2020冬ドラマ 僕はどこから

「僕はどこから」9話あらすじ!8話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

僕はどこから9話あらすじネタバレ・8話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【僕はどこから】

テレビ東京系で毎週水曜日の深夜0時12分からの放送です!

 

2019年10月に新設されたばかりのドラマ枠<ドラマホリック!>での放送。

同名の大人気漫画を実写ドラマ化します!

 

文章を書き写すことで書いた人の思考を完全に理解できるという特殊能力を持つ竹内薫が主人公。

中島裕翔さんが演じます。

そして、そんな彼の良き理解者となる藤原智美を間宮祥太朗さんが演じ、ふたりのコンビネーションにも注目です。

 

この記事では、ドラマ【僕はどこから】の第8話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第9話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「僕はどこから」8話の感想をアンケート!

 

<第8話>あらすじのおさらい

山田龍一(高橋努)は井上玲(笠松将)がとある清掃業社にいると竹内薫(中島裕翔)に教える。そこで藤原智美(間宮祥太朗)に銃を渡し助けて欲しいというが、本当は銃を持った薫と智美が落ち合ったところで、警察に逮捕されることをもくろんでいた。山田の言葉に何かを感じつつ、清掃業者に向かうため長距離バスに乗り込む薫。
バスの近くには桐原崇刑事(神保悟志)の姿が。実は薫と智美の供述の不審点に気づき、後を追っていたのだ。
山田と繋がる刑事・喜多慎吾(金井浩人)も乗車し、薫を陥れるための包囲網が敷かれた長距離バス。そんな中、サービスエリアでキャリアウーマン風女性が乗り込んで来る。実は彼女の正体は…。そして山田の壮絶な人生、駿(岡崎体育)との強い絆の秘密が明らかとなる。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第8話>みんなの感想&評価評判!

 

第8話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

山田の過去がどんなものだったのか、知れてよかったです。あの時園長先生を失くしていなければ山田の人格も、人生ももっと違うものになっていたのではないかと思いました。薫がバスに乗り、そこへ、変装した警察官も乗りこんできていて、チャラい感じの怪しい男の人が刑事だとは思わず少し驚きでした。ちかが、バスに乗り込み、そこで拳銃とペットボトルを差し替え山田の前で、袋の中身が拳銃ではなかった時は、やったあ!と思いました。智美とちかと薫の連携プレーはさすがだと思いました。しかし、次の展開で、また薫が山田に捕らえられ、車で連れ去られ、また振り出しなのか、と胸が痛みました。

 

50代女性

山田と狂気の弟の過去がなかなか重かったです。親から虐待されたり、不幸な環境で育ったりしても、全うに生きている人はいます。けれど、山田や弟がこうなってしまった責任は親、引いては社会にもあるかもしれません。可哀相だな・・・と思ってしまいました。それにしても、智美のカレーパンとドンキの話が気になります。意味無く、こういう事を言ったとは何となく思えず、引っかかってます。薫が銃を所持して来ず、智美が待ち合わせ場所には来ないだろうとは予測していましたが、薫と智美の計画が全く分からないまま、エンディング。続きが気になります・・・。

 

40代女性

山田兄弟の不幸な境遇が明らかとなり、自分たちを実父からかばってくれた施設長のためにも、大きな遊園地を作るのだという兄の切なる願いが少しわかり、同情してしまいそうになりました。が、魂を悪魔に売り、ここまで落ちてしまった以上、山田兄弟には本当の幸せはやってこないと思ってしまいます。また前回のメールのやり取りの中で、薫が何か異変を感じ、わざと山田の名前を「山駄」と打ち、それを智美がきちんと受け止め、秘策に出たという展開にしびれました。そばにいる権藤についても、会長のお目付役として側にいると言う立場も理解しつつ、それでも自分の子分としてそばに置くと言う智美の男意気も素敵です。薫は頼りなさで見えながらも、ちゃんと状況を理解して、拳銃のふりをしてペットボトルを山田に向けたシーンにも、思わず声が出てしまうほど興奮しました。でも最後に山田に人質として連れていかれてしまった薫のことが心配です。

 

 

「僕はどこから」9話のみどころチェック!

 

<第9話>あらすじを予習

完全に警察に包囲されてしまった山田龍一(高橋努)は、強奪した車に竹内薫(中島裕翔)を引きずり込み、銃を突きつけたまま逃走をはかる。なぜ山田を陥れることができたのか?緊急配備が敷かれる中、薫は車内でその真相を語り出す。
薫からのあるメッセージを見た藤原智美(間宮祥太朗)は、このやりとりがすべて山田を経由していることに気づく。拳銃を持った薫と智美が合流する時に、山田は何かを仕掛けてくる―― そんなもくろみを察知した智美は、阻止するべく権堂真司(音尾琢真)と奔走。薫に“山田の罠”を知らせるため、藤原千佳(上白石萌歌)を薫が乗るバスへ送り込む。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第9話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第9話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

第9話は、智美がどうなるのか見どころでもあり、心配でもあります。薫も、山田から無事に解放されるのか、ドキドキしています。様々な思惑がうごめいているようなので、そのひとつひとつが、どうなるのか見どころだと思います。とにかく、薫はうまく利用されていただけで、それなのに一番危ない目にばかり遭っているので、どうにか山田からは逃げてほしいです。もう、危ない目には遭ってほしくないなあと思っています。山田の弟が、何をしでかすかわからない感じなので、9話で、兄を助けるとか言って、とんでもないことをするのではないかとドキドキしています。

 

50代女性

いよいよクライマックスに突入という感じで、薫と智美が問題を解決する為にどういった事を計画したのか?とても気になります。それに8話で智美が撃たれるという最悪の事態を避けたい・・・と薫が念じていましたが、予告シーンでは智美が撃たれていました。もしかして、ドンキで智美は防弾ベストを買っていたりして?でも、血が出てたしな・・・。もしかして、血はケチャップとか絵の具を仕込んでいた?などと、いろいろ想像が止まりません。そうなると、カレーパンにも何か意味があったかもしれませんし、このドラマは容易に展開が予測できないところが最高に面白いのだと思います。

 

40代女性

あの後、薫はどうなってしまうのか。予告では智美が銃で撃たれるシーンが出てきます。最悪の事態は避けて欲しいなと切に願います。また山田弟のキレぶりがちょっと怖いです。兄に認めてもらいたい一心で、彼は彼なりに頑張るのでしょうが、方向が極端すぎて制御できなくなりそうで怖いです。それから1番謎な存在なのが、玲ですね。おとなしくて何を考えているか分からない状態ですが、最後の最後は智美や薫に味方をしてくれるのではないかなと期待しています。こんなに面白いドラマが、もう来週で終わりになってしまうのはとても残念です。主演の中島くんと間宮くんでほんとに良かったなと思います。はまり役です。2人は以前「水球ヤンキース」でも共演していましたが、今回とは違った役でした。それぞれがすごく成長したなぁと思って見ています。

 

 

まとめ

 

またも薫が山田に連れていかれてしまいました…。

計画を藤原に台無しにされた山田は何をしてもおかしくないですからね。

でも、ここでも藤原とちか、そして薫の連携プレーでピンチを乗り切る方法がきっとあるんではないかと期待しています!!

ハラハラドキドキが結末まで続くでしょう。

楽しみですね!!

 

-2020冬ドラマ, 僕はどこから

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.