2020春ドラマ 映像研には手を出すな!

「映像研には手を出すな!」6話あらすじ!5話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

映像研には手を出すな!6話あらすじネタバレ・5話の感想や評価評判

 

2020年4月スタートのドラマ【映像研には手を出すな!】は、MBSにて毎週土曜日の深夜0時55分から、TBSにて毎週火曜日の深夜1時28分からの放送です♪

 

この記事では、ドラマ【映像研には手を出すな!】の第5話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第6話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「映像研には手を出すな!」5話の感想をアンケート!

 

<第5話>あらすじのおさらい

浅草(齋藤飛鳥)が見つかり、ホッとしたのもつかの間。内野部と外野部が合併し野球部が創設された影響で、映像研の予算審議委員会の予定日が4週間も繰り上がりってしまった!ただでさえ時間がない中で映像研の正式認可に向けて奔走していた金森(梅澤美波)は、その発表を聞いてショックのあまり寝込んでしまう。
金儲けのためとはいえ、これまで浅草とツバメ(山下美月)をサポートし、奮闘してきた金森。そんな金森のために、2人は金森の家に大好物の瓶牛乳を差し入れする。金森に2人から携帯で送られてくるメッセージには「順調!」の文字。
ほどなくして体調の回復した金森。作業も順調に進んでおり、頼りになるプロデューサーも戻って、映像研の3人は予算審議委員会でのオリジナルアニメの発表へ向け、猛然と走り出すかと思われたが…

MBS公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第5話>みんなの感想&評価評判!

 

第5話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

今回も齋藤飛鳥さんが相変わらず可愛くて良かったと思います。
そして、肝心なアニメ制作は、合理主義的なみどりが金森側に移っていったのが印象的でした。
やはり、芸術性と実用性を兼ね合わせるのは難しいと思いました。
みどりの省エネ作戦は、秒数は稼げますが、クオリティーを下げるので、どっちが良いのかなと思いました。
現実のエンターテインメントの世界でもありそうなことだと思いました。
そして、金森が風邪を引いて寝込んでいただけなのに「最後に見た」というのは大げさになってきた感じがしました。ちなみに笹を売って二千円というのはボロ儲けだと思いました。

 

30代女性

やっとアニメ制作に入れたところで、今度は締め切りの審議会が前倒しになるという、そりゃ金森さんも熱出すよ、と言う怒涛の展開に今回は納得してしまいました。そりゃ熱ぐらい出しますって。そして、熱で苦しむ金森さんへの差し入れを買うために葉っぱを集める浅草・水崎の二人にも、突っ込み不在の恐ろしさを感じました。金森さんが怒ってようやくいつものペースになった映像研に、金森さんの重要性をヒシヒシ感じます。今回は調子に乗った浅草氏がアニメ水増しをして、そのせいで金森さんと激しく対立しちゃう水崎氏がちょっと切ない。「私のアニメに手を出すな!」って叫びは、親に隠れてもアニメを作る意思の堅い水崎氏の本当の心の叫びだと感じました。

 

40代男性

病気で休んでしまった仲間に元気になってもらおうと奮闘する女子高生たち。こんな心温まるエピソードはよく耳にする。映像研の場合ならば予算審議委員会に提出する『唯一無二の映像』をプロデューサー、つまり金森不在の中で製作していくことになる…って正に心温まるパターンやなと思っていたが、私はまんまと罠に、よく考えれば非常に単純な罠にハマったものだ。金森に進捗報告する中で浅草と水崎が何と健気でいい娘たちなんだろうと。彼女たちの可愛らしさに洗脳されてしまっていたから、単純な罠に気づかなったのだ。二人が頑張っていたのはアニメ制作ではなかったと気づいた瞬間、自分のバカさに笑ってしまった。その後、ある『遅れ』を取り戻す禁じ手を浅草が繰り出す流れには、視聴者の全てが引き込まれたであろう。そして、「さすが浅草!」と我々が単純に感心しだした頃にその浅草にオチが待ち受けていたという展開はさすがであった。更に映像研の注目ポイントである金森VS生徒会と水崎VS両親にも期待を持たせるエンディングだった。

スポンサーリンク

 

「映像研には手を出すな!」6話のみどころチェック!

 

<第6話>あらすじを予習

予算審議委員会が翌日に迫る中、ストーリーをばっさり省いてイメージとインパクト重視の作品にすることで、どうにか完成までの道筋が見えた映像研。しかし、そのやり方に納得できなくなってしまった浅草(齋藤飛鳥)が突如爆発! なんと、完成目前の作品を自らの手で破壊してしまった! 今からすべてをやり直すと言って譲らない浅草と、その思いに同調するツバメ(山下美月)。金森(梅澤美波)も、最終的には2人の覚悟に映像研の運命を託すことを決意した。
だが、翌日までに本当に間に合うのか……。金森は、映像研の危機を乗り切るため、大・生徒会の独裁に反発する学内の不満分子と接触する。
そして、予算審議委員会当日。混乱を極める会場に、映像研の3人がやってきた! 波乱は必至! 果たして、映像研は予算審議委員会を切り抜けることができるのか…

MBS公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第6話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第6話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

アニメ作りが佳境に入ってきて、生徒会の予算審議位委員会も近づいているので、どうなってしまうのかが気になります。
みどりが省エネ作戦になり、つばめが納得行っていない感じなので、アニメも完成せずに、このままだと映像研は廃部になってしまいそうな感じがします。
そして、アナウンスはありませんでしたが「つばめを見た最後」という展開もあるかもしれないと思いました。
また、映像研が逆恨みされているような感じもあり、そちらも気になります。
金森に近づいてきた生徒会の生徒は、映像研を心配しているのか、からかいに来ただけなのかも気になります。

 

30代女性

成り行きで「内野部」と「外野部」の統合のきっかけになった映像研は、この一件で自分の首を絞めてばっかりですね。良いことしたはずなのに。自分の締め切りは短くなるし、一緒に予算審議会の日程が前倒しになった部活からは恨まれるし。ゲバラのメモに書かれた「エイゾウケン ハイブ」の文字と、わざわざ大生徒會が忠告に来た「教師の間で映像研が問題視されている」という台詞が凄く気になります。全く仕事してない顧問の先生も何か関係があるのでしょうか。そして、帰宅するときの水崎氏の表情も心配です。金森さんとの口論はうやむやになりましたが、やっぱり納得できていないのかな。

 

40代男性

まずは唯一無二の映像がどうアニメとして仕上がるのかが最大の注目点。ガズマスクの少女の躍動を、大幅に遅れてしまっている制作状況で如何にハッタリで誤魔化すのか、いや違った…如何に昇華させるのか、その描かれ方が楽しみだ。そして、映像研がその立場を正式認可される結果になる…と思う。それは劇場版が控えているから既定路線のはずだが、こちらもどのようにして周囲を納得させるのか、その手法が楽しみ。アニメ版では同様の場面で超・人見知りの浅草が大勢の前で啖呵をきる画を見たが、ドラマ版ではそれと同じものにするのか、何かアレンジしたもので見せるのかにも大きな関心を持っている。

 

まとめ

 

オンエア終了後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020春ドラマ, 映像研には手を出すな!

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.