2020冬ドラマ 女子高生の無駄づかい

ドラマ「女子高生の無駄づかい」4話あらすじ!3話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

女子高生の無駄づかい4話あらすじネタバレ・3話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【女子高生の無駄づかい】

テレビ朝日系列で毎週金曜日の夜11時45分から放送中です!

 

暇を持て余した女子高校生たちの全力で残念な日常を描いたコメディードラマ。

「バカ」の主人公には女優としてメキメキ成長を続ける岡田結実さんがキャスティング。

その仲間のJKたちには、垣内祐里さんや中村ゆりかさんが抜擢されています!

 

この記事では、ドラマ【女子高生の無駄づかい】の第3話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第4話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「女子高生の無駄づかい」3話の感想をアンケート!

 

<第3話>あらすじのおさらい

登校して早々、バカ(岡田結実)はヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)に衝撃的な相談を持ちかける。
「うちの脱ぎたてのパンツってどれくらいの価値があるんだろうか…?」

朝から騒がしいバカたちを尻目に「今日は何事もなく一日過ごせますように」と祈るワセダ(町田啓太)。そんな願いもむなしく、ヤマイ(福地桃子)がフードのジッパーを髪にからませて暴れたり、ホームルーム中に笑いすぎたバカが窒息しそうになるなど、午前中からワセダの疲労は限界MAXに。
さらには、不登校で出席日数が足りなくなりそうなマジョ(井本彩花)に電話をかけたところ「学校は人の毒気が渦巻いている」「瘴気にあてられてしまう」と意味不明なこと言われ、癒しをもとめたワセダは、だらしない体の猫“もっちにゃん”グッズを求め、街を徘徊することに…。

そんな中、バカたちのクラスに転校生がやってくる。彼女の名はリリィ(小林由依)。オーストリア人の父と日本人の母を持つスタイル抜群のリリィにクラス中からは羨望の眼差しが。しかし「好きなものは女の子。嫌いなものはオスです」という自己紹介に、秒で“変人”認定が成されることに。
早速バカの隣の席に座ったリリィは、友好関係を深めようとボディタッチをするが、なぜかバカに触れただけで、突然くしゃみが発動。「オスアレルギー」が出るのは、男に触れた時だけはずなのに。
新メンバーも加わり、更なるハナクソレベルの日常が幕を開ける――。

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの感想&評価評判!

 

第3話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

清々しい朝の登校早々に、女子校だからといって「うちの脱ぎたてのパンツってどれぐらいの価値があるんだろうか?」なんて言い出すバカみたいな女はまずいない。そんなバカのバカ話を相手するヲタとロボの対応が良いんですよねー。前髪はフードにジッパーに髪がかまれるして、フードに目の部分の穴開けて授業受けるヤマイがいるし、不登校のマジョの不登校の言い訳は意味不明だし、ワセダ頑張って!ワセダのキャラも生徒に負けないぐらいのキャラですけど、やっぱ、バカには敵わないですかね、トイレの後のパンツに挟まれたペーパーありです!女子の中では結構ありです!まさかトイレットペーパーの恥ずかしく出来事に共有を感じさせられるとは思いませんでした。今回から転校生も加わり「好きなめのは女の子、嫌いなものはオス」って、また新しい物語が期待できそうです。

 

20代女性

今回も安定におバカな女子高生の発想でパンツ売ったら儲かるんじゃね?という始まり方で面白かったです。所々おバカキャラの役の女子高校生が鼻くそ飛ばしたりなどコメディっぽくて本当面白いです。今回は転校生が来るというストーリーでしたがこの転校生もクセ強めキャラで面白そうだぞ!と感じました。観ていてこーゆー女子高生っていそうだなと思う場面がたくさんあり皆さん方の演技力に魅了されてしまいました。先生と校長とのやりとりに関してもコントのようなやりとりがとても面白かったです。特に面白かったのが部活の顧問何する?のくだりがとても面白かったです。

 

スポンサーリンク

 

「女子高生の無駄づかい」4話のみどころチェック!

 

<第4話>あらすじを予習

理想の自分のため、モテるため、恋のため、女子高生たちは今日も自分磨きに余念がない――。

リップクリームという存在に一抹の疑問を抱いたバカ(岡田結実)は、ごま油を唇に塗り登校。香ばしいにおいを漂わせながら、エクソシストのモノマネに興じていた。

転校して以来、その圧倒的なキラキラ感で生徒たちから羨望の眼差しを受け続けているリリィ(小林由依)は、さいじょナンバー1のモテ女子・マジメ(浅川梨奈)が気になっていた。校舎裏で女子生徒から告白を受けるマジメの姿を目撃したリリィは、からかい半分でマジメにちょっかいを出そうとするも、突如壁ドンされる羽目となり…?

一方、ヲタ(恒松祐里)は、敬愛する低所得Pの正体が、まさかワセダ(町田啓太)だとは露知らず、ボカロ新曲の“歌ってみた”に挑戦。憧れの低所得Pに“想いよ届け!”ばりに熱く新曲を歌い上げるも、それを聞いたワセダは、1か月前の出来事を振り返っていた。
そう、晴れた日の午後、コスパが良さそうな美容室で出会った、クセの強い美容師のことを…。

そんなある日、小説家志望の1人の男子高校生・高橋は、バス停で想いを馳せていた。実は密かにロボ(中村ゆりか)に思いを寄せる彼は、バカ、ヲタと共に行動するロボの姿をひたすら眺めながら、さまざまな想像を膨らませ…。

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第4話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

濃いキャラしかいないのでは?と思っていたドラマですが、中でもピカイチでバカが目立っていたのですが、回を重ねるごとに周りの同級生や先生までもキャラが目立ったきました!期待通りの展開です!ワセダのぬいぐるみ猫に囲まれて寝る絵面可愛いすぎです。次回、今回の転校生がどこまで描かれてくるのか期待しています。バカにアレルギー症状がでてしまうリリィ、男に触れた時以外のアレルギー症状、あーバカに出るのは納得しかない。リリィはバカと仲良くしていけるのか展開が気になっています。ワセダが登校拒否のマジョを登校させられるのか?頑張れワセダ。

 

20代女性

第4話の見どころとしては不登校のオカルト女子高生が学校にくるようになりクラスが明るくなっていくのだと予想します。また、ロボコの話の件も訳の分からない家庭教師の先生が何故か抱きしめられて死んでしまい、どっから来たのか「わせおさん」と出会うというシーンで終わってしまっているので続きが楽しみです。おそらく付き合うのだろうと思います。さらに、第3話で転校生して来た女子高生について第4話でもっと詳しく話が進んでいくと思います。予告ではモテるモテないの話があったので見どころです。また、新たな新キャラも出て来そうなので楽しみです。

 

まとめ

 

マジョが学校へ投稿するようになり、リリィが転校生としてクラスにやってきました。

これまで以上に濃い~JKライフが描かれそうで楽しみです!

マジメが気になるリリィが何かしでかすのか、と期待します♪

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 女子高生の無駄づかい

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.