2020冬ドラマ 病院の治しかた

「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」5話あらすじ!4話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

病院の治しかた ~ドクター有原の挑戦~5話あらすじネタバレ・4話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~】

テレビ東京系列で毎週月曜日の夜10時から放送中です!

 

多額の借金を抱え倒産寸前だった病院。

奇跡の復活からスピードスケートの小平奈緒選手を支えたことで脚光を浴びた「相澤病院」をモデルとした実話のドラマ化です!

 

この記事では、ドラマ【病院の治しかた】の第4話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第5話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「病院の治しかた」4話の感想をアンケート!

 

<第4話>あらすじのおさらい

倉嶋亮介(高嶋政伸)が正式な職員となり、24時間365日救急対応する病院として再出発した有原病院。だが小児科医に欠員が生じ、野林良治(松本岳)ひとりが請け負う事態に。倉嶋は野林を心配するが、有原修平(小泉孝太郎)は24時間体制で精一杯。
そんな中、野林がオペ前に姿を消してしまう。産婦人科の継続も難しくなり、閉鎖も取りざたされる事態に陥るが、またも修平がおかしな提案を…。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの感想&評価評判!

 

第4話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

うーんって感じ。まず、出演者が二流以下ばっかり。
なんかなぁー。小泉孝太郎さんが可哀想ー。それに、病院の中ってあんな感じ??って毎シーン思う。
ま、小泉孝太郎さんが正して正義~ってのはわかるけど反対する人達があまりにも微妙やし、お金の話にしてもあんまり、納得できる感じはないかなぁーー。なんで、野球??あと、ファミリー感って必要??あんまりにも、全てが中途半端かな??
どーせ、裏切り者は毎回でてくる。今回の高嶋さんのあのシーンだけで一瞬の裏切り者扱いはちょっと強引すぎでは???
お酒飲んで暴露ってありえない!!!

 

50代女性

毎週病院に事務職員として勤務するものとして他人事と思えず共感しています。医者も確かに患者に医療的技術を提供しているとはいえやはり人間であり医療は病気を治す以前に何といっても人と人との関わりであるということを今回特に思いました。色々な人の状況や立場、感情、事情が絡み合いぶつかり合いすれ違い調整したり妥協したり折り合いをつけたりしながら事が進み今まで医療は命に関わるからとあまり表面に出て来なかった様々の問題が出てきてとても興味深くみています。第4話は医者の働き方が取沙汰され忙しさのあまり医者が壊れていく現状に患者をケアする人を支える人の重要さを思い我が病院で働く医者達の様子も気をつけて見ていなくてはと思いました。

 

40代男性

有原病院が24時間365日救急対応することにより人員不足から医師の野林に負担がかかりすぎてしまう。精神的なダメージを受けてしまい野林が病院を辞めてしまうシーンは印象的でした。自分がキッチリと話をしなかったことを反省して悔いる有原修平を見て今までとは少し違う考えになってきたのかなと感じました。看護婦が大量に辞めた際も気にしていなかった有原修平でした。ただ今回野林が辞めたこと、妻志保からのアドバイスを受けたことで病院で働く人の事を第1に考えるということに気付いたのが有原修平の最大の収穫だったんじゃないかと感じました。

 

スポンサーリンク

「病院の治しかた」5話のみどころチェック!

 

<第5話>あらすじを予習

赤字にも関わらず、心臓カテーテル室を作ろうとする有原修平(小泉孝太郎)。実現に向けて外来を予約制にして患者数を減らし、入院患者を町の開業医に紹介してもらうシステムを提案する。危機的な状況をわかっていないと声を荒げる倉嶋亮介(高嶋政伸)は、病院同士がまとまるとは思えず大反対。2人の意見は対立するが、修平は地域医療ネットワークの構築を強引にスタート。早速江口智也(稲葉友)を連れて開業医回りを始める。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第5話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第5話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

最終的には立て直しが完了するんだろーけど……
奥さんの手助けや病院の中でのファミリー感。いわいる、一致団結てきなやつ……ほかになんかないのかなぁーー。楽しみにしたいってよりかはもう、一波乱はほしくなる。
今の病院関係のドラマは荒々しくないと面白くない!
1人が突っ走る感じ!周りが敵しかいない!!
医療系ならもっと専門的なモノも欲しいのかも。
ただ、オペをするだけじゃなくて……
ま、病院の存続の危機ならもっと、病院に通院する人達とかに
1人でも主役級のひとがいるとおもしろいのかも!!ま、外部からの助言者てきなの!

 

50代女性

病院経営の難しさは命がかかっているということで一般の企業や商売ではとても通用しない事が通るという現実があるところです。しかし先立つものがないと命を救えないのもまた現実であり命とお金の板挟みになります。銀行は慈善事業で経営しているわけではないから当然儲からない融資はしないわけで有原先生のビジョンを実現するために銀行がどのような判断をするか、また事務長や総務部長がどう周囲に理解を求めながら自分自身のメンタルを整えながら事を進めていくのかをとても楽しみにしています。特に事務長は今の自分の立場と重なり動向が興味深いです。

 

40代男性

有原修平が赤字にも関わらず心臓カテーテル室を作りたいという発言をしたことでブチ切れてしまった倉嶋との問題がどうなるか気になるところです。大人しく言うことを聞いてきた倉嶋がついにキレてしまい、有原修平の対応がどんな感じになるか楽しみにしています。第5話でもいろいろ問題が生じてきそうな雰囲気がしています。有原修平がピンチになったときにヒント、アドバイスをさりげなくくれているのが妻の志保です。今回も妻の志保が有原修平の危機を救うようなアイデアをくれそうな気がしています。さりげない志保の優しさを期待しています。

 

まとめ

 

あまりにも無謀だと事務長が激昂するなか、心臓カテーテル室を設けるという院長。

第4話で気づいた、医師など病院で働く人のことを考えるということ。

この気づきが次回以降の改革にど影響していくのか見守りたいですね。

第5話も見逃せません!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 病院の治しかた

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.