2020春ドラマ 映像研には手を出すな!

「映像研には手を出すな!」5話あらすじ!4話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

映像研には手を出すな!5話あらすじネタバレ・4話の感想や評価評判

 

2020年4月スタートのドラマ【映像研には手を出すな!】は、MBSにて毎週土曜日の深夜0時55分から、TBSにて毎週火曜日の深夜1時28分からの放送です♪

 

この記事では、ドラマ【映像研には手を出すな!】の第4話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第5話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「映像研には手を出すな!」4話の感想をアンケート!

 

<第4話>あらすじのおさらい

ツバメ(山下美月)と金森(梅澤美波)の前から、突如として姿を消してしまった浅草(齋藤飛鳥)。予算審議委員会で怒号が飛び交う様子を見て、人見知りの浅草は怖気づいてどこかへ逃げたに違いない──ツバメと金森は、そう考えていた。失踪した浅草の手がかりを掴むため、ツバメは金森に、浅草と出会ったきっかけを問いかける。金森は、中学時代に浅草と出会った体育の授業のこと、学校の帰りに2人でモノレールに乗ったことなどを話し出す。
ほどなくして2人は浅草を探しに外に出る。バーテン研究会や、模擬スナック部など、いかにも失踪の手がかりを知っていそうな人物に聞き込みをしていったのだが、話を聞いていくうちに、2人はとある可能性にたどり着いてしまう。最悪の場合、浅草はすでに死んでいるのではないか。途方に暮れる2人。焦りと苛立ちから、夕方の音曲浴場で言い争いを始めてしまう。そこに現れたのは…

MBS公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの感想&評価評判!

 

第4話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

スポンサーリンク

 

10代男性

今回の回は、映像研究会の3人が、予算審議委員会にむけて本気でアニメを制作しようという話でした。浅草氏が逃げ出して、頑張って探していたのですか、案外あっさり見つかしまっておもしろかった。探している間に水崎氏とだいたいのひ金森氏がほかの部活の手助けをしているところは、とても感動した。だいたいの人が内野部と外野部が合併してほしいと思っていると思うのでとてもすっきりしました。最後の最後で、アニメを作る締め切りが4週間も早くなるになる展開となり終わってしまったので、次の回がとてもたのしみです。今回も三人の掛け合いがとても面白かった。

 

40代男性

今回もオープニングから、齋藤飛鳥さんが可愛くてしょうがないという感じが満載の展開だったと思います。
そして、あの独特な話し方がすっかり板についてきた感じがして、まさに覚醒しているような感じで素晴らしいと思いました。
普段なら絶対に自分からぶりっこも変なこともしないので、こういう独特な雰囲気で演じる演技を見れるというのはある意味貴重だと思います。
そして、浅草みどりがいなくなって金森と水崎が探し回っているのに、一人でくつろぎながらアニメを見ていたという件は、まさにコントという感じで本当に面白いと思いました。

 

40代男性

プロレス同好会のシーンが考えさせられました。予算審議委員会が開かれて各団体のアピールが始まっていました。そこではプロレス同好会が自らがレスラーとして活動していることを指摘されてしまいます。つまりアマチュアレスラーなのにプロレスというのは矛盾しているのです。そして生徒会は予算を減額してきました。私は確かに筋の通った減額措置だと納得しました。彼らは高校生ですので趣味を利用して遊ぶ金を学校に出させる場合もあると思われます。その不正行為を見抜くのが生徒会の厳しい目なのです。また学校も審議を肩代わりさせる代わりに生徒会に絶大な権力を与える取引をしているようです。

 

「映像研には手を出すな!」5話のみどころチェック!

 

<第5話>あらすじを予習

浅草(齋藤飛鳥)が見つかり、ホッとしたのもつかの間。内野部と外野部が合併し野球部が創設された影響で、映像研の予算審議委員会の予定日が4週間も繰り上がりってしまった!ただでさえ時間がない中で映像研の正式認可に向けて奔走していた金森(梅澤美波)は、その発表を聞いてショックのあまり寝込んでしまう。
金儲けのためとはいえ、これまで浅草とツバメ(山下美月)をサポートし、奮闘してきた金森。そんな金森のために、2人は金森の家に大好物の瓶牛乳を差し入れする。金森に2人から携帯で送られてくるメッセージには「順調!」の文字。
ほどなくして体調の回復した金森。作業も順調に進んでおり、頼りになるプロデューサーも戻って、映像研の3人は予算審議委員会でのオリジナルアニメの発表へ向け、猛然と走り出すかと思われたが…

MBS公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第5話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第5話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

10代男性

次の回は、4話のをみたのはこれがさい最後のセリフに水崎氏が「金森氏をみたのはこれが最後だった」と言っていたのでそれがどういう意味なのかが気になります。まさかほんとにいなくなってしまうとは思ってませんが、もしそういう展開になってしまったら、2人ではアニメは作れないと思うので、誰が入ってくるのかも気になります。それと、4週間も早まった締め切りをどういう風に乗り越えるのかも気になります。気合で乗り切るのかそれともすごい作戦があるのか、どっちにせよ生徒会に成果を示さないといけないなので、3人のいきのあったトリオで乗り切ってほしいと思います。

 

40代男性

まずは、次回は今回の浅草みどりの失踪に続いて、金森がいなくなるということなので、一体どういう感じになるかに期待したいと思います。
金森はみどりと違ってしっかりしている性格なので、今回のようなボケは用意されてないと思うので、期待しています。
そして、一番しっかりしている金森がいなくなり、残された二人はどうするのかが気になります。
二人で空想を爆発させて、サボりまくっているような気がします。
そして、肝心なアニメはいつ完成するのかも気になります。
みどりは今回コナンを見て、アイディアが溜まったようなので期待しています。

 

40代男性

次回は審議委員会の直前まで話が進むと予想しています。今回は浅草が行方不明になって皆で探すという展開でした。まだまだ時間があると思われていましたが、野球部が創設されたため審議の順番が繰り上げになって早まりました。ドタバタの展開で何とかアニメを完成に持って行くスリリングなストーリーになることを期待しています。また4話で出てきたバーテン研究会やスナック部など、およそ高校生らしからぬ珍妙な団体も魅力的です。これらは文科系の活動内容がよく分からない小規模同好会をモデルにしていると考えられます。絶対にありえない研究会などを作ってコメディに仕立てているのは最高です。

 

 

まとめ

 

オンエア終了後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020春ドラマ, 映像研には手を出すな!

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.