2020冬ドラマ テセウスの船

「テセウスの船」最終回10話あらすじ!9話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

テセウスの船10話あらすじネタバレ・9話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【テセウスの船】

TBS系で毎週日曜日の夜9時から放送中です!

 

父親は殺人犯。

この事実のために傷つきながら生きてきた息子がタイムスリップ!

真実を探る、感動の物語です。

 

この記事では、ドラマ【テセウスの船】の第9話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第10話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「テセウスの船」9話の感想をアンケート!

 

<第9話>あらすじのおさらい

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。
文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。
追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?
そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第9話>みんなの感想&評価評判!

 

第9話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代女性

小学生のみきおが倒れた状態で見つかりました。せっかく音臼小事件を回避したのに結局文吾が犯人になるように罠に、はめられました。わかっていたけれどショックです。報道陣が家に押しかけて来て悲しみと悔しさでいっぱいです。しかし和子が報道陣の前に堂々と立ち夫の潔白を語ります。家族の絆を感じ感動しました。派出所に心のノートが届けられ、その中に1977年のお祭りのプリントが入っていました。これが事件と関係あると思った心は校長に会いに行き話を聞きます。校長もさつきも徳元も他の町民全ての言動も皆が犯人の様に感じられます。

 

30代女性

お母さんが マスコミの前で頭を下げたシーンを見て、また繰り返されるのかと思ったら、お父さんを信じていることをマスコミの前で堂々と話して、テレビから聞こえる音でお父さんが嬉しそうに犯人に語りかけるところが家族の強い絆を感じることが出来て良かったです。お父さんも無事に犯人から解放されて、お母さんに「正義の味方なのに皆に心配させて。」と、お父さんを見て、村の人たちもお父さんを信じているところが人の絆の強さを感じました。小さな村だからこそ人と人との繋がりの強さを知るのとができました。信じる人がいてくれることは心強いことだと思うので心さんと犯人を早く捕まえて欲しいなと思いました。

 

40代女性

加藤みきおの罠にやっぱり佐野文吾はハマってしまいました。子供ながらに本当に加藤みきおは恐ろしい子です。まさにサイコパスだと思いました。大の大人たちが加藤みきおにいいように利用されていてある意味情けない気もします。みきおに手を貸しているのは一体誰なのか皆んなが怪しく見えてずっとハラハラドキドキの回でした。みきおの用意周到な手口には本当に驚かされます。パソコンに犯行記録を残していたり青酸カリを埋めたりずっと時間をかけて罠にかける計画を立てていたのですね。佐野文吾の家から青酸カリが掘り出された時には恐ろしくて震えてしまいました!

 

スポンサーリンク

「テセウスの船」10話のみどころチェック!

 

<第10話>あらすじを予習

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。「俺が犯人だ」。心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。
大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?
そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか……?

TBS公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第10話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第10話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代女性

文吾の潔白が証明されやっと家に戻る事が出来たのに今まで起こった事件の全てを文吾に擦り付ける証拠が出て来てしまいました。みきおが記録していたワープロです。音臼小事件を起こす代わりに今まで起きた事件の犯人を文吾に押し付ける事で死刑囚に陥れ入れるなんて鳥肌が立ちました。町民全てが怪しい中、あの怖いみきおも目覚めた事でどの様に展開して行くのかドキドキします。文吾は拘束されているのだから心が1人で真相を解明して行くかたちになると思います。誰か協力者が出てくる事を望みます。予告の最後に文吾が犯人に話かけるシーンが出ていました。佐野一家が幸せに暮らしていけるかどうかと心が戻るであろう現代がどの様になっているかとても気になります。

 

30代女性

お父さんが仕事で使っていたワープロから犯行を犯した文章が書かれていて、青酸カリが裏庭から発見され、お父さんが犯人であると言う証拠が揃ってしまい、お父さんが逮捕され心はお父さんの罪を暴くための証拠を探そうと必死で見つけようとするところが楽しみです。村の人達の中に犯人は居るから、その中の人達のこれまでの行動や言動を一つ一つ思い出して、犯人への手がかりを見つけていくと思うので、犯人までの足取りをどのように見つけていくのか楽しみです。心さんと心さんの家族が未来ではどのように過ごしていくのか、犯人を見つけて明るい未来を描いているのか早く知りたいです。

 

40代女性

佐野文吾の家族と田村心意外皆んな敵に見えてしまう様な絶望的な展開になっていて本当に胸が痛みます。一体加藤みきおに手を貸しているのは誰なのか?!私は田中正志が怪しいと思っています。加藤みきおに何か大きな弱みを握られていて脅されて佐野文吾を罠にかけることに手を貸したのではないかと予想します!未来で田中正志がマンションで殺害されていたことに繋がるのではないでしょうか?!田村心がとても心配です。田村心は最終的には命をかけてでも父である佐野文吾を救うような気がします。黒幕が気になって仕方ありませんが最後に皆んなが笑顔になれるような結末になることを願います!

 

 

まとめ

 

拡大版で放送される次回はいよいよ最終回。

黒幕の正体はいったい誰なのか。

心は過去を変え、未来を明るいものにできるのでしょうか?

このタイムスリップの真相自体も気になります!

次回、見逃せません!!

 

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, テセウスの船

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.