2020冬ドラマ アリバイ崩し承ります

「アリバイ崩し承ります」最終回の7話あらすじ!6話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

アリバイ崩し承ります7話あらすじネタバレ・6話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【アリバイ崩し承ります】

テレビ朝日系で毎週土曜日の夜23時15分からの放送です!

 

本格謎解きミステリーの本作。

主演は人気・実力ともに急上昇中の浜辺美波さんで、時計屋の若き店主でありながらアリバイ崩しの名人の探偵役に扮します。

そのバディ役には安田顕さん!

男女で歳の差もあるこのふたりが凸凹ながら事件解決に奮闘する物語です。

 

この記事では、ドラマ【アリバイ崩し承ります】の第6話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第7話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「アリバイ崩し承ります」6話の感想をアンケート!

 

<第6話>あらすじのおさらい

 とある郵便ポストから拳銃が見つかった。その拳銃には発射された形跡があり、血痕が付着していた。
後日被害者が発見され、管理官・察時美幸(安田顕)、刑事・渡海雄馬(成田凌)らが捜査を担当することに。

その後の捜査会議に、コワモテ刑事・真壁剛士(間宮祥太朗)が現れた。真壁は、組織犯罪対策課(通称:組対)の女帝と恐れられる警部・村木キャサリン(木村カエラ)の部下で、雄馬の幼なじみでもあった。
激化する暴力団同士の抗争が絡んでいるのではと思われたが、被疑者には鉄壁のアリバイがあった…!

時計店の店主でアリバイ崩しの名人・美谷時乃(浜辺美波)は、今回も察時からアリバイ崩しを依頼されるが…!?

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第6話>みんなの感想&評価評判!

 

第6話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代男性

今回のアリバイは非常に手の込んだ方法だった思いました。
まさか拳銃を2つ用意していて、先に足だけ打ち抜いていたというのは想像もしませんでした。
しかし、モルヒネ転売をしていると言う事がヒントだったと後で気付いてやられたと思いました。
最初に、察時が午前中のアリバイを確認したときの犯人の様子は確かに怪しいとは思いましたが、意外にも確信をついていたので面白かったです。
そして、渡海についにバレたと思ってしまいました。
渡海は意外に鋭い流石だなと思っていましたが、まさか察時と美谷が付き合ってると疑っていたというのは、さすが渡海らしいと面白かったのが今回の感想です。

 

30代女性

今回はついに察時と時乃の秘密がバレるのか?とちょっとハラハラしてしまいましたが、渡海はいつも通りのおバカさんだったのでバレなくて良かったなと思いつつ、バレたら面白かったのにと少し残念にも思いました。まさか2人が付き合っていると誤解されていたとは予想外でしたが、傍目に見れば確かに付き合っている風に見えるかもしれないなとも思います。しかし途中にあった察時の壁ドンなどは全くドキドキしませんでした。むしろ時乃が拳銃を持って撃とうとするシーンの方がドキドキしました。いつも違った意味で視聴者を裏切ってくれるドラマだと思います。

 

40代男性

郵便ポストから血液の付着した拳銃が発見されます。その後、その拳銃で殺されたであろう被害者まで発見されます。でもこの拳銃は殺人事件に用いられたものの被害者殺害には使われておらず、それをカモフラージュする為にあえて警察に発見させたというアイデアが良かったですね。犯人がもう一丁拳銃を持っており、こっちの拳銃でトドメをさすという二枚腰のトリックには驚かされました。そしてそれを見抜いた時乃が見事過ぎましたね。こうして見事事件解決出来たわけですけど、海馬の動向が面白かったです。察時は時乃にアリバイ崩しを依頼する為に事件の情報を話すのですが、その現場を見た海馬は二人は付き合ってるのでは?と勘違い。疑いの目で海馬は察時を見つめ、察時はアリバイ崩しを依頼してるのがバレたのか?と慌てふためきます。この辺りのすれ違い展開が笑えました。

 

スポンサーリンク

 

「アリバイ崩し承ります」7話のみどころチェック!

 

<第7話>あらすじを予習

 河川敷で焼死体が見つかり、那野県警捜査一課の管理官・察時美幸(安田顕)らが臨場する。そこに、ボンボン刑事・渡海雄馬(成田凌)の父で衆議院議員の渡海一成(德光和夫)が、秘書・藤枝ミホ(西田尚美)を伴って現場に現れた。遺体のそばに落ちていた名刺が一成の別の秘書のものだったため、察時が呼んでいたのだ。
一成らには昨日、遺体の死亡推定時刻の間、後援会の人たちを招待して開いたパーティーに終始出席していたという、鉄壁のアリバイがあった。
一方で察時は、話の途中に一成がつぶやいたひと言が解せないでいた…。さらにその日の夕方、藤枝がひとりで捜査一課を訪ねてくる。そして察時に、秘書を殺したのは一成かもしれないと告げる。
察時は今回ももちろん時計店の店主・美谷時乃(浜辺美波)にアリバイ崩しを依頼するが、時乃は一成が祖父・時生(森本レオ)の囲碁仲間だったこともあり、フクザツな心境で…。
本当に雄馬の父・一成が犯人なのか…。事件の真相を追う時乃に、身の危険が迫り…!?ついに、衝撃の最終回!

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第7話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第7話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代男性

いよいよ最終回なので、最高峰のアリバイが用意されている事に期待したいと思います。
最後の相手は正に相応しい相手かもしれません、渡海の父親と言う事で強敵なのは間違いありません。
現役の国会議員ということで、最高のアリバイが用意されているのに期待しないわけにはいきません。
そして、美谷が襲われるかもしれない時に、察時はどのようにして助けにはいるのかに注目したいと思います。
この事件がきっかけで、察時は警視庁に戻る事ができるのかも注目したいと思います。
そうなってしまうと美谷と別れる事になりますが、どのような決断を下すのか期待したいと思います。

 

30代女性

次回最終回ということで終わるのは寂しいですが、どんな最終回を迎えるのか楽しみでもあります。しかも最期の事件は渡海のお父さんが関係してきているということ。時乃としても知り合いのお父さんが容疑者となるとアリバイ崩しをするのは辛いかもしれません。しかし察時だけの手には負えず今回も時乃の手を借りなければ解決しない事件になるのでしょう。果たして渡海のお父さんが犯罪を犯したのかそれとも他の容疑をかけられているのか今のところ詳しいことは分かりませんが、渡海のお父さんなら悪い人ではないように思います。最後にふさわしいどこか温かい気持ちになれる終わり方になってほしいです。

 

40代男性

前回から海馬は察時を疑ってるように感じてました。でも今回で察時のアリバイ崩し依頼疑惑は晴れたわけですし、次回はもっとわかりやすく時乃にアリバイ崩しを依頼出来そうで面白いですね。より多くの情報をゲット出来れば、それだけ事件解決への近道へとなるわけですし。ただちょっと気になったのは、察時と時乃の関係です。海馬から察時との関係を示唆された際、ないないと時乃は即答していました。でも本当にそうなんでしょうかね。事件解決という共通の目的を持った者同士、かなり親密な関係になったように感じます。でも察時には妻がいるわけですし、一体どうなるのやら。恋愛トラブルに発展しないかな?なんて期待しています。

 

まとめ

 

オンエア終了後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, アリバイ崩し承ります

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.