2020春ドラマ 捨ててよ、安達さん。

「捨ててよ、安達さん。」3話あらすじ!2話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

捨ててよ、安達さん。3話あらすじネタバレ・2話の感想や評価評判

 

2020年4月スタートの春ドラマ【捨ててよ、安達さん。】は、テレビ東京系列で毎週金曜日の深夜24時52分から放送中!

 

いつまでも少女のような可愛らしさの女優安達祐実さんが、なんと本人役で主役を演じるという本作。

安達さんがなかなか捨てられない思い出の「モノ」たちが夢の中に現れるという不思議な物語。

毎回登場する擬人化した「モノ」を、誰が演じるのかも楽しみなドラマです♪

 

この記事では、ドラマ【捨ててよ、安達さん。】の第2話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第3話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「捨ててよ、安達さん。」2話の感想をアンケート!

 

<第2話>あらすじのおさらい

女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。
再び夢の中に現れた少女(川上凛子)を見て、安達さんは幼少期時代のある出来事を思い出す。
そんな中、輪ゴム(臼田あさ美)とレジ袋(戸塚純貴)を名乗る男女2人が安達さんの元を訪れる。
何やら自身の使い方について不満がたまっているらしく…。さらに、話していくうちに輪ゴムとレジ袋が喧嘩を始めてしまい…。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第2話>みんなの感想&評価評判!

 

第2話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代男性

今回の話で輪ゴムとレジ袋を捨てるかどうかを夢の中で話し合うのですが、この2つは自分が安達さんの立場だったら悩みますね。レジ袋はゴミ袋として使えますし輪ゴムは色々なものを縛ったりできるので絶対に必要です。従って自分はこの2つは捨てないで終わると思います。正直、レジ袋と言っても書店のレジ袋だったのでこれを聞いた瞬間に要らなくなりました。コンビニの袋だったら重宝しますが書店のレジ袋はかなり容量が少ないのであまり活躍しないと思います。それからやっぱりあの夢の中にいつもいる少女の存在が謎で正体を早く知りたいです。

 

40代男性

独特な世界観を持ったドラマだなと感じています。輪ゴムとレジ袋の男女が現れて口ゲンカしたりというストーリーというのも想像力が豊か過ぎるよなと思いました。そして輪ゴムとレジ袋が付き合っているという設定、輪ゴムだという女性が酷使されているという不満などいろいろな面で世界観が伝わりまくってきました。夢を見るときは辻褄がむちゃくちゃなのは自分的にはよくありますが、このドラマの夢もむちゃくちゃではあるんですがちょっと良い話なんだよなと感じました。安達祐実も主役というよりは聞き手で捨てて欲しい側が主役という感じなのも面白いです。

 

30代女性

自宅でソファーにずっこけ座りしながら、胸に皿置いて紅生姜食べている安達さんは生活感あっていいです。そしてそのまま夢の中へ。今回は輪ゴムとレジ袋が登場。使い古された輪ゴムということで、衣装がどことなくババくさいです。逆に、レジ袋は使われていないのでとても若々しい。今回も衣装がとても凝っていて見ていて飽きませんでした。2人の掛け合いがカップルのようだなと思っていたら、まさにビンゴ。びっくりしました。雑誌を縛っていた輪ゴムと購入時のレジ袋だったなんて、誰も想像しなかったと思います。だから少女の格好が、書店店員風だったのだと合点がいきました。輪ゴムをバックハグするレジ袋に、キュンキュンする安達さんと少女が可愛かったです。

 

スポンサーリンク

 

「捨ててよ、安達さん。」3話のみどころチェック!

 

<第3話>あらすじを予習

女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。
ある日、西村マネージャー(西村晋弥)との会話でふと、学生時代に使っていた携帯電話の存在を思い出す。
その夜、夢の中に安達さんが使っていた初代携帯電話の男(加藤諒)が現れるが、今まで登場したモノ達と少し様子が違うようで…。そして、初代携帯電話との出会いを機に思い出した自身の学生時代の本当の記憶とは?

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第3話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代男性

次回は青春の思い出を捨てるみたいな内容だと予告を見た感じで判断しました。安達さんは子役としてかなり多忙な毎日を過ごしていたので学校の行事なんか全然参加していなかったのではないでしょうか。だから青春にいい思い出がないなんて言ってしまうのでしょうね。次回のゲストは加藤諒さんが出てくるのでどんな内容だろうと彼の演技がすごく個性的なので凄く楽しめる内容になると思います。きっと加藤諒さんが青春役なんでしょうね。安達さんは一体どのような決断を下すのでしょうか。やっぱりいい思い出がないと言う理由で捨ててしまいそうで少し不安です。

 

40代男性

次回は存在感がありすぎる男・加藤諒が出演するということで楽しみにしています。初代携帯電話の役で出るようですが確かに必要ないから捨てて欲しいよなとは感じます昔の携帯電話は。このドラマは想像力が豊かなストーリー展開なんで初代携帯電話の想い出からどんな流れになっていくのかが楽しみです。夢の中ということで何でもありになることからまったく読めない展開になるんだろうなと予想しています。安達祐実と初代携帯電話役の加藤諒のやり取りというのもどんな感じになるのか楽しみにしています。夢の中なんであり得ない話ではありますが納得いく結末が待っているんで期待したいです。

 

30代女性

冷蔵庫の脇に貼ってあるバイバイリストがこれからどんどん埋まっていくのが楽しみです。第3話は学生時代に使っていた携帯電話がテーマ。擬人化に加藤涼さんがキャスティングされている時点で、絶対に話が拗れて面白くなると思います。会話劇に期待が高まります。衣装のピンクシャツもあまりに合っていなくて、そこも過去の携帯電話という時代遅れ感を出しているのかもしれません。少女も2000年代初頭のギャル風な格好のようです。安達さんの青春時代がどんなものだったのか、明かされる展開になると思うので、フィクションと分かっていても安達祐実を覗き見出来る気がします。

 

まとめ

 

オンエア終了後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020春ドラマ, 捨ててよ、安達さん。

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.