2020冬ドラマ アリバイ崩し承ります

「アリバイ崩し承ります」6話あらすじ!5話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

アリバイ崩し承ります6話あらすじネタバレ・5話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【アリバイ崩し承ります】

テレビ朝日系で毎週土曜日の夜23時15分からの放送です!

 

本格謎解きミステリーの本作。

主演は人気・実力ともに急上昇中の浜辺美波さんで、時計屋の若き店主でありながらアリバイ崩しの名人の探偵役に扮します。

そのバディ役には安田顕さん!

男女で歳の差もあるこのふたりが凸凹ながら事件解決に奮闘する物語です。

 

この記事では、ドラマ【アリバイ崩し承ります】の第5話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第6話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「アリバイ崩し承ります」5話の感想をアンケート!

 

<第5話>あらすじのおさらい

 身元不明の白骨化した遺体が、ある一軒家の庭から発見された。そこは、3ヶ月前に殺害され、その事件の犯人がいまだに見つかっていない未解決事件が起こった場所だった。那野県警捜査一課係長・牧村匠(勝村政信)が担当している、因縁の事件だ。
牧村は、さっそく管理官・察時美幸(安田顕)と刑事・渡海雄馬(成田凌)と現場へ。検視官の樋口秀人(柄本時生)の調べで、掘り起こされた穴から、死後十数年が経過した遺体とともに『和田』と刺繍された洋服の切れ端が出てきた。
その後、捜査線上に、白骨遺体の息子で天才大学生・和田英介(板垣瑞生)が挙がる。動機は、亡き父親の復讐。しかし和田には、3ヶ月前の事件当日、脆弱だけど決して崩せないアリバイがあった…!
一方、手柄を立てて警察庁に返り咲きたい察時は、今回も時計店の店主でアリバイ崩しの名人・美谷時乃(浜辺美波)に、和田のアリバイ崩しを依頼する。
はたして時乃は、脆弱なアリバイを崩し、未解決事件の真相に迫ることができるのか…!?

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第5話>みんなの感想&評価評判!

 

第5話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

いつもは自分が謎を解いたわけでもないのにどや顔で事件解決する察時刑事が、今回は牧村刑事のためにこっそりと推理を教えてあげようとする察時刑事がちょっとカッコよかったです。
でもそんな察時刑事の提案を自分の手柄にしようとはせずに断る牧村刑事は、もっとかっこよかったです。
いつもは渡海刑事をおだててばっかりで見せ場はないけど、今回は頑張っていてよかったです。
今回は最初から犯人がバレバレだったので、いつもと違くて新鮮でした。
でも自分の父親を殺されたという理由で、自分の父親を殺した人間を殺すことにしたなんて、ちょっと悲しい結末でした。

 

30代女性

これまで必死で捜査してきた牧村に対して、渡海が熱くフォローしていたのは少し意外でした。忖度されることの多い渡海はもっと自分勝手なのかと思っていましたが、仲間のことを大切に思っている気持ちが伝わってきて好感を持てました。また、最初は手柄をたてようと思っていた察時が、牧村にアリバイ崩しの内容を話そうとしていたのも驚きました。実際に自分自身で謎を解いていない察時は、牧村から言われた言葉が刺さっただろうなと思います。本当は時乃がアリバイを崩していたことを、和田が見抜いていたのはすごいと思いました。今後、察時が本当のことを同僚に明かすのか気になります。

 

30代男性

時乃のアリバイ崩しの才能を利用する事に躊躇いが無くなってしまった心境の管理官の察時と、3ヶ月前に発生した事件を解決できずにいる牧村の自分自身で解決したい心境の両極の所に、お坊ちゃん刑事の渡海の捜査を継続していた牧村を思う仲間意識の拘りと考え方の違いが出ていましたが、個人的な問題ならば牧村のプライド意識と渡海の考え方はいいのかもしれませんが、事件を解決する警察の役割は組織で動くのが基本と考えると拘り偏った先入観が未解決とした可能性があると気が付かない所が2人の問題点だなと思いました。
察時の場合は事件の解決に至る才能を使うという点においては正解ではありますが、警察官として事件を解決しようと考えていない所は最大の問題点で論外な行動に思えてしまい、時乃はアリバイ崩しを頼まれなくてもやってしまいそうな勢いと、察時から事件の捜査でわかった事を聞いている時の態度から、祖父の時生が心配していた一線を越えてしまったように見えるので、主要なメンバー全員が残念に感じました。

 

スポンサーリンク

「アリバイ崩し承ります」6話のみどころチェック!

 

<第6話>あらすじを予習

 とある郵便ポストから拳銃が見つかった。その拳銃には発射された形跡があり、血痕が付着していた。
後日被害者が発見され、管理官・察時美幸(安田顕)、刑事・渡海雄馬(成田凌)らが捜査を担当することに。

その後の捜査会議に、コワモテ刑事・真壁剛士(間宮祥太朗)が現れた。真壁は、組織犯罪対策課(通称:組対)の女帝と恐れられる警部・村木キャサリン(木村カエラ)の部下で、雄馬の幼なじみでもあった。
激化する暴力団同士の抗争が絡んでいるのではと思われたが、被疑者には鉄壁のアリバイがあった…!

時計店の店主でアリバイ崩しの名人・美谷時乃(浜辺美波)は、今回も察時からアリバイ崩しを依頼されるが…!?

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第6話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第6話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

今回の最後では、察時刑事が時乃ちゃんにアリバイ崩しを頼んでいることに少し罪悪感を覚えているようだったので、次回ではもしかしたら察時刑事に何か変化が出てくるんじゃないかなと思っています。
時乃ちゃんにアリバイ崩しを依頼するのをやめるか、警察のみんなに本当は時乃ちゃんがアリバイを崩してたとほんとのことを言うという可能性もあるんじゃないかなと、楽しみにしています。
予告では時乃ちゃんが察時刑事に拳銃を向けているシーンがあったので、いったい何があってどうなってしまうのかというところも見どころだと思っています。

 

30代女性

第6話の見どころは、拳銃で殺害したと思われる被疑者のアリバイを崩せるのかという点です。暴力団同士の抗争が関わっているようなので、これまでの事件とはまた違った雰囲気で捜査が進められていくのではないかと予想しています。個性の強いコワモテ刑事や伝説の女刑事も登場するようなので、他の刑事たちや時乃とどのような絡み方をするのかも見どころです。時乃には周りの意見に惑わされることなく、しっかりとアリバイを崩してほしいと期待しています。予告で時乃が察時に銃を向けていた衝撃のクライマックスが、どのような内容なのかも楽しみにしています。

 

30代男性

捜査一課の担当事件になったはずの殺害事件に拳銃が使われていた事から、組織犯罪対策室が乗り込んでくる展開になり、本庁に復帰したい気持ちで一杯の管理官の察時は頼りの綱であるアリバイ崩しの時乃が排除されてしまうピンチに陥り、お坊ちゃん刑事の渡海は組織犯罪対策室に所属する幼なじみの真壁の鋭さと勘の良さに圧されるピンチと、捜査一課の面目が保てない事から一致団結を計る展開になる気がします。
また、察時はアリバイ崩しのために、渡海はボロボロになった心を癒すためにと、時乃の元に訪れる事が重なってしまう事で事件が解決していた流れがバレてしまうと思った所で、渡海の時乃への恋心が勝り、察時が可愛い時乃に癒されているから事件を解決する発想が浮かんでいたと勘違いする面白いドラマとなる展開を期待しています。

 

まとめ

 

最終章の事件はなんだか大がかりとなりそう。

そしてなんといってもゲストキャストの木村カエラさんにも期待!

おしゃれな役どころではなく、刑事というのも意外で楽しみですよね~♪

見逃し厳禁です!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, アリバイ崩し承ります

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.