2020冬ドラマ 病院の治しかた

「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」4話あらすじ!3話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

病院の治しかた ~ドクター有原の挑戦~4話あらすじネタバレ・3話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~】

テレビ東京系列で毎週月曜日の夜10時から放送中です!

 

多額の借金を抱え倒産寸前だった病院。

奇跡の復活からスピードスケートの小平奈緒選手を支えたことで脚光を浴びた「相澤病院」をモデルとした実話のドラマ化です!

 

この記事では、ドラマ【病院の治しかた】の第3話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第4話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「病院の治しかた」3話の感想をアンケート!

 

<第3話>あらすじのおさらい

看護師が一斉に退職してしまった有原総合病院。各部署が協力し何とか仕事をまわしていたが、職員たちは極限状態だった。倉嶋亮介(高嶋政伸)と砂岡武雄(福本伸一)が看護師補充に奔走するも、大量離脱の噂でどの看護学校からも門前払いされ、「有原病院にはこれといった魅力がない」とまで言われる始末。これを聞いた有原修平(小泉孝太郎)は、夜間救急に来た牧原智美(安藤玉恵)から言われたひと言で、とんでもない策を思いつく!

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの感想&評価評判!

 

第3話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

このドラマは実際にあった病院再建の物語をドラマ化したということで有原修平の生き様に驚いていました。ただ今回は倉嶋亮介という存在も凄いなと感じました。銀行を辞めて病院の職員として働きたいという決断はなかなか出来ないんじゃないかと感じました。多少の脚色はあるかも知れないですが、倉嶋という人間も思いきったことしたなと思いました。今回印象的だったのは有原修平の24時間体制での診療という考え方です。患者のことを考えてのどんな人でも受け入れる診療体制を周りが反対するなか、敢行する精神力が凄いなと感じました。

 

40代男性

今回は、前半の看護士中途採用の活動と、後半の副頭取・米田と修平の会話のシーンに強いインパクトを感じました。
まず、看護士の補充においては、修平の妻・志保がパンフレットにエコバッグをつけるなど、会場に来たリクルーターに印象をもってもらうアイデアを披露したり、事務長の倉嶋も、はじめはブースに一人も来ない状況を自らアピールと呼び込みに奮闘したりで、チーム力によって看護士の獲得に成功する活躍に見応えを感じました。
後半は、米田が修平に、今後の病院再建にて大切なこととして、5本の指は手を広げると別々の方向に向いているが、それを同じ方向に向かせることを説明するシーンに強いインパクトを覚え、今後の再建活動に期待を感じるシーンだと感じました。

 

20代女性

気になってずっと待ってました。看護師不足の対応に、奥さんの提案が役に立ちましたね。前回も奥さんとの会話からヒントを得て、新しい方法を見つけられたので、本人だけでなく奥さんもすごい人なんですね。今後も活躍してくれそうな気がします。24時間対応の病院というのは、現実にはかなり難しいと思いますが、とりあえず取り掛かるというのが、この院長のいい所ですね。本当にそんな病院が近くにあれば助かりますが、スタッフは大変ですよね。ドラマの中でも対応が追いつかない場面があったので、これからどういう対応していくのか気になります。若手の小児科医の、最後の感じがまた気になる終わり方です。

 

スポンサーリンク

 

「病院の治しかた」4話のみどころチェック!

 

<第4話>あらすじを予習

倉嶋亮介(高嶋政伸)が正式な職員となり、24時間365日救急対応する病院として再出発した有原病院。だが小児科医に欠員が生じ、野林良治(松本岳)ひとりが請け負う事態に。倉嶋は野林を心配するが、有原修平(小泉孝太郎)は24時間体制で精一杯。
そんな中、野林がオペ前に姿を消してしまう。産婦人科の継続も難しくなり、閉鎖も取りざたされる事態に陥るが、またも修平がおかしな提案を…。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第4話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

倉嶋と有原修平がかなり激しい言い争いをしていたのが気になるところです。今までは有原修平が自分の意見を貫き通すのを見て、折れていた倉嶋でした。ただ第4話では凄い形相で言い返している倉嶋がいたんで何でモメているのか気になるところです。有原病院が24時間365日救急対応する状況のなか小児科医に欠員が生じ厳しい状況に陥るようでどうやって乗り越えていくのか見ものです。有原修平のやり方は基本的にはスパルタなんでこの状況でもまだ貫きとおすのかが楽しみです。かなり波乱含みな第4話になりそうで面白くなりそうです。

 

40代男性

次回は、修平と倉嶋が意見の衝突を起こすシーンがあって、いつも以上に緊迫感とシリアス感が漂い、展開が気になります。
修平は病院を24時間体制の確立に力を入れているのに対し、倉嶋は病院内のスタッフで限界が近づいてきて、継続が困難な状態を心配するという、それぞれの考え方に意見をぶつけ合う場面が、最大の見どころだと思います。
そのきっかけとなる、小児科医の医師が不足するという現状の中、ただ一人請け負っている医師・野林がギリギリまで頑張ってきたところを、プレッシャーに押されてオペ前に姿を消すなど、トラブル続出の状態を、修平と倉嶋がどう解決するかにも楽しみにしています。

 

20代女性

あの若手の医師が、辞めると言い出して、小児科医なしになるという展開が予想されます。でもきっと、踏みとどまってくれると思います。が、私は辞めた看護師たちも、戻ってくるんじゃないかと予想してて、今のところ外しているので、違うかもしれません。思いとどまってくれなければ、病院の柱としてやろうとしてた事が、出来なくなってしまいます。そうなると、さすがの院長も頭を抱えるしかないですよね。もちろん非常勤の先生を借りることもできるとは思いますが、常勤がいなければ、入院患者を管理することは難しいと思います。あの若手の小児科医の動きが気になりますね。

 

まとめ

 

ついに理事長とも対立してしまうという第4話。

テーマは医師不足がよく聞かれる産婦人科と小児科になるようです。

諦めない有原ドクターの改革は上手くいくのか、期待しましょう!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 病院の治しかた

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.