2020春ドラマ 浦安鉄筋家族

「浦安鉄筋家族」4話あらすじ!3話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

浦安鉄筋家族4話あらすじネタバレ・3話の感想や評価評判

 

2020年春ドラマ、テレビ東京系列で毎週金曜日の深夜0:12からの放送は【浦安鉄筋家族】

ついにあの大人気コミックが実写ドラマ化となりました。

 

一家の大黒柱、大鉄役の佐藤二朗さんを中心に、大沢木一家の笑いに満ちた日々を描きます♪

 

この記事では、ドラマ【浦安鉄筋家族】の第3話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第4話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「浦安鉄筋家族」3話の感想をアンケート!

 

<第3話>あらすじのおさらい

父・大鉄(佐藤二朗)から「花丸木(染谷将太)と別れろ」と言われる長女・桜(岸井ゆきの)。
なんたって桜の彼氏・花丸木は、肌の抵抗が少ないためにするすると服が脱げていってしまう裸ん坊。そんなデート現場を、大鉄は偶然見かけてしまったのだ。桜は大鉄に「お父さんなんて他人よ」と言い放つ。そんなある日、思いがけず花丸木と家で勉強デートをすることになった桜は、自分の家族の粗を知られたくない!とダメオタニートの長男・晴郎にドロップキックを見舞ったり、なぜかトイレに現れた巨大ウンコを処理することになったりとてんやわんや!ただの勉強デートがどうしてこんなことに!?果たして、桜の純情は守られるのか!?

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの感想&評価評判!

 

第3話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

今回は花丸木がすぐに半裸になるギャグで笑ってしまいました。花丸木は桜とデート中に偶然服が脱げてしまう奇妙な男です。パスタを食べている時も、くるくるとセーターの糸がほどけてしまいました。そして大沢木家に行った際にも服が脱げてしまいます。この連続脱衣シーンに私は笑い転げてしまいました。特に大沢木家では桜はトイレの中でピンチになり彼は外で兄弟に挟まれてしまいます。これぞドタバタコメディの王道のような上品とは言えない笑いが炸裂していました。さらに花丸木が語尾につける「らむ」という謎ワードも笑いを加速させていると思いました。

 

30代男性

思ったのは、桜演じる女優さんがかわいいということです。決して美人というわけではありません。やや鼻や口元が残念な気がしますが、それはこうすれば美人になるのにというある種の願望であって、そうでなくても彼女はとてもキュートです。顔のアップになり笑顔になるシーンがいっぱいあったのですけど、よく見ると可愛いです。しかし場面によってはややブサイクに映ることもあります。でも笑顔は文句なしに可愛いです。アップになってもそうです。特に輪郭と目がとても綺麗です。ということでとにかく岸井ゆきのさんの可愛さしか目がいかずストーリーは覚えてません(笑)。

 

30代男性

花丸木のどこが良いのか全くわからないもののセンベエのスパイスで泣いてしまう意味不明ながらもそんな事で涙を流すというのが面白く、服が脱げてしまう不運ぶりの凄さから教えてくれる桜がしたように言い掛かりをつける弱々しい行動が可笑しくなりませんでした。
桜がお爺ちゃんを流木という例えが絶妙で何にも可笑しくないのにお爺ちゃんの寂しい呟きが笑いを誘うようになっていたのが面白く、大鉄が桜にビンタされた後、晴郎と対峙した大鉄がビンタをいきなり繰り出すアドリブに全員が笑いを堪える姿が可笑しく、不意のビンタに晴郎が戸惑っている姿で爆笑させられ、大鉄を演じている佐藤二朗のアドリブが至るところ散りばめられ笑いが止まらない内容は最高で、コロナウイルスも吹っ飛ばしてくれるくらいの面白さに大満足でした。

 

 

スポンサーリンク

「浦安鉄筋家族」4話のみどころチェック!

 

<第4話>あらすじを予習

ある日、大沢木家に不審者が侵入する事件が…!??と思いきや、正体は小鉄のクラスの担任・春巻龍(大東駿介)だった。腹をすかせてはタダ飯を食らおうと生徒の家を訪ねるサイテー教師・春巻は金欠ゆえに学校に住み着くろくでなし。
ある日、ひょんなことから学校で小鉄のクラスの酷い有様を見てしまった順子(水野美紀)は、ついついお節介をしてしまい生徒達から賞賛を浴びる。そんな姿を見た春巻は、悔しさからか行方をくらましてしまい…!??

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第4話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

予告映像を見ましたが次回は小鉄がメインになるようです。小鉄の小学校に母の順子が行き教室にいるので学校が舞台になると思われます。さらに小鉄の担任の先生や女性教師の姿も見えましたので、大沢木家以外のストーリーも予想されます。そういえば小鉄は学校の仲間といつも一緒にいたずらをしていました。彼らの関係性や学校での活動も見どころです。私が楽しみにしているのは大鉄の喫茶店シーンです。女店長は長居をする大鉄と仲間をうとましく思っています。そしてとうとう灰皿交換500円というトラップまで用意されました。彼らの攻防が次回も見たいと思いました。

 

30代男性

大東くんの春巻きが満を持しての登場です。大東くんと言えば俳優としてのキャリアはもう10年くらいです。連ドラの主役に毎回抜擢されるようなタイプではありませんが、脇役として味があります。ドラマのみならずゲームにも出演しています。龍が如くでは馬場ちゃんを演じていましたが、かなり自然な演技でそこで大東くんを初めてしりました。彼は現在若手俳優の中でも中堅だと思います。彼もこんな役をするようになったんですね。彼の演じる春巻がどのようになるのかは全くわかりません。ただ、春巻きは浦安鉄筋家族の中でも屈指の人気キャラですのでどう料理するか楽しみです。

 

30代男性

大鉄一家のワルガキである小鉄を指導する担任教師だけに変わり者とわかる強烈さを出す、初回放送の大沢木の食卓に何食わぬ顔で食事を貪る登場から大騒動となりながらも教師は食べ続けるクズっぷりを発揮すると思います。
また、小鉄の学力成績が全く上がらない理由を大鉄と妻の順子は情けない教師にあると考えた事から、小鉄のクラスがどんな授業しているのかを順子が心配になりこっそりと偵察した現状は学級崩壊ならぬ、クズ教師の指導放棄とろくでもない事態に順子が生徒たちを叱りつけ席に着かせ、クズ教師が簡単な問題さえわからない生徒たちと話すため、順子が教えると全員が理解してしまうクズ教師の究極の無能さが見えてしまう事から、副担任の優秀な女性教師が立場は変わらないものの学級の指導を主になり取り仕切るという、令和時代も女性が強く輝く働き方ができると表現した物語になると思います。

 

まとめ

 

花丸木くんを演じる染谷将太さんがやっぱり絶妙!(笑)

次回の担任教師、大東駿介さんにも注目です!

 

スポンサーリンク

-2020春ドラマ, 浦安鉄筋家族

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.