2020春ドラマ レンタルなんもしない人

「レンタルなんもしない人」5話あらすじ!4話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

レンタルなんもしない人5話あらすじネタバレ・4話の感想や評価評判

 

2020年春ドラマ、テレビ東京系列で毎週水曜日の深夜24:12分からは【レンタルなんもしない人】が放送中!

 

ツイッターで話題を呼び、その後メディアでも紹介された注目の職業「レンタルなんもしない人」をドラマ化。

ごく簡単な受け答え以外はしない、まさに「何もしないでただそこにいてくれる」そんな存在を求める人は多く、なんもしない人をレンタルする人々の日常を描きます。

 

この記事では、ドラマ【レンタルなんもしない人】の第4話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第5話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「レンタルなんもしない人」4話の感想をアンケート!

 

<第4話>あらすじのおさらい

「レンルなんもしない人」というサービスを始めた森山将太(増田貴久)。
そんなレンタルさんのツイッターに化粧品会社に勤める京野彩(山口紗弥加)から離婚届の提出に同行してほしいとの依頼が舞い込む。彩は取引先のドラッグストアに勤めていた京野健太(笠原秀幸)と結婚したが、いつも仕事優先で、夫とはすれ違い。夫の方から離婚を切りだされたという。吹っ切れない彩から「私という人間は今何点?」と聞かれレンタルさんは…

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの感想&評価評判!

 

第4話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代男性

レンタルさんが山手線13周した依頼をこなした後に、家ついて行っていいですか?、のテレビ番組のスタッフに声をかけられていたシーンがクスッと笑えて楽しく見られました。京野彩という女性からの離婚届を出しに行くのに同行するという今回の仕事も、互いに思いやる事が出来ていたのに仕事等で次第にすれ違いが多くなり別れる事になった経緯は、男女が夫婦を長く続けるのは本当に難しい事で現代の縮図を見ているかの様に感じました。離婚届を出す彩とレンタルさんが記念撮影したのと、婚姻届を出すカップルが記念撮影していた対称的な場面も、皆悲喜こもごもだなァと今回印象に強く残ったシーンでした。

 

30代女性

今回の依頼人である彩が、終始自らの点数を気にする中で、将太がボソッと呟いた言葉が印象的でした。
『点数自体が必要なのか』『人は生きているだけで割と偉業』
この言葉に、とても心が動かされました。
自分自身も、すぐに自己評価を考えてしまいます。
そして、低いなと感じたら、それによって落ち込んでしまいます。
でも、生きているだけで偉業と言われたら、自分を自分で低く評価して落ち込んでいるのがバカらしくなる気がしました。
きっと彩も、この将太の言葉で、かなり救われたのではないかと思います。
最後の彩のお礼の言葉は、心からのものだったと感じました。

 

40代男性

独りでは気が進まない事をレンタルさんと一緒に行くことで少しでも不安にならない使用とするのが依頼人の目的です。今回の依頼は依頼人だけでも十分にできた物だったような気はします。ただ何となく話を聞いて欲しいと言うのが離婚届を出すのに着いてきて欲しいと言う依頼内容よりも強い動機だったのでしょう。旦那さんから離婚を切り出されたのは何となく分かるような気もします。釣り合いが取れていない夫婦生活だったようなので自分が重荷になっているような気がしてならなかったのでしょう。個人的には離婚しなくてもいいような夫婦だったと思いますが離婚届を出すシーンに悲しい気持ちとなりました。こんなにすんなり離婚してしまって依頼人は後悔はないのだろうか。ドラマながらずっしりと重い流れでした。レンタルさんにとっては依頼のひとつに過ぎませんでしたが思うところはあったようです。家族がいることは本当にありがたいと思いました。

 

スポンサーリンク

「レンタルなんもしない人」5話のみどころチェック!

 

<第5話>あらすじを予習

「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた森山将太(増田貴久)。
依頼が早めに終わり自宅に戻ると、家に妻・沙紀(比嘉愛未)の両親が来ていた。沙紀は将太が会社を辞めたこともレンタル業を始めたことも話していなかった。心配させたくないから黙っていようという沙紀。何とか必死に話を合わせる将太だったが、複雑な思いは消えず…。ついに仕事を辞め“なんもしない”ことにしたと告げる。それを聞いた義父は激怒して…。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第5話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第5話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代男性

また一つ、レンタルなんもしない人、の依頼を終えたレンタルさんが自宅へ帰って来ると、沙紀の両親がやって来たのに気付き挨拶を交わすと、それを見た沙紀は慌ててその場を取り繕う。沙紀は両親に夫が、レンタルなんもしない人、という仕事をしている事をまだ打ち明けておらず、バレてしまうのを恐れていたのだ。しかしなかなか仕事へ出かけないレンタルさんを見た両親は不審に思い…。という様な予想が考えられますが、レンタルさんの仕事を知った沙紀の両親がどんな反応を示すのか、心配から離婚話に発展してしまうのでは?とも想像され、そんなハラハラな展開を見どころとして楽しみにしています。

 

30代女性

大元のストーリーも気になるところですが、最後の依頼のほうが気になってしまいました。
毎回ドラマの最後の依頼が、次回の最初の仕事シーンとなっていますが、まさかのベッドインの依頼。
しかも、将太はそれに、いつも通り『了解です』と返事をしていました。
とても穏やかではない気がします。
この今の自分のモヤモヤが、ただの考え過ぎであって欲しいと思っています。
もはや、本当にただ眠って終了くらいな展開であってほしいです。
そして、大元のストーリーでは、義理の両親が将太の現状を知らないという設定のようなので、本当の事を知られて、沙紀と引き離されなければ良いと願っています。

 

40代男性

レンタルさんの妻・沙紀さんの両親が家にやってきます。これまでは依頼人とレンタルさんの1日を追いかけた内容でしたが5話は全く違う内容となりそうです。義理の両親とレンタルさんが気まずい雰囲気になるのは分かりきった事です。修羅場になるのかはまだ分かりませんがかなり厳しい言葉がレンタルさんに浴びせられる事でしょう。これまでやってきた事は意義があることだと私は思います。ただすべての人がそう思うはずはありません。現にアンチの人も登場させていますので、奥さんの両親がレンタルさんと沙紀さんの話を聞いて納得してくれるのかどうかが注目です。いつものゆるい空気はなさげですがレンタルさんの独特の持ち味を発揮して欲しいと願います。

 

まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

-2020春ドラマ, レンタルなんもしない人

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.