2020冬ドラマ ハイポジ

ドラマ「ハイポジ」8話あらすじ!7話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

ハイポジ8話あらすじネタバレ・7話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【ハイポジ】

テレビ大阪で毎週土曜日の深夜0時56分から放送中です!

 

46歳のおじさんが、今の記憶を持ったまま1986年にタイムスリップ!

16歳の自分に戻り、二度目の青春を過ごす物語です。

 

この記事では、ドラマ【ハイポジ】の第7話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第8話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「ハイポジ」7話の感想をアンケート!

 

<第7話>あらすじのおさらい

さつき(黒崎レイナ)とデートの約束をして有頂天の光彦(今井悠貴)。馬場(伊島空)からも遊びに誘われたが、実はそれは幸子(鈴木絢音)たちとのダブルデートだった。馬場と丸尾(めがね)の策略で、幸子とダブルデートすることになった光彦。デートでは幸子のために光彦がセレクトしたカセットテープの曲を二人で聴いたり、幸子が作ったお弁当を食べたり、それなりに楽しく過ごした。しかし一人になると、明日もさつきとデートをする予定の光彦は、罪悪感に襲われる。

テレビ大阪公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第7話>みんなの感想&評価評判!

 

第7話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代女性

光彦はさつきのことが好きなので、ようやくデートが出来るようになってとても嬉しそうでした。
どこか影のあるさつきの雰囲気は、彼女の生い立ちにあったようです。

今は祖母と妹と暮らしているようですが、父親の影響で空手を習い始めたということでした。
しかし、幸子は光彦のことがかなり好きなようで、積極的になってきています。

さつきとのデートの前日に、馬場のたくらみで幸子とダブルデートをしてしまいました。
光彦は幸子のことを断ることもできないということは、やはり幸子も気になっているのだと思います。

どっちつかずの光彦ですが、2回目だからこそ出来たことなのでしょう。

 

スポンサーリンク

「ハイポジ」8話のみどころチェック!

 

<第8話>あらすじを予習

幸子(鈴木絢音)に続いて、さつき(黒崎レイナ)とも初デートをした光彦(今井悠貴)。家に帰ると、単身赴任中だった父・憲夫の声が食卓から聞こえてきた。すでに亡くなった光彦の父・憲夫は46歳になった光彦(柳憂怜)とよく似ている。父親と話すうちに改めて、光彦は二度目の人生こそ思った通りに生きようと決意するが、幸子とさつきの間で気持ちが揺れ動く光彦だった。休みの日には幸子がいきなり訪ねてきた。楽しそうに笑う幸子を見ていると、結婚した幸子(いしのようこ)はいつからつまらないと思うようになったのか、光彦は思い悩む。いろいろ考えていると、今度はさつきから祖母(小柳友貴美)が倒れたという電話が入った。

テレビ大阪公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第8話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第8話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代女性

光彦は二股をかけているつもりはないのかもしれませんが、結果的にそのような状況になっています。
休みの日に家に押しかけてきた幸子はかなり積極的になっています。
ダブルデートをしたり、カセットテープをもらったりして、幸子の方も気を良くしているのでしょう。

光彦は46歳の幸子と、高校生の彼女とを比べてみてしまっています。
どこかで二人の気持ちがすれ違ってしまったようです。

そんな時、さつきから祖母が倒れたという電話が入ります。
光彦はさつきのところに駆けつけるのか、光彦の選択が気になるところです。

2度目の16歳でも、光彦は幸子を選んでしまうような気がします。

 

まとめ

 

オンエア終了後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, ハイポジ

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.