2020冬ドラマ 病室で念仏を唱えないでください

「病室で念仏を唱えないでください」8話あらすじ!7話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

病室で念仏を唱えないでください8話あらすじネタバレ・7話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【病室で念仏を唱えないでください】

TBS系で毎週金曜日の夜9時から放送中です!

 

このドラマの主人公は、僧侶でありながら救急救命士という異色の人物。

演じるのはバッチリ坊主頭の伊藤英明さんです。

中谷美紀さんやムロツヨシさんなどの豪華キャストが勢ぞろいし、「生きること」を問う医療ヒューマンドラマです!

 

この記事では、ドラマ【病室で念仏を唱えないでください】の第7話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第8話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「病室で念仏を唱えないでください」7話の感想をアンケート!

 

<第7話>あらすじのおさらい

あおば台救命救急センターにスーパーで転倒し意識不明の前田鮎子(戸田菜穂)が搬送されてきた。三宅(中谷美紀)は鮎子が持っていたメモを見つけるが、そこには「自分は末期の乳がんで心肺蘇生は望まない」ということが書かれていた。鮎子の意識が戻り、松本(伊藤英明)は、チャプレンとして彼女の心に寄り添う。そんな中、松本は突然鮎子をデートに誘う。

次いで、交通事故の患者が搬送されてきた。ケガをしたのは桑島悟という14歳の少年で、緊急手術しなければならない状態だった。松本は悟の心臓あたりに小さな古い手術痕を見つけ、早々に手術を始めようとしたとき、濱田(ムロツヨシ)と瀬川(安井順平)が突如オペ室に入ってきて、松本を突き飛ばすように少年の手術を開始。救急に協力しない濱田が手術を手伝ってくれた話は、救急で話題になっていたがその真意は…?さらに濱田は、謎の投資家・リチャード(近藤公園)や医療コンサルタントの長谷(淵上泰史)と、秘密裏に会っているようで…。

一方、度重なる暴言に耐えかねた瀬川は、濱田へ初めて反論し、2人は言い争いに。その現場に居合わせた松本は、つかみ合いになる二人を制止すると、濱田の胸元に手術痕があることに気づいてしまう…。

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第7話>みんなの感想&評価評判!

 

第7話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

浜野先生が嫌がらせのように見えました。こういう酷い医者が早くいなくなればいいのにと思いました。オペ中にあんな風にしている医師はいるのかなとも疑問に思いました。また、最初に運ばれてきた患者さんの手紙は書きすぎな気がしました。病院の中でいきなりお坊さんの衣装を着ていたのですが、やりすぎです。病院に実際に入院している方にも失礼なのではないかと思いました。また、突然キャンプのシーンになってしまったのもわからなかったですが、これから死を考えないといけない方だったので楽しそうだったのでいいかなとも思いました。

 

40代男性

色々な出来事が怒涛のように起こったと思います。
まずは、濱田ですが今回も性格の悪さが際立っていたと思います。
口も相当悪くて闇が深すぎますが、患者を救いたいという気持ちは持っているみたいなので安心しました。
そして末期ガンの前田は、演じている戸田菜穂さんがいくつになっても可愛げがあると思いました。
「星の金貨」で沢村一樹さんと共演していた頃から考えると、結構日にちが経ったなという感じがしました。
沢村さんもそうですが、あの狂気的な役柄から考えると今も生き残っているとは思いませんでした。
しかし、前田の生き方は褒められたものではないと思うので、最後に娘が来てくれたのは奇跡だと思いました。

 

30代男性

このドラマが始まった初回から医師であり僧侶である松本の邪な思いを象徴した女性好きの部分が、ある事をキッカケに無くなって真面目な松本となっていたのが、ガンになった憲次を連れて行った大自然の中でのキャンプで若い女性たちに助けを求められた時の本能的なイヤらしい笑い顔をした松本と憲次の男の性を出した表情に、やっと設定されていた個性が発揮できたなと思いました。
憲次の考えに嘘があると考えていた松本が、憲次の思いが綴られたブログを読んで理解したのに松本が思う事を投げ掛けて、憲次が心変わりして治療を受ける展開は一方的な思いしかなく、憲次の権利はどこにいってしまったのかと思うくらいに医師の考えに従えという流れに見えてしまい、末期の乳ガン患者だった鮎子の一件も身勝手な鮎子の考えに添うような展開で娘が最後を看とるために訪れる家族愛と感動する内容ではあるものの、物語のまとめ方は無理矢理に感じられたのが残念でした。

 

スポンサーリンク

「病室で念仏を唱えないでください」8話のみどころチェック!

 

<第8話>あらすじを予習

あおば台救命救急センターでは、松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)が、ペースメーカーを入れた生活保護の患者が短期間に数人見つかったことに疑問を抱き、児嶋(松本穂香)にその出元の調査を依頼していた。すると、全ての患者があおば台病院の同じ医師によって手術されていることが発覚する。真意を確かめるため、松本は濱田(ムロツヨシ)の元へ向かう。
一方、濱田は、医療コンサルタント・長谷(淵上泰史)から電話が入り、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)の孫・川崎美咲が、重い心臓病で入院していると伝えられる。あおば台病院に転院させて手術がうまくいけば、医師会を後ろ盾にして小児ハートセンター設立までがスムーズになると言われていた。

憲次(泉谷しげる)は、がんの治療に向き合い、診察を受けていた。付き添う松本は、改めて最悪の状況を確認し「治験薬でもいいので可能性に賭けたい」と訴える。
その頃、ひき逃げ事故にあった女性患者(白石糸)が搬送されてきた。搬送されて2日経っても家族からの問い合わせが入らないことや、彼女の荷物からシングルマザーなのではないかと考えられた。家に乳幼児が1人で残っているかもしれない危機的状況にもかかわらず、身元がわからないでいたが、児嶋があることに気づき…。

母親の川崎百合子(大西礼芳)、祖父の大貫に付き添われ美咲が転院してきた。濱田の次に優秀とされる心臓外科医・田沼(前田公輝)を前立ちにして手術が始まる。

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第8話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第8話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

ペースメーカーを入れた犯人は誰なのか気になります。医療現場は何かを入れたりしてしまうケースもあってニュースでも流れていたので恐怖です。今回は誰かを落とし入れたいがために起きた事件だろうと感じました。なんでわざわざペースメーカーを入れたのかはわかりませんが真相が気になりました。正義では人は確かに救えはしないとも思います。しかし、救える時もあるとは思います。また、何かを入れてしまったことはいつかはばれてしまいます。病院の中だけではわからないと思いますが、警察に行ってしまうのか、その発言にドキッとしました。

 

40代男性

次回は気になるのは、まずはペースメーカーのことです。
連続しているので、ペースメーカーのご動作が原因でなくなっているのかなと思います。
心臓なので、もしかしたら濱田が関わっているのかなと思います。
また、濱田の計画の融資などの全容も気になりますが、それを周囲がどうするのかが気になります。
頓挫するようなことがあれば、濱田はますます闇に落ちた性格になり、暴走しそうな気がします。
そして、憲次の病気のことも気になります。
松本とキャンプに言って楽しそうにしているなど、まだまだ元気そうですが、入院するのかなと思います。

 

30代男性

松本は生活保護の人物たちに埋め込まれたペースメーカーは数をこなして利益をあげようと画策した医師がいるとわかっていくものの、心臓血管外科医の濱田はそれを知っていながら放置していたとわかり松本が怒りを見せて対立、濱田は病院内で利益のためなら何でもする理事長の渋沢を排除しようと企んでいたものの、利益があれば何でも言うことを聞くとわかった事で強いパイプと繋がろうと心臓外科学会の理事長の孫を救う事で渋沢を黙らせ、小児ハートセンターの設立を目指していく行動を起こし、松本は全てを飲み込む勢いで突き進む濱田に理解できるようでできないために悩みつつ、白も黒も選ばないという発言に繋がる物語になると予想しています。

 

まとめ

 

次回のペースメーカーの誤作動は、事故ではなくて事件の気がしますよね?

同じ病院ばかりから、そして亡くなったのは生活保護受給者だと。。。

真相が気になります!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 病室で念仏を唱えないでください

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.