2020冬ドラマ テセウスの船

「テセウスの船」4話あらすじ!3話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

テセウスの船4話あらすじネタバレ・3話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【テセウスの船】

TBS系で毎週日曜日の夜9時から放送中です!

 

父親は殺人犯。

この事実のために傷つきながら生きてきた息子がタイムスリップ!

真実を探る、感動の物語です。

 

この記事では、ドラマ【テセウスの船】の第3話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第4話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「テセウスの船」3話の感想をアンケート!

 

<第3話>あらすじのおさらい

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。
逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。
しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?
不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!?
追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの感想&評価評判!

 

第3話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

20代女性

ものすごく驚きの3話でした。前回の最後に逮捕されてしまった心でしたが、まさかのあっさり釈放。そして父親に子供であることと犯人であることを伝えてしまったことが驚きでした。その事実を聞いたときの佐野の怒り具合がとてもリアルで、あんな風に怒ってしまうのも仕方ないと思いました。一度心と佐野が喧嘩してしまったときにまさか金丸が味方につくとはと思いましたが、金丸がまさかの殺されてしまうフラグでショックを受けました。佐野の気持ちをなだめたのも金丸だったので好感度が上がったのに残念です。そして最後、心が現代に戻ってしまうという展開にも驚きでした。

 

40代女性

心が金丸に逮捕される直前に投げ捨ててしまったノート、あれがあればもっと文吾や金丸に信じてもらうことが簡単だったのに、と残念に思いました。
犯人が事件予告を知らせるあの不気味な絵は本当にゾクッとします。アカネちゃんの意識が戻って翼が監禁した犯人だと分かったようだけど、なぜ彼は青酸カリで死んでしまったのか、殺されたのか、佐々木が殺したのか、謎が多いけどこの真相もいつかは分かるのでしょうか。
心が金丸や文吾に未来から来たこと、佐野家の息子であることを信じてもらえたのに金丸は誰かに突き落とされて多分死んでしまうし、文吾の容疑もそのままで家族が心中してしまうなんて何かヤキモキします。

 

30代女性

どんどんと自分の知らない過去に変わっていくことに限界を感じ始めた心。ついに文吾に事件のことを話し、自分が今和子のお腹にいる子供だと打ち明けます。信じられない文吾に追い出された心は刑事の金丸に協力を求めますが、金丸にも犯人の手が。そして文吾と蟠りの解けた心でしたが、あの霧に再び包まれてしまい現代へと戻ってしまいます。事件を検索すると犯人は代わらず、さらに和子と兄が死んでしまっており....。
今回は怒濤の展開が来ました。タイムスリップ系では絶対あり得ない、自分のことをばらす展開。しかも他人にも。それだけ現在を変えたい、家族を守りたいという心の必死さが伝わってきました。
そして裏がありそうでなさそうでやっぱり何か犯人と繋がっていた金丸刑事がおそらく死んだ?ような描写に。感じ的には犯人側というよりは何か証拠を掴んで殺された、と見るべきでしょう。本人も『決定的な証拠を見つけにいく』みたいな事を言っていたので。
そして現在では心の決意も虚しく状況は悪化しているようですが、過去を変えた結果の『現在』がどのようになってしまったのかが気になります。佐野家はどうなってしまったんだろう。

 

スポンサーリンク

 

「テセウスの船」4話のみどころチェック!

 

<第4話>あらすじを予習

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れず。自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。
最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。
拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。
音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

TBS公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第4話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

20代女性

もう何が起こるのか全くわからない4話です。現代に戻ってきた心ですが、実際に過去が変わったとはいえ悪化している事態。これから心がどうなるのか気になります。また過去に戻れるのか気になりますし、むしろ戻ってまた過去を変えて欲しいです。4話の予告を見ると1話の最初で亡くなってしまった心の妻、由紀に再会できるそうなので由紀がまた新たにキーパーソンとなりそうでそこにも期待したいと思います。また現代の佐野と心の姉の鈴にも再会できるそうなのでそのときにどんな会話をするのかをとても楽しみにしています。とにかくまた過去に戻って真犯人を突き止めて欲しいです。

 

40代女性

やっと金丸と文吾に未来から来たことや佐野家の息子であることを信じてもらえてこれから事件を未然に防ぐために動こうとしていたのに、心が現代に帰ってきてしまってこれからどうなるんだろうという感じです。
心が現代の世界で収監中の文吾に会いに行っていたり、心中したはずのスズと思われる女性が現れたりしていたので、これからはもうずっと現代の世界で真犯人を探していくのか、それともまた過去にタイムスリップして事件を解決していくのか、展開が楽しみです。
現代の世界に帰ってきた時の登場人物の老化の特殊メイクも密かに楽しみです。

 

30代女性

第4話は現在に戻り、心が消えてしまった瞬間から今までのことが明らかになると思います。過去にであった何人かと出会うみたいです。昔の姿と今の姿が出てきた人がおそらくこれからの重要人物になるのでしょうか。3話で怪しいジュースを飲んだ男の子が車イスの男に見えたのは私だけでしょうか。
あと第1話の冒頭に車イスの男を押していた白髪の女は、木村さつきでしょうか?誰かを口で責めているようなシーンがありました。
そして、変えられた現在でついに心が刑務所に収監された文吾と面会します。あれから何があったのかをしっかりお話ししてもらいたいです。何が起きたのかが気になってしかたがないです。
それにしても現在の文吾も鈴木亮平が演じていたんですね、今日気づきました。

 

まとめ

 

衝撃展開ばかりの第3話でした!

過去は変えられず、代わりに心が生きる現代が変わってしまっていました。しかも悲しい方向に…。

第4話の展開は予想ができないですね。

妻と再会できること、名前も変えて生きていた姉も登場すること、このあたりに注目です!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, テセウスの船

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.