2020冬ドラマ 駐在刑事シーズン2

「駐在刑事Season2」4話あらすじ!3話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

駐在刑事 シーズン2の4話あらすじネタバレ・3話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【駐在刑事 Season2】

テレビ東京で毎週金曜日の夜8時から放送中!

 

これまでにスペシャルドラマが5本、連続ドラマとして2019年10月に1クールが放送されている人気ドラマ「駐在刑事」。

連続ドラマのシーズン2として帰ってきます!

 

主人公は、かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事で、今は奥多摩の駐在警察官として地域に親しまれる江波敦史。

寺島進さんが演じます。

 

今回は、これまで明らかになっていなかった登場人物の過去や因縁についてもピックアップされるストーリーです!

 

この記事では、ドラマ【駐在刑事 Season2】の第3話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第4話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「駐在刑事シーズン2」3話の感想をアンケート!

 

<第3話>あらすじのおさらい

奥多摩のアウトドア施設で会社社長・沖永が殺された。遺体のそばにいた宇佐美(忍成修吾)は逃亡。さらに、山岳ガイドセンターにいた遼子(笛木優子)や夏子(田中美里)らを人質に立てこもる。人質の中には妊婦の江里子(島崎遥香)も。犯人と対峙する加倉井(北村有起哉)はいつもと様子が違い…。さらに江里子が破水!
江波(寺島進)は死体に仕掛けられた罠を暴き、全員の命を救うことが出来るのか!?

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの感想&評価評判!

 

第3話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

立てこもりという緊迫した状況の中での警察官たちの葛藤や意見のぶつかり合いがとてもよかったです。
冤罪によって人生が一気にひどい方向に変わってしまったことによって立てこもり犯にまでなってしまった犯人の人生も、なんだかちょっと悲しいお話でした。
加倉井さんが立てこもり犯を説得するために防弾チョッキも着ることなく、何の武器を持つこともなく、猟銃を持っているとても危険な犯人のところに行くところは、緊迫感あふれるドキドキするシーンでした。
最後には人質を守るためにプライドを捨て真剣に謝っているシーンはかっこよかったです。

 

40代男性

沖永を殺したと疑われ猟銃を奪って山岳ガイドセンターに立てこもる宇佐美でしたけど犯人は俺ではないと主張していましたが本当に宇佐美ではなかったんですね。
ふつうだったら殺された沖永の近くに落ちていたレンガの指紋及び胸を刺したナイフからの指紋これ両方とも宇佐美の指紋が検出されている事から犯人は宇佐美と決めつけてしまいそうだけど江波の言う通り再度捜査して良かったですね。
また再捜査して即日真犯人番場を逮捕してしまうあたりは江波と軽部は凄い奴だなと思いましたね。
真犯人逮捕がもう少し遅かったら宇佐美はSITに狙撃され下手したら命を落としていたかもしれませんからね。

 

50代女性

まず、管理官の加倉井が自分の命をかけて、人質を取って、立てこもった宇佐美を説得するために建物の中に入っていたところはかっこよくて勇ましかったです。いつも駐在の江波を怒っている加倉井にしては本当にかっこよかったです。また、妊婦の西森江里子を助けるためにパン屋の夏子が子どもを使って知らせたのもよかったです。会社社長の沖永を殺したのは宇佐美でなく宇佐美の同僚の番場ではなかったのですが、江波が死体はショック状態になると胃の消化が遅くなることに気づいて真犯人を見つけられて良かったです。宇佐美役の忍成修吾さんはドラマの「ハル~総合商社の女~」に出ていましたが、いつも演技が上手だと思いました。

 

スポンサーリンク

 

「駐在刑事シーズン2」4話のみどころチェック!

 

<第4話>あらすじを予習

奥多摩で金貨が発見され宝探しが流行!観光客が急増し江波(寺島進)は毎日見回りに駆り出されていた。そんな中、夏子(田中美里)の息子・海人(髙橋來)も友達と山へ宝探しに向かう。すると偶然、男(大澄賢也)が死んでいるのを発見。驚きのあまり逃げ出すが犯人らしき人物に顔をみられてしまう。その後江波が渓流で男の死体を見つけ…。
山にあったはずの死体がなぜ渓流で発見されたのか?さらに海人にも犯人の魔の手が迫る!

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第4話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

今までは加倉井さんは寺島進さん演じる主人公の江波さんにすごく敵対心をむき出しにしているようなイメージが強かったのですが、第三話では珍しく江波さんのことを信頼しているような頼っているようなイメージだったので、第四話では少しは加倉井さんと江波さんの距離感が縮まっていってくれるのかなという風に期待しています。
また、今回は下っ端ながら加倉井さんに歯向かった軽部刑事も、ほかの刑事さんから加倉井さんの話を聞いたことによって加倉井さんに対する考え方が変わったようだったので、これからもっといいチームワークになっていくのかと楽しみにしています。

 

40代男性

今度は奥多摩で金貨が見つかると言う夢のあるお話。
それによってもちろん奥多摩にもわんさか宝探しへやってくる人々が。
その中には夏子の息子海人もいて金貨探しをする訳ですがその最中男性の遺体を発見してしまい更には犯人らしき人物に自分たちの顔を見られ恐怖に。
子供にしたらこれはとてつもない恐怖ですよね。
子供2人で行動していて更に犯人に命を狙われるのではないかと。
そして今度は山で見つかった遺体が何故か渓流で見つかると言う不思議。
これもきっとまた何かトリックがあるような気がしてならないですね。
やはりキーは海人たち子供2人ですかね。

 

50代女性

4話の予想は夏子の息子の海人(かいと)が友達と宝探しに山に行ったら、不動産会社社長の染岡舜太郎の死体を見つけました。海人は犯人らしき男に顔を見られるのですが、なんとか逃げました。その後、江波が染岡の死体を渓流で見つけます。犯人は海人に見られたので、染岡の死体を渓流まで車で運んだと思われます。そうなると、犯人は男性で死体を運ぶのに力が要るので、プロ写真家の鍋谷浩一だと思われます。見どころは犯人はどうして殺したのかとどうして渓流まで運んだのかです。楽しみにしていることは陶芸家の上小路知康役の鈴木正幸さんはドラマの「3年B組金八先生」シリーズでおまわりさんの役をやっていて、とても良かったので今回も楽しみにしています。

 

 

まとめ

 

ザクザク出てくる金貨に人が集まり、そこで殺人事件!

目撃者の子供は顔を犯人にみられたかも…

なんだか壮大な物語となりそうな第4話。

期待しましょう!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 駐在刑事シーズン2

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.