2020春ドラマ 浦安鉄筋家族

「浦安鉄筋家族」5話あらすじ!4話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

浦安鉄筋家族5話あらすじネタバレ・4話の感想や評価評判

 

2020年春ドラマ、テレビ東京系列で毎週金曜日の深夜0:12からの放送は【浦安鉄筋家族】

ついにあの大人気コミックが実写ドラマ化となりました。

 

一家の大黒柱、大鉄役の佐藤二朗さんを中心に、大沢木一家の笑いに満ちた日々を描きます♪

 

この記事では、ドラマ【浦安鉄筋家族】の第4話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第5話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「浦安鉄筋家族」4話の感想をアンケート!

 

<第4話>あらすじのおさらい

ある日、大沢木家に不審者が侵入する事件が…!??と思いきや、正体は小鉄のクラスの担任・春巻龍(大東駿介)だった。腹をすかせてはタダ飯を食らおうと生徒の家を訪ねるサイテー教師・春巻は金欠ゆえに学校に住み着くろくでなし。
ある日、ひょんなことから学校で小鉄のクラスの酷い有様を見てしまった順子(水野美紀)は、ついついお節介をしてしまい生徒達から賞賛を浴びる。そんな姿を見た春巻は、悔しさからか行方をくらましてしまい…!??

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの感想&評価評判!

 

第4話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

小鉄の担任春巻先生ははちゃめちゃな先生ですね。
父親の大鉄がそう言う先生は辞めさせろって言ってたけど確かに親だったら心配ですよねあの先生なら。
そして大鉄がまともな事を言ったら家族がビックリしてたけど私もビックリしました。
また春巻が失踪してしまったシーン。
実はあれ失踪ではなくただ単に学校の屋上で日焼けしてたくましい体を作ろうとしていた所を屋上のカギが開いていた事に気づいた用務員さんが締めただけだったんですね。
なんてついてない春巻。
さらに笑えたのが屋上から捜索中の小鉄らに気づいてもらおうとさがすなら屋上と紙に書こうとしたんでしょうね。
さがすなと書いた所で紙が強風にあおられてさがすなの紙が小鉄の所へ。
これには爆笑させてもらいました。

 

20代女性

大沢木家に突如出没したのは、次男小鉄のクラスを担当する春巻先生。彼もまた例に漏れず相当ヤバい人で教育方針を全く無視し、小鉄のクラスはほぼ学級崩壊ならぬ教育崩壊状態。驚いたのがこの役をしっかり大東駿介が体現していることでした。これは本当にすごい。狂気っぷりや漫画で描かれる顔の面白さも伝えようとしている姿が全力だなと感じました。転んだりするシーンは痛かったのではないかと思うほどです。また水野美紀のふり幅の大きい演技にはさすがと思います。このドラマ自体、あの漫画を題材に全力で挑んでいるなと思いますが、佐藤二郎をはじめ演者さんが素晴らしすぎます。家族が最後には先生を認めて今後も学校を含めておかしなこの街で暮らしていくというオチもまとまっていて見ていて飽きませんでした。

 

30代男性

学校に教師として採用されてのはコネを頼りにしたと考えられるものの、極度の知識不足の春巻が教員となるために大学に通っていたこと自体が奇跡に感じられ、更に教員の資格を取れているとはどんなカラクリがあるのかと疑いたくなる程に何故という言葉以外は浮かばない、怖さだけを異様に受けてしまう内容でした。
小鉄が教師の春巻の何処を慕っているのか全くわからないままに、春巻を教師として認めてしまう父親の大鉄に母親の順子の心理も理解不能でカオス状況ばかりが続き、これが本当の浦安鉄筋家族の物語のトンでもなさに感じられたものの、大鉄家族がまともに見えた所には笑ってしまい、もしかすると異様だった大鉄一家をソフトにしたかったのかとも思えました。

 

スポンサーリンク

「浦安鉄筋家族」5話のみどころチェック!

 

<第5話>あらすじを予習

ある日、大沢木家の隣に、関西人のドケチ族・西川家が引っ越してきた!しかも、西川父(バッファロー吾郎A)は大鉄(佐藤二朗)の同業・タクシー運転手でライバル関係。順子(水野美紀)もスーパーで西川母(MEGUMI)と大バトル!
晴郎が起こしたある事件をきっかけに、この両家族がお隣さん同士であったことが判明する。関東VS関西のプライドを懸けた世紀の大バトルは、野球ゲームで決着をつけることに!?泥仕合の行方は如何に!?

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第5話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第5話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

大沢木家の隣に関西からドケチ族と称する西川家が引っ越して来るんですよね。
クセのある大沢木家ですからもちろん何かしらの問題が起きてしまうんですね。
ちなみに西川家の父親は大鉄と同じタクシードライバー。
もうすでにここでライバル関係ですから火花バチバチですよね。
そして母順子もスーパーで隣の家の母のり子とレジの割り込みうんぬんでこちらもバチバチ。
ちなみに西川家にはのり子と言う女の子がいてこの子は小鉄の同級生。
そしてこの西川家と大沢木家が何故か決着をつける為に用いたのが野球ゲーム。
思わずえっ!何故って思いましたけどそこは浦安鉄筋家族ですから変に突っ込み入れずはちゃめちゃな展開になるのを期待しましょう。

 

20代女性

次回もまたキャラの濃い人たちが出てくるのは予想されますが、展開される筋を見る限りまた家族総出のようなので大沢木家の演技を見るのが楽しみです。また次回はバッファロー吾郎、MEGUMIが登場するようなのでまた騒がしい展開になるのだろうなと思います。毎回このドラマは悲鳴や雄たけびとバカ騒ぎのひと悶着があると思っているので、役者さんたちがいったいどんな風にハメを外して演技をされるのかなというところが楽しみです。野球で勝負とありますが、恐らく最終的には本来の野球とは違うところで勝敗が決まるのではないかと思っています。

 

30代男性

東日本にトンでもない家族の大沢木一族がいれば、西日本にもトンでもない家族の西川一族がいて世の中には似た存在がいる設定で始まり、初めて遭遇する関西地方で話される方言の荒々しい言葉の羅列に、強烈な行動と思考を持っている大鉄と妻の順子が押されっぱなし、全くイライラする西川家族の悪態には大鉄も不気味さしか感じなかったが、長男の晴郎が大好きなアニメの女装コスプレ姿で近所をキャラクターの人形と共に散歩するという異様な姿と、西川家の愛娘ののり子がすれ違っただけだったものの狙われたと怒り心頭になり、敵対心剥き出しの双方のおバカ家族の戦いが始まる強烈な物語を面白さで包み込み爆笑へと誘ってくれると期待しています。

 

まとめ

 

大東駿介さんの好演!

あのヤバすぎハチャメチャ担任がめちゃくちゃ合ってました(笑)

次回はMEGUMIさんが楽しみ

最近はどのドラマでも癖のある役どころが多いようですが、今回は見た目からしてヤバい(笑)

期待します!!

 

スポンサーリンク

-2020春ドラマ, 浦安鉄筋家族

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.