2020冬ドラマ ケイジとケンジ

「ケイジとケンジ」8話あらすじ!7話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

ケイジとケンジ ~所轄と地検の24時~8話あらすじネタバレ・7話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】は、毎週木曜日の夜9時からテレビ朝日系で放送中!

 

熱血漢あふれる所轄検事とクールな地方検察庁検事。

決して交わるはずのない、性格も正反対のふたりがぶつかり合いながらも事件を解決していく物語。

検事は桐谷健太さん、検事は東出昌大さんのダブル主演です!

 

この記事では、ドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】の第7話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第8話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「ケイジとケンジ」7話の感想をアンケート!

 

<第7話>あらすじのおさらい

 横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。彼らは江島と同じ高校の卒業生。

さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。すると、仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。

検察では求刑を決めるため、誰が主犯か、そして誰が江島の骨を折ったのかを追及する取り調べを敢行。真島修平(東出昌大)が久保田を、日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、持丸栄(峯村リエ)が黛を担当する。ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張! 豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かをめぐって意見が分かれ…!?

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第7話>みんなの感想&評価評判!

 

第7話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

大学生の江島が集団暴行を受けて久保田、宮前、黛の加害者3人が逮捕されたことに対して誰が主犯かを決めることに対しての仲井戸豪太の考え方が印象的でした。そんなの全員が悪いんだという豪太の考え方は確かに正しいとは感じました。どんな理由があろうとも参加した奴は全て悪いというのは確かに正しいですが、やはり無理やり参加させられたりあるだろうから正論のようで正論ではないなと感じました。ただ真っ直ぐな豪太は好きな存在です。目黒がひかると付き合っていると仲井戸兄妹に勘違いされてるシーンは面白かったです。いつの間にか結婚を前提にと嘘をついてる目黒も調子の良い男だなと感じました。

 

30代女性

目黒刑事がひかるちゃんに恋愛の探りを入れているシーンが、可愛すぎました。
ひかるちゃんの結婚願望の話が気になってパスタ巻きすぎてて、ほんとに面白かったです。
目黒刑事、ちょっと頼りなかったです。
もうちょっと頑張ってと思ってしまいました。
しかし仲井戸刑事とみなみさんも、二人とも強烈すぎました。
目黒刑事の話を全く聞かずに話をどんどん進めていってしまう二人は、さすが関西人の兄弟だなと感心してしまいました。
いつも話せばケンカばかりしている仲井戸刑事とみなみさんですが、急に意気投合して楽しそうに話し出す姿は新鮮でした。

 

50代女性

加害者3人のうち、誰が一番悪かったのか?このランク付けの戦いが、なかなか面白かったです。人は見かけによらないんですよね。仲井戸豪太の教師目線、当たってる部分あるなぁ〜って思って見てました。それに、あのきらちゃんみたいな子って、実際にいますから。

7話では目黒くんが仲井戸兄&妹に、毛利さんと”付き合ってる”しかも”結婚を前提に”とか、嘘を言ってしまい!これは愉快な展開になってきたなと。将棋バトルの大貫署長と樫村部長検事、メグちゃんと毛利さんの恋の行方、仲井戸兄・妹の絶妙コンビのやりとり・・・と内容が回を追う毎に活性化してきたな〜と感じました。

 

 

「ケイジとケンジ」8話のみどころチェック!

 

<第8話>あらすじを予習

 夜間に裸足で街を歩いていた6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)が保護された。虐待を受けている可能性があったため、横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は笑美と二人で暮らしている母親・三崎真由子(桜井ユキ)に任意同行を求め、事情を聴く。ところが、真由子は虐待を否定! 限りなくクロに近いものの、逮捕の決め手となる証拠もないため、釈放される。だが、真由子による虐待を確信し、怒りに震える豪太は引き続き、同僚刑事・毛利ひかる(今田美桜)と共に虐待の証拠を探すことに。児童虐待の事案は最初から検察と共同で捜査に当たるため、担当検事となった真島修平(東出昌大)も加わり、まずは笑美に話を聞く。だが、笑美は何を聞かれても無反応で…!?

ちょうど同じ頃、無職の男・加瀬沢太一(三村和敬)がフリーターの段田拳四郎(松永拓野)に暴行を加え、逮捕される。しかも取り調べると、加瀬沢がキャバクラ店員・澤登大介(木村龍)を立会人にして、段田と殴り合っていたことが判明。この供述が事実ならば、全員が共犯とみなされる「決闘罪」にあたる――そう考えた刑事課の係長・多胡永吉(矢柴俊博)は、部下の目黒元気(磯村勇斗)と桂二郎(菅原大吉)にほかの二人も調べるよう指示する。

ところが…やがて二つの捜査は思わぬ焦点で交わることに。なんと、一見無関係の両事件から“警察と検察を揺るがす大事件”へとつながる“震撼の真相”が浮上し…!

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第8話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第8話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

豪太と目黒との会話が相変わらず面白いですが、仲井戸兄妹と目黒の3人でのやり取りがもっと面白かったです。この3人のやり取りが8話でも見れたらなぁと期待しています。目黒とひかるとの関係もどうなっていくか楽しみです。目黒が好意を伝えてはいるが全く相手にしていないひかるという図式が崩れていくのか楽しみです。大貫と樫村のおじさん2人の子供じみた会話というのも見ていて楽しいです。将棋での勝ち負けに関しても最近は小料理屋の店員を含めてのやり取りが面白いです。あとは真っ直ぐな仲井戸豪太の熱い捜査をまた見せて欲しいです。

 

30代女性

今回は頑張ってひかるちゃんをご飯に誘ったり、恋愛観や結婚願望について探りを入れたりしていたので、次回はもう少し積極的にひかる譚を誘ったりアピールするんじゃないかなとすごく楽しみにしています。
そんな目黒刑事にひかるちゃんがどんな反応をするのかなというところも、見どころだと思います。
最近では少しずつ事件捜査の成果を出してきている目黒刑事なので、次回はそろそろもう少し大きな役割を与えてもらえるんじゃないかなと予想しています。
真島さんは今回もみなみさんに対して上手に自分の良さを見せれてなかったので、次回はみなみさんにどんな態度を取るのかも楽しみです。

 

50代女性

8話は幼児虐待の事件のようです。6歳の女の子が虐待を受けている疑いがあり保護されますが、母親は容疑を否定。証拠が無く、釈放されてしまうようです。そこで、豪太と毛利さんがが証拠を探します。この母親役に、桜井ユキさんが登場するようで、これは俄然、面白くなりそうです。桜井ユキさんの虐待母親は、絶対に相当にアクが強く、かなり手強そうなのは間違いありません。豪太vs桜井ユキさんの虐待母親のバトルは、絶対に見応えがあると思います。虐待の証拠が掴めるのか?掴めたとしたら、それはどんな証拠なのか?楽しみなポイントが満載です。

 

まとめ

 

最終回間近となり、次回からは大きな事件にかかわっていくようですね!

表面上は虐待と暴行事件ですが、この二つの事件がどう重なるのか楽しみです。

次回も見逃せません!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, ケイジとケンジ

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.