2020冬ドラマ ケイジとケンジ

「ケイジとケンジ」6話あらすじ!5話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~6話あらすじネタバレ・5話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】は、毎週木曜日の夜9時からテレビ朝日系で放送中!

 

熱血漢あふれる所轄検事とクールな地方検察庁検事。

決して交わるはずのない、性格も正反対のふたりがぶつかり合いながらも事件を解決していく物語。

検事は桐谷健太さん、検事は東出昌大さんのダブル主演です!

 

この記事では、ドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】の第5話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第6話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「ケイジとケンジ」5話の感想をアンケート!

 

<第5話>あらすじのおさらい

横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は居酒屋店へ。“出世第一の人生プラン”を掲げる目黒は、とうとうと“守りの姿勢”の大切さを語り始める。すると突然、外から怒号が聞こえてきた。酒に酔った源義和(深水元基)がけんか腰で、路上に倒れ込む向谷孝太郎(荒川浩平)に迫っていく姿を見た豪太と目黒は、源を現行犯逮捕。思わぬ手柄にすっかり舞い上がる。

だが、その先に待っていたのはまさかの展開。源の弁護士・神田川博史(堀井新太)が桜木署へやって来たのだが…なんとこの男、目黒の中高時代の同級生だったのだ! しかも超やり手の神田川は、最初に手を出したのが向谷であることを示す防犯カメラ映像を、いち早く入手。あろうことか源を誤認逮捕してしまっていたことが発覚し、豪太と目黒は青ざめる…。

ところがそこへ、桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)が源にそっくりな似顔絵を探し出してきた! 実はこれ、3年前に傷害事件を起こし、未だ捕まっていない犯人の似顔絵だという。大逆転のチャンスを得た豪太らは、源をいったん釈放した直後に、3年前の傷害事件で再度引っ張ることに。だが、横浜地方検察庁みなと支部の部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は張り切る警察の暴走を危惧。部下の検事・真島修平(東出昌大)に、送検の前段階から捜査に加わるよう指示する。一方、神田川は先手を打ち、同事件の被害者・伊勢谷徹(池岡亮介)と示談交渉を進め…!?

ことあるごとに神田川にやり込められ、思うように捜査を進められない警察と検察。そんな不甲斐ない状況の中、豪太が放った“ある言葉”が目黒の胸に響き…!

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第5話>みんなの感想&評価評判!

 

第5話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

目黒刑事と仲井戸刑事の居酒屋でのお酒を飲み語り合う、帰りに暴行現場に直面して、逮捕ーと叫ぶだけで走ることのできない目黒刑事は笑えました。そして、またまたいた巡査長がかなりのジャンプ力を発揮して、仲井戸刑事と取り押さえるシーンは面白かったです。
かなりら行け好かない神田川弁護士。やり手だけど、最後の最後に真島検事にやり返されるシーンはスカッとしました。
将棋の対局、警察署長と検察支部長のやりとりは、かなり子供じみてる感がいいですね。最後の口を手で押さえる演技がきゅんとしました。
最後にバスケをするシーンでのハレルヤという曲が凄くいいタイミングで流れて最後でした。

 

40代男性

前までは仲井戸豪太と真島修平の言い争いが面白かったんですが、今回の仲井戸豪太と目黒元気のやり取りもかなり面白いと感じました。目黒の出世をするにはミスをしないことと語り、冒険しない挑戦しないという考え方は消極的だが間違ってはいないなとは感じました。仲井戸豪太にとっては不服すぎる考え方ですがそれを制止しての目黒の甲子園でも守りが強いチームの方が勝つと言うコメントも上手く言うなと感じました。ただ実際のところは甲子園では今の時代では攻撃力に優れる強打のチームが勝つんだけどなとは思いましたが面白いコンビだなと感じました。

 

50代女性

5話はこれまでの中で一番、スカッ!スッキリ!と視聴後感が最高でした。犯人が大金持ちの息子だわ、バズケットボールで将来有望だった被害者を下半身不随にしているわで、とにかくとことん憎らしく!その犯人についたのが東大出身の(いけ好かない)超のつくエリート弁護士!豪太の「悪人コンビやないけー!」には爆笑してしまいました。本当に、絵に書いたようにその通りですから。しかし、メグちゃんがこのエリート弁護士の同級生だったという事は、どこかで大きく挫折していたんだな・・・という過去が垣間見えました。メグちゃん、最後は凄く良い顔してました。

 

 

スポンサーリンク

 

「ケイジとケンジ」6話のみどころチェック!

 

<第6話>あらすじを予習

 女子力が低くて恋愛方面はてんでさっぱり…な横浜桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)は職業を偽り、頑張って女子っぽさを意識しながら合コンに参加。ところが、ついつい刑事のさがが前面に出てしまい、残念な感じに…。女の幸せを見失い、落ち込みながら帰途につく。そんな中、コンビニで強盗事件が発生した! 逃走した犯人・半田(長谷川朝晴)を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。仲井戸豪太(桐谷健太)ら刑事課の仲間も彼女のファインプレーをたたえ、警察の捜査は大団円を迎えたかに見えたが…。

その直後、捜査は振り出しに! というのも、横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が半田を単独犯として起訴しようとしたところ、調書を読んだ部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)の表情が一変。捜査のやり直しを命じたのだ。再捜査の指令を受け、ひかると目黒元気(磯村勇斗)が入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。そこには“捜査の矛先をガラリと変える驚愕の新事実”が、まざまざと提示されていたからだ!

その事実に、修平はコンビニ強盗どころではない重大犯罪の匂いを嗅ぎ取り、鼻息を荒げるが…!?

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第6話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第6話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

6話は弟を殺した凶悪犯?!
毛利ひかる(今田美桜さん)がどう関わっているのか?
どこで間違えちゃったんだろう発言の真相。
が見所ポイントの1つだとおもいます。
そして、凶悪犯の目の周りの紅印はなんなのか?
面白ポイントだとおもいます。
この事件を倒して、犬猿の仲井戸刑事と真島検事は、5話では仲良くしてたように、同じ方向に向かって、解決へと協力して、信頼しあえる中になるとおもいます。そして、仲井戸みなみは、真島を少しずつ意識し始めるのではないかとおもってます。
警察署長と検察支部長のこの2人の幼稚なバトルもまた、このドラマでは欠かせない1つの見所ポイントになってきてるので、将棋の対局があるのか?楽しみポイント2つ目です。

 

40代男性

第5話での仲井戸豪太と目黒元気のコンビがかなり噛み合っていたんで2人での出番が増えたら良いなと期待しています。居酒屋で語っていた感じでのコントみたいなのは面白かったし、考えた方がまったくちがう2人が逆に上手くいくのが見ていて楽しいです。目黒が毛利ひかるに好意を寄せていることは分かるがひかるのほうが全く興味がないようで、職業を偽り合コンに参加するようです。個人的には目黒とひかるが進展したらドラマ的には面白くなりそうだなと感じています。豪太とみなみの兄妹の何気ない会話も見ていてほのぼのとした感じになるんで楽しみです。

 

50代女性

次回は桜木署・刑事課の毛利ひかるさんのお話のようです。彼女がコンビニ強盗を逮捕するものの、その犯人には別の重大犯罪を犯していたという疑いが浮上!その重大犯罪とは何なのか?が、大きな見どころとなりそうです。かなりビックリ要素のある興味深い展開になりそうな6話です。予告のシーンでも豪太達が床板を剥がして何かを探しているシーンがあり、何かとんでもないものを発見しそうな予感。毛利さんはかなり気になるキャラクター。合コンに参加したりというプライベートを含め、彼女の人となりが浮き彫りになるのは、とても楽しみです。

 

まとめ

 

次回は毛利ひかるにスポットが当たりそう!

めでたく解決したコンビニ強盗事件が思わぬ方向に展開するとのこと。

凶悪な犯罪が隠されているかも…?

ストーリー展開に期待です!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, ケイジとケンジ

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.