2020冬ドラマ ハイポジ

ドラマ「ハイポジ」7話あらすじ!6話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

ハイポジ7話あらすじネタバレ・6話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【ハイポジ】

テレビ大阪で毎週土曜日の深夜0時56分から放送中です!

 

46歳のおじさんが、今の記憶を持ったまま1986年にタイムスリップ!

16歳の自分に戻り、二度目の青春を過ごす物語です。

 

この記事では、ドラマ【ハイポジ】の第6話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第7話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「ハイポジ」6話の感想をアンケート!

 

<第6話>あらすじのおさらい

さつき(黒崎レイナ)の祖母の喫茶店でバイトをすることになった光彦(今井悠貴)。二人の距離も急接近かと思ったが、高校時代の幸子(鈴木絢音)のことも気になり始め…。
バイトからの帰り道、下妻(山中崇)に偶然あった光彦は、下妻にカラオケスナックへ連れて行かれる。そこで声をかけてきた46歳の光彦(柳憂怜)と同い年の人妻(島田桃依)と盛り上がり、ホテルへ行った光彦。人妻の“毎日がつまらなくて”という言葉に、光彦は妻となった幸子(いしのようこ)との結婚生活を思い出し、まともに幸子と向き合ってこなかった自分を悔やむ。高校の教室では、幸子は光彦のことが気になっていると思った丸尾(めがね)と馬場(伊島空)が、光彦を誘ってダブルデートをしようと計画する。一方、光彦はさつきの祖母(小柳友貴美)から、さつきをデートに誘ってほしいと持ち掛けられる。

テレビ大阪公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第6話>みんなの感想&評価評判!

 

第6話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代女性

さつきの祖母の喫茶店でバイトを始めた光彦の姿がそれなりに様になっていて、何となく笑えた。仕事を終えた後、さつきの祖母からサンドイッチを出された時はいいなと思った。さつきと光彦がおしゃべりしている時に清々しい青春という感じがした。だが、下妻にカラオケボックスに連れていかれ、人妻とやっていることは光彦のブラックな部分だと思った。幸子が家事をやっているのに、ブラックなことをやっている光彦はダメだと思った。また、幸子が光彦に貸したカセットテープは昭和の世代には響くものがあった。私の学生時代もカセットテープに曲を録音していたことを思い出して、とても懐かしかった。

 

 

「ハイポジ」7話のみどころチェック!

 

<第7話>あらすじを予習

さつき(黒崎レイナ)とデートの約束をして有頂天の光彦(今井悠貴)。馬場(伊島空)からも遊びに誘われたが、実はそれは幸子(鈴木絢音)たちとのダブルデートだった。馬場と丸尾(めがね)の策略で、幸子とダブルデートすることになった光彦。デートでは幸子のために光彦がセレクトしたカセットテープの曲を二人で聴いたり、幸子が作ったお弁当を食べたり、それなりに楽しく過ごした。しかし一人になると、明日もさつきとデートをする予定の光彦は、罪悪感に襲われる。

テレビ大阪公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第7話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第7話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代女性

さつきと同じバイト先なので、浮かれている光彦だった。その上、さつきとデートの約束をしたのでバラ色の高校生活だった。また、馬場と丸尾のおせっかいで、幸子とのダブルデートもすることになった。デートでは、カセットテープを二人で聴いたり、幸子手作りのお弁当を食べたりとデートを楽しんでいた。馬場と丸尾とも楽しくおしゃべりしながら、光彦のダブルデートは終わった。家に帰った光彦は、さつきとのデートに少し後ろめたさを感じていた。次の日がやって来て、光彦は幸子には内緒でさつきとおしゃべりしながら楽しく過ごすが、デート中にトラブルに会ってしまうと予想する。

 

まとめ

 

次回は幸子とさつきとダブルデート!

なんだか楽しそうで幸せそう。

ですが、一人になってふとこの状況に悩む光彦のようですね。

さつきなのか幸子なのか、どちらかに心が決まるのか。。。

第7話に期待しましょう!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, ハイポジ

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.