2020冬ドラマ ケイジとケンジ

「ケイジとケンジ」最終回の9話あらすじ!8話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

ケイジとケンジ ~所轄と地検の24時~9話あらすじネタバレ・8話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】は、毎週木曜日の夜9時からテレビ朝日系で放送中!

 

熱血漢あふれる所轄検事とクールな地方検察庁検事。

決して交わるはずのない、性格も正反対のふたりがぶつかり合いながらも事件を解決していく物語。

検事は桐谷健太さん、検事は東出昌大さんのダブル主演です!

 

この記事では、ドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】の第7話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第8話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「ケイジとケンジ」8話の感想をアンケート!

 

<第8話>あらすじのおさらい

 夜間に裸足で街を歩いていた6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)が保護された。虐待を受けている可能性があったため、横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は笑美と二人で暮らしている母親・三崎真由子(桜井ユキ)に任意同行を求め、事情を聴く。ところが、真由子は虐待を否定! 限りなくクロに近いものの、逮捕の決め手となる証拠もないため、釈放される。だが、真由子による虐待を確信し、怒りに震える豪太は引き続き、同僚刑事・毛利ひかる(今田美桜)と共に虐待の証拠を探すことに。児童虐待の事案は最初から検察と共同で捜査に当たるため、担当検事となった真島修平(東出昌大)も加わり、まずは笑美に話を聞く。だが、笑美は何を聞かれても無反応で…!?

ちょうど同じ頃、無職の男・加瀬沢太一(三村和敬)がフリーターの段田拳四郎(松永拓野)に暴行を加え、逮捕される。しかも取り調べると、加瀬沢がキャバクラ店員・澤登大介(木村龍)を立会人にして、段田と殴り合っていたことが判明。この供述が事実ならば、全員が共犯とみなされる「決闘罪」にあたる――そう考えた刑事課の係長・多胡永吉(矢柴俊博)は、部下の目黒元気(磯村勇斗)と桂二郎(菅原大吉)にほかの二人も調べるよう指示する。

ところが…やがて二つの捜査は思わぬ焦点で交わることに。なんと、一見無関係の両事件から“警察と検察を揺るがす大事件”へとつながる“震撼の真相”が浮上し…!

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第8話>みんなの感想&評価評判!

 

第8話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

ケイジとケンジ第8話。今回も桐谷さんの熱い演技が魅力的でした‼︎虐待の事件の裏に隠された切ない子供の気持ちを思うと涙が出てきました。たくさんの人が女の子の虐待の真実に寄り添う優しさ、誠実さが心打たれました。またラストの居酒屋さんで桐谷さんが小学校の頃の妹との思い出を語り涙するところは笑えました‼︎また柳葉敏郎さんがケーキを取られて拗ねるシーンも言葉なくして表情だけであんなに笑えるなんてさすがでした。今後もどのような展開になるのか、キャスト一人一人がとても個性的で大好きです。毎週ワクワクしながら観させていただいております。

 

40代男性

仲井戸豪太が虐待されていた少女の母親、交際相手に対して怒りを前面に押し出しすぎていて完全に前掛かりになっているなと感じました。ただこの仲井戸豪太の少女を思いやる気持ちというのが見ていてファンになってしまいます。赤の他人にこんなに思ってくれる人間なんてまずいないだろう優しさは見ていて素晴らしいなと感じながら見ていました。それに比べて真島は支部長の評価と仲井戸みなみに好かれたいだけという自分本位の考え方が多々あって雲泥の差だなと感じました。仲井戸豪太が正義過ぎて、真島の卑屈さが余計酷く見えてくるなと思いました。

 

40代女性

6歳の女の子が虐待されているという事件に、切ない気持ちになりました。内縁の夫により虐待を母親が庇うという展開もリアルにありそうだと思いました。そんな中で、笑美の笑顔を取り戻すために必死になっている豪太やひかるに、心温まりました。おかげで笑美も笑顔になり、話せるようになってよかったです。女の子役の子役の子の演技も、とても自然な感じがして上手だと感心しました。最後の、内縁の夫が実は半グレ集団のリーダーだったという展開はリアルにはなくドラマ的な流れですが、ラストに繋がる自然さもあっていいと思いました。

 

スポンサーリンク

 

「ケイジとケンジ」9話のみどころチェック!

 

<第9話>あらすじを予習

 横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。修平にこの事件を担当させることにする。

まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ!

この捜査を突破口にして、半グレ集団を壊滅しようと燃える豪太。そんな豪太の思いに共鳴した修平は、捜査の主導権を握る神奈川県警捜査一課長・見城長一郎(池田成志)をいなし、桜木署が中心となって捜査を進めるよう指示。ところが、勢い余った豪太が“とんだ失態”を演じてしまったことで、修平が怒りを爆発させ…!?

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第9話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第9話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

ケイジとケンジ第9話の楽しみは、やはり比嘉愛未さん演じる仲井戸みなみと東出さん演じる真島修平の恋の行方が気になります。
内容的には半グレ集団ベイシャークスの壊滅に向けて仲井戸豪太と真島修平が協力しあって捜査を進めることができるのかが気になります。
第8話での、児童虐待の容疑者の桐山を見つけ出し、ベイシャークスの秘密を暴き、身元不明の遺体の事件について桜木署のメンバーで解決してもらいたいです。次週が最終回なのが寂しい気持ちでいっぱいですが、刑事と検事がワンチームとなって事件を解決してくれることを楽しみにしています。

 

40代男性

次回最終回ということで少女に暴力を振るっていた犯人と半グレ集団のリーダーが同一人物だと言うことです。最終回にふさわしい悪党・久我山勝也との対決になるんだなと感じました。仲井戸豪太がヒートアップして取り調べをする映像が浮かんで来ます。間違いなく警察の取り調べのルールを破るくらい暴走するんだろうなと予想しています。真島と仲井戸みなみの関係も目黒元気と毛利ひかるにしても両方、片思いで終わりそうな感じです。振られても良いんで目黒元気が毛利ひかるに告白してるシーンが見たいなと期待しています。最終回どんな結末が待っているのか、どんな終わり方をするのか楽しみです。

 

40代女性

次週いよいよ最終回ということで、豪太が大暴れしてくれることを期待しています。修平ともなんだかんだで協力し合っていますし、持丸や日下たちの存在感も回を追うごとに大きくなっているように思います。それぞれに魅力的なキャラクターなので、最終回も活躍してくれることを願っています。ひかるのことを思う目黒も、少しは気持ちに気が付いてもらえる展開になるといいと思います。豪太は思い切り勘違いをしているようですが、キューピッド役になってくれるといいですね。9話で最終回というのは残念ですが、作品自体楽しかったので、シリーズ化も秘かに期待しています。

 

まとめ

 

オンエア後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, ケイジとケンジ

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.