2020冬ドラマ ハイポジ

ドラマ「ハイポジ」最終回12話あらすじ!11話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

ハイポジ12話あらすじネタバレ・11話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【ハイポジ】

テレビ大阪で毎週土曜日の深夜0時56分から放送中です!

 

46歳のおじさんが、今の記憶を持ったまま1986年にタイムスリップ!

16歳の自分に戻り、二度目の青春を過ごす物語です。

 

この記事では、ドラマ【ハイポジ】の第11話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第12話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「ハイポジ」11話の感想をアンケート!

 

<第11話>あらすじのおさらい

ラブ高生に連れ去られた光彦(今井悠貴)はボコボコに殴られながらも、何度も立ち上がり、さつき(黒崎レイナ)を守ろうとする。ボロボロになってもさつきを守ろうとする光彦をみて、ラブ高生は去っていく。家にたどり着いた光彦は頭痛を感じて目を閉じると、幸子(いしのようこ)と結婚していた頃に戻っていた。しかしそこは娘の美憂(岡田佑里乃)がいない世界だった。はっとして目覚める光彦。しばらくするとまた頭痛がして、光彦はホームレスになっていた…。一方、さつきは光彦からタイムスリップをしてきたと言われたことが気になり、馬場(伊島空)や幸子(鈴木絢音)に光彦のことを尋ねて回る。

テレビ大阪公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第11話>みんなの感想&評価評判!

 

第11話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

光彦がさつきのためにラブ高生の連中と立ち向かって、耐え忍ぶ姿は男らしいと思った。殴り合いの喧嘩になる場合が多い中で、光彦は穏やかな青年でいいなと思った。さつきも光彦が自分のために体を張って守ってくれる場面を見て、光彦のことを惚れ直した感じがした場面は青春だなと思った。また、さつきが少し積極的になって、馬場や幸子に話しかける様子は見ていて何だか応援したくなった。当時の学校の制服もつい見てしまうが、セーラー服もかわいらしくていいなと思った。また、挿入歌も懐かしい曲ばかりで、特に「WON'T BE LONG」が落ち着く曲なので聴けて良かったと思った。

 

50代女性

光彦は16歳に戻っていましたが、それは夢の中の話だったようです。
さらに、幸子と結婚をして、子供が居ない人生や、ホームレスになる夢を見ていました。

さつきとの思い出は夢の中でようやく望みを達成することが出来たようです。
ラブ高の生徒からさつきを守ったことも、さつきが光彦のことを好きだったことも、夢の中の一つだったようです。

病室で目が覚めた光彦は、目の前に幸子と娘が居ることに気付きました。
幸子と娘はかなり心配していた様子です。

どのくらい眠っていたのか分かりませんが、ひとまず記憶が戻って良かったです。
とても長い夢の話でした。

 

スポンサーリンク

 

「ハイポジ」12話のみどころチェック!

 

<第12話>あらすじを予習

病院で目が覚めた光彦(柳憂怜)。目の前には幸子(いしのようこ)と美憂(岡田佑里乃)の姿が。光彦は二人に抱きつこうとするが、思い切り突き放される。
現実に戻ってきた光彦は、タイムスリップしたのは夢だったのかと思いつつも、さつき(黒崎レイナ)のことが気になり、さつきが働いていた祖母の喫茶店に行ってみる。しかし、そこはコインパーキングに変わっていた。離婚して幸子と美憂と別々に暮らしている光彦は、介護士の勉強を始める。何かに誘われるようにヘルバー募集の張り紙を見つけた光彦は、その「ひまわり」という名前に引かれて中に入っていくのだった…。

テレビ大阪公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第12話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第12話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

光彦は頭痛がひどくなり、目が覚めたら病院で寝ていた。幸子たちがお見舞いにきて心配していた。久しぶりに3人がおしゃべりする機会が出来、少しだけ話をする。光彦は嬉しくてこの状態が続けばいいと願っていた。タイムスリップは終了して現実の世界に戻ってきたが、離婚する方向に進んでしまい残念な光彦だった。光彦は職を探すためにうろうろ歩いていたら、たまたま訪問介護の文字が目についた。年代的にも厳しい光彦は介護士の資格を取ろうと必死になって受験勉強をした。無事に合格して介護士になった光彦はヘルパーの道に進めることだでき喜んでいた。ヘルパーとして訪問した家で出会ったお婆さんはとても穏やかな女性だった。いろいろと人生のことも教わり、光彦は幸子たちと暮らせる日々がくればいいなと願っていると予想する。

 

50代女性

結局、光彦は幸子と離婚をすることになったようです。
そこで、彼は介護士としての新たな道を歩き始めました。

夢の中で光彦はいろいろな経験をしてきたことが、もしかしたら介護の仕事に役立つかもしれません。
光彦はさつきのことが気になり、喫茶店を観に行きましたが、すでにお店はありませんでした。

光彦はさつきと再び会えるのかどうか分かりませんが、幸子と離婚をした今、新たな幸せを掴んでほしいと思いました。
2度目の16歳で変わった光彦は、46歳でも変わることができたのかもしれません。
それに気づくのは幸子のようですが、二人の間に復縁があるのかどうかが気になります。

 

まとめ

 

オンエア終了後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, ハイポジ

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.