2020冬ドラマ 病室で念仏を唱えないでください

「病室で念仏を唱えないでください」9話あらすじ!8話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

病室で念仏を唱えないでください9話あらすじネタバレ・8話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【病室で念仏を唱えないでください】

TBS系で毎週金曜日の夜9時から放送中です!

 

このドラマの主人公は、僧侶でありながら救急救命士という異色の人物。

演じるのはバッチリ坊主頭の伊藤英明さんです。

中谷美紀さんやムロツヨシさんなどの豪華キャストが勢ぞろいし、「生きること」を問う医療ヒューマンドラマです!

 

この記事では、ドラマ【病室で念仏を唱えないでください】の第8話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第9話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「病室で念仏を唱えないでください」8話の感想をアンケート!

 

<第8話>あらすじのおさらい

あおば台救命救急センターでは、松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)が、ペースメーカーを入れた生活保護の患者が短期間に数人見つかったことに疑問を抱き、児嶋(松本穂香)にその出元の調査を依頼していた。すると、全ての患者があおば台病院の同じ医師によって手術されていることが発覚する。真意を確かめるため、松本は濱田(ムロツヨシ)の元へ向かう。
一方、濱田は、医療コンサルタント・長谷(淵上泰史)から電話が入り、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)の孫・川崎美咲が、重い心臓病で入院していると伝えられる。あおば台病院に転院させて手術がうまくいけば、医師会を後ろ盾にして小児ハートセンター設立までがスムーズになると言われていた。

憲次(泉谷しげる)は、がんの治療に向き合い、診察を受けていた。付き添う松本は、改めて最悪の状況を確認し「治験薬でもいいので可能性に賭けたい」と訴える。
その頃、ひき逃げ事故にあった女性患者(白石糸)が搬送されてきた。搬送されて2日経っても家族からの問い合わせが入らないことや、彼女の荷物からシングルマザーなのではないかと考えられた。家に乳幼児が1人で残っているかもしれない危機的状況にもかかわらず、身元がわからないでいたが、児嶋があることに気づき…。

母親の川崎百合子(大西礼芳)、祖父の大貫に付き添われ美咲が転院してきた。濱田の次に優秀とされる心臓外科医・田沼(前田公輝)を前立ちにして手術が始まる。

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第8話>みんなの感想&評価評判!

 

第8話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

ペースメーカーを入れた生活保護の患者が短期間に連続で見つかったことに疑問を抱いた松本が濱田に真意を確かめに行く場面は印象的でした。濱田が頭を下げて謝罪して自分に任せてほしいといった時は驚かされました。今までずっと松本にキレていた濱田が突然謝るとやたらと申し訳ないという気持ちが強く伝わってきました。しかし信じた松本をあっさり裏切る濱田が流石だなと思いました。濱田は子ども達の事を大事に考えすぎていて人によって区別する所がとんでもない欠点だなと感じました。やはり全ての人を平等に見る松本を応援しまくってしまいます。

 

30代女性

ひき逃げされた女性と、その女性の子供が、病室で再会するシーンが、とても印象的でした。
女性は、意識を取り戻してから、残してきた子供が気がかりだったろうし、少女は、帰ってこない母親を一人で待っていて心細かっただろうし、本当に二人共がホッとした瞬間だったと感じます。
再会して握った手は、これから簡単には離れないだろうと感じられました。
また、ひょんなことから出会った、濱田先生と宮寺さんとの会話も印象的でした。
宮寺さんが語った、松本先生の言葉を、松本先生の言葉と知らぬまま受け止めた濱田先生は、やはり根は良い人なのではないかと感じられました。

 

30代女性

ムロツヨシさんのダークヒーローぶりが素晴らしかったです。悪どい感じはしますが、あくまでも医者としては真摯に仕事をしており、心臓病の子どもを救いたいという気持ちはとても強いんですよね。そのための悪なら引き受けるというところはすごい大きな覚悟だと思いました。松本先生もいけすかないと思いつつ、そういうところは一目置いていそうですね。特に手術後のロッカールームはすごかったです。小さいお子さんを置いて事故にあってしまったお母さんも助かってよかったです。ちょっとそこまで、でも子どもひとり置いての外出は怖いですね。

 

スポンサーリンク

 

「病室で念仏を唱えないでください」9話のみどころチェック!

 

<第9話>あらすじを予習

濱田(ムロツヨシ)が担当した、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)の3歳の孫・川崎美咲(中野翠咲)の容態が急変した。直ぐに松本(伊藤英明)が対応し、濱田も駆けつけ緊急オペが行われたが、オペの失敗が発覚し、投資家リチャード・ポー(近藤公園)から融資を断られたてしまう。小児用ハートセンター設立をあきらめられない濱田は、「もう一度だけチャンスを与えて欲しい」と、難しい手術の公開オペを提案する。ところが、公開オペが始まってすぐに異変が起きる。美咲のオペ後から様子がおかしい濱田に松本は…。

一方、松本が父のように慕う、憲次(泉谷しげる)のがん治療が始まった。ステージ4の肺線がんである憲次の治療は厳しいが、憲次は松本の懇願により治験薬での治療を決意していた。投薬を開始し、経過は順調に思われたが…。

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第9話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第9話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

濱田が成功したと思っていた手術が失敗だった可能性が出て来て目標にしていた小児ハートセンター設立が暗礁に乗り上げるような雰囲気がする予告編でした。それにより濱田が難しい手術の公開オペに向かうようです。その公開オペが始まり直ぐに異変が起こるということです。かなり厳しい状況が続く中での濱田という男を見るのが楽しみです。苦しい中でどう乗り越えるのかそれとも沈んでいくのか見ものです。最終的には松本に助けられるんじゃないかと予想しています。松本に助けられて少しは改心する、感謝する濱田が見たいなと思っています。

 

30代女性

生きることを考えて入院した、宮寺さんの今後が気になっています。
あれだけ自然な死というものを考えていた宮寺さんが、治験薬までやろうとしているところに、前向きさを感じています。
ただ、治験薬を使うところが少し気になっています。
あえて治験薬を使うというところで、何かトラブルがあるのではないかと心配しています。
でも、もし何かあったとしても、宮寺さんは全て受け入れると思います。
そして、そんな宮寺さんを見て、松本先生も、色々なことを悟って、何も言わずに宮寺さんを見守りそうな気がしています。
松本先生と宮寺さんの関係性を、最後の最後まで見届けたいと思っています。

 

30代女性

9話では手術した美咲ちゃんの容態が急変するようで心配です。手術は成功したように見えていましたが失敗があり、そのせいで小児ハートセンターの投資もなくなってしまうという展開はなかなか苦しい内容です。せっかく濱田先生が頑張ってきたのに、と思うとなんとか設立してほしいところです。まずは美咲ちゃんが回復して元気に遊べるようになってほしいです。追い詰められた濱田先生に対して松本先生がどんな風に向き合い、対応するのかが一番の見所だと思います。お互いの正義でふたりで助け合い、多くの子どもの命が救える未来につながるといいなと思っています。

 

まとめ

 

ラストの衝撃!

まさか手術は失敗だったのでしょうか?

予期できない変調ではないのか。

少女が助かるのか、ハートセンターはどうなるのか、次回も注目です!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 病室で念仏を唱えないでください

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.