミスをしたわけですから病院側はその事実を隠そうとすると思います。しかし、それを聞いた松本はそのことが納得できなくて医療ミスのことを患者の家族に話そうと提案しますがみんなに反対されてしまうと思います。その後、そのことを考えながら松本がプールで泳いでいる場面が目に浮かびます。やっぱり松本には正当でいて欲しいです。この軸がぶれてしまうと物語が、おかしな方向へ行ってしまいそうですから頑張って欲しいです。

 

 

まとめ

 

オンエア終了後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 病室で念仏を唱えないでください

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.