2020冬ドラマ テセウスの船

「テセウスの船」9話あらすじ!8話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

テセウスの船8話あらすじネタバレ・7話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【テセウスの船】

TBS系で毎週日曜日の夜9時から放送中です!

 

父親は殺人犯。

この事実のために傷つきながら生きてきた息子がタイムスリップ!

真実を探る、感動の物語です。

 

この記事では、ドラマ【テセウスの船】の第8話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第9話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「テセウスの船」8話の感想をアンケート!

 

<第8話>あらすじのおさらい

大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。
心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!
また、村では同時に新たな事件が進行していた! 和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る! そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!
ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第8話>みんなの感想&評価評判!

 

第8話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代男性

みきおが大量毒殺事件を起こすとされている当日になり、心と文吾はみきおを監視し続けます。
しかし、結局お楽しみ会の最中に毒殺事件は起きず、みきおが何を企んでいるのか?は分からずじまいでした。
そして、この事件にはみきお以外に共犯者がいること、そしてみきおらの真の狙いが文吾の命であると心は推理するのです。
この時代のみきおは心や文吾が自分を疑っているということを知っているわけですから、計画などを変更して、攪乱しているのではないか?と思いました。
また、共犯者の正体が誰か?というのは分からなかったものの、お楽しみ会に参加していた誰かであることはほぼ確定のようなので、今まで見てきた登場人物のうちの誰かということになるのでしょう。
共犯者が真の黒幕なのかな?と思えてきて、その正体がとても気になりました。

 

30代女性

お母さんに本当の事を話した心さんの話を聞いたお母さんは心さんに自分が結婚した時に覚悟を決めて結婚したからここを離れないと決めていることを聞いて、お父さんが家族を守るからと夫婦の強い絆を知ることができて良かったです。心さんが過去に来たお陰で、お父さんとお母さんの事を知ることが出来たし、自分の知らないことを知ることができたから良かったなと思いました。過去に来なかったら自分の家族の事を知ることができなかったし、ずっとお父さんを恨んでいたかも知れなかったから、お父さんの素敵なところを身近で知ることができたし、お父さんの事を助けることができたら家族が皆で一緒に暮らせるからこの温かい家庭を失わないためにも犯人を見つけて欲しいです。

 

40代女性

いよいよ事件が起こる音臼小のお楽しみ会の日。問い詰められて泣いて心と文吾から逃げる辺りはみきおは子供だという事を逆手に取っていて、みきおって本当に頭がいいな、と思いました。結果、事件は起こらず代わりに和子ら家族が襲われ、監禁される。救出後、もう一度村を出て欲しいと頼む心に対して和子が村は出ないと言ったシーンは、号泣でした。家族愛、夫婦愛ってこういう事だな、と感動。和子の言葉を影で聞いている文吾の表情がまた良くて、シリアスなドラマ展開の中でとっても感動的なシーンでした。目的は文吾を殺す事、と言っていましたが、本当に?何のために文吾を殺すのか?とその動機が気になりました。

 

スポンサーリンク

 

「テセウスの船」9話のみどころチェック!

 

<第9話>あらすじを予習

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。
文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。
追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?
そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!

TBS公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第9話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第9話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代男性

8話の最後で、文吾がみきおに電話で呼び出され、そこに行ってみると、みきおとは別の人間にスタンガンで気絶させられてしまいました。
これが恐らく共犯者なのでしょうけど、やはり文吾の身が心配です。
文吾の命が本当の目的であると心は考えているだけに、文吾がどうなるのか?が気になってきます。
また、みきおも同時に気絶させられていたという描写があったので、みきおの共犯者とされている人物は何をしようとしているのか?が分かりません。
共犯者の真の狙いとは何なのか?文吾の命が本当の狙いなのか?という点が特に注目だなと思いました。

 

30代女性

幹夫くんにスタンガンで気絶させられてしまったお父さんが犯人として警察に捕まってしまい、家には沢山のマスコミが来てお母さんはマスコミに囲まれてしまうが、お父さんはやっていないといい放ちお父さんの無罪を信じて、心さんが事件を解決するべく証拠はないのか探していたら自分が捨てた証拠を見つけることができると思います。犯人まで後少しで近づく事ができるので、犯人の証拠を見つけて犯人がなぜこのような事件を犯したのか知ることができると思うと楽しみです。心さんには自分の家族を自分の手で守ってほしいと思うので家族を守りきれるのか楽しみです。

 

40代女性

みきおが最後に言った「鈴の為だよ」「正義の味方は僕一人でいい」とは何を意味するのか?そしてみきおの言う計画とは何なのか?みきおもスタンガンで気を失わされるが、真犯人からしたらみきおはもう用なしという事なのか?文吾はどこに行ったのか?そして、あらすじは変わったが文吾は連続殺人の罪で逮捕される。ここから現在に繋がるように死刑判決としたい犯人だろうが、新たに県警の監察官が登場し、このまま文吾は犯人にされてしまうのか?それとも、心は真犯人に繋がる証拠を見つけ、文吾や家族を救い出すことができるのか?今回もスリリングな展開、そして和子の家族を守る強い母を楽しみにしています。

 

まとめ

 

みきおがスタンガンで襲われたのも、共犯者との計画の一部だったり?

このけ一件で文吾が逮捕されてしまうよう。。

心が未来ノートに何か手掛かりをみつけるのでしょうか。

見逃せません!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, テセウスの船

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.