2020春ドラマ きょうの猫村さん

「きょうの猫村さん」2話あらすじ!1話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

きょうの猫村さん2話あらすじネタバレ・1話の感想や評価評判

 

2020年の春ドラマ、テレビ東京系で毎週水曜日の深夜0時52分からは【きょうの猫村さん】が放送中。

放送時間2分30秒のミニドラマです!

 

大人気コミック、ほしよりこさんの「きょうの猫村さん(マガジンハウス刊)」を実写ドラマ化。

猫村さんを演じるのはなんと名バイプレイヤーの松重豊さんです!

 

この記事では、ドラマ【きょうの猫村さん】の第1話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第2話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「きょうの猫村さん」1話の感想をアンケート!

 

<第1話>あらすじのおさらい

猫村ねこは、自分を拾ってくれた飼い主・ ぼっちゃんとの再会を果たすため、家政婦として働いてお金を貯めるべく村田家政婦紹介所の門をたたく。家政婦紹介所の長、村田の奥さんも家政婦志望の猫に戸惑うが、その家事能力の高さを認め、犬神家へ家政婦として奉公させることに。緊張しながら向かった犬神家は、とてもお金持ちのようだが、何やら問題を抱えているようで――。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第1話>みんなの感想&評価評判!

 

第1話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

短いですが濃厚なドラマになると思いました。まず河川敷を猫村が歩くシーンが目を引きました。初めは主人公が中年男性で猫のコスプレをしているだけのようにも見えたのです。歩き方はややガニ股で普通の人間のように二足歩行をしています。そこへ一匹の蝶々が飛んできました。猫村はなんと猫パンチで蝶を触ろうとしました。ここで猫村が猫であることが確定しました。演技としては人間なのですがこの世界での扱いは猫というわけです。それは村田の奥さんや山田さんが猫村を猫だから家政婦としては不適格だと断ろうとしたことからも明らかになりました。

 

50代女性

約2分半のミニドラマですが、なぜかそれ以上観たような気がしました。
原作の猫村さんのイメージを上手く演じていたと思います。

というよりも、完全に猫村さんに成りきっていました。
猫村さんは猫ですが、エプロンを付けて、家事をやる凄い猫です。

猫村さんには目的があるようで、その為にお金を貯めるために、家政婦として働き始めました。
時代背景がなんとなく昭和っぽい感じがします。

家政婦紹介所の家も古い感じが、いかにもそれらしい佇まいがあってよかったです。
これから猫村さんはどんなお宅で家政婦として仕事をしていくのかとても楽しみです。
独特のほのぼのさを感じました。

 

30代男性

川の側にある土手を猫の着ぐるみ姿のベテラン俳優の松重豊さんが颯爽と歩いていくという、目を疑いたくなる始まり方が斬新過ぎて呆気にとられ、どんな事が起こって動き出したのかなと見ていたら、そのまま家政婦紹介所に直行して凄腕の家事が出来る猫だったと淡々とわかってしまう様子になるとは予想外でした。
動物の猫だとわかっているのに村田さんの奥さんと山田さんが普通にやって来た猫の猫村ねこと会話を始めてしまう所が実にシュールで、猫村が村田家政婦紹介所の求人広告を入れて提げていた今では見かけなくなったお買い物の籠が懐かしく、家政婦紹介所の居間にあった画面が球状であるブラウン管テレビという細かな拘りも愉快に感じられた瞬間に終わるという極端に短い放送時間に驚かされてしまい、今後一体どう展開していくのかな気になって仕方がありません。

 

スポンサーリンク

 

「きょうの猫村さん」2話のみどころチェック!

 

<第2話>あらすじを予習

念願の奉公先が決まった家政婦・猫村ねこ(松重豊)。村田家政婦紹介所の奥さん(石田ひかり)と山田さん(市川実日子)と喜びを分かち合うが、夜中に緊張で目を覚まし……。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

 

スポンサーリンク

 

<第2話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第2話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

楽しみなのは猫村が他人の家に入ってその裏事情を目にする展開です。原作漫画では家政婦として犬神家に奉公することになっています。そこでは他人には言えないようなプライベートなドロドロした人間関係があることが予想されます。家政婦としての実力は申し分ない猫村が好プレーをしてその家族を救うといった痛快なストーリーを予想しています。家政婦さんという職業は家族の一員のような、でも血縁関係の無い赤の他人というあいまいな存在です。そのあいまいさを飼い猫という比喩を用いて鋭く描くこの作品は深いと思いました。猫村さん可愛い、では終わらない奥深さなのです。

 

50代女性

猫村さんは家政婦として働き始めます。
しかし、お金持ちの犬神家での仕事は何かとハプニングがあるようで、それがとても気になります。

猫村さんの家事能力はかなり高そうなので、きっと何とか家事をこなしてくれるでしょう。
原作では鼻歌を歌いながら、楽しそうに家事をやっている姿が印象的でした。

なので、ドラマでもそのような場面をみることが出来ると思います。
漫画の猫村さんと実写版のドラマの猫村さんの印象が少しずつ重なって見えるようになっています。

非常に短いドラマですが、これからも毎週楽しみに観ていきたいと思っています。

 

30代男性

猫村ねこの強引に村田家政婦紹介所に上がり込んでの家事全般に有能さを示した行動から、家政婦紹介所を取り仕切っている村田の奥さんが猫村が人間ではなく猫という動物ではあるものの家政婦として仮採用する事を決めるしまい、猫村の見た目の面白さと真っ白な毛並みの良さを利用しようと考えて、今までに家政婦の依頼を受けていたものの依頼された家長が気難しい人物のために上手くいかなかった案件に猫村を抜擢させてどのくらい出来るのかを判断しようと考え、一方の猫村は気難しい家長の行動パターンから全ての感情を読み取る動物的な勘を発揮し、素直さにかける子供たちには猫という可愛らしさを生かしたアピールで心を開かせて心を穏やかにする展開から依頼された家族関係も改善させるという愉快で面白い爽快感を呼ぶ物語を期待しています。

 

まとめ

 

初回はさすがに「もう終わり!?」とちょっと驚いてしまいました(笑)

でも、映像の柔らかさや松重さんの歌でほどよい癒しが得られるドラマです。

次回が待ちきれません♪

 

スポンサーリンク

-2020春ドラマ, きょうの猫村さん

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.