2020春ドラマ 四月一日さん家と

「四月一日さん家と」6話あらすじ!5話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

四月一日さん家と6話あらすじネタバレ・5話の感想や評価評判

 

VTuberが連ドラ出演し話題となった2019年放送のドラマ「四月一日さん家の」が、2020年春、シーズン2となって帰ってきます♪

第2期目となるドラマは【四月一日さん家と】

テレビ東京系列で毎週日曜日の深夜25時35分からの放送です!

 

この記事では、ドラマ【四月一日さん家と】の第5話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回6話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「四月一日さん家と」5話の感想をアンケート!

 

<第5話>あらすじのおさらい

霊能力者が儲かると聞いた一花(ときのそら)と生子(物述有栖)は「死者を降ろすことができる」と言い始める。最初は冗談半分だったが、生子が数珠を取りに行ったことから事態は急変。二葉(猿楽町双葉)も巻き込んだ四月一日家の大騒動に発展していく…。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第5話>みんなの感想&評価評判!

 

第5話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

あるTV番組で霊能力者が儲かると知った一花と生子は、自分も「死者を降ろすことができる」能力があると言い始める。2人とも、最初は冗談半分だったのだが、生子が2階に数珠を取りに行った後、3姉妹の父親からのメッセージを言い始め、それが的中したことによって事態は急変する。結婚したばかりの二葉に対してのメッセージを届けようとするのだが、なかなか受け入れて貰えないだろうと、3人でストーリーをたて、生子を霊能者にしようとする。このことが、四月一日家の大騒動に発展していくのだが、結果はどうなるのか。家族のありがたみとほのぼのとしたドラマが、いつも癒されてしまいます。

 

40代男性

今回は、いたこという形ではありましたが四月一日家のお父さんが登場しました。ただ、彼についての出てくるエピソードがすべて最低で驚いてしまいます。今まで物語を見ていて、3姉妹それぞれが性格にクセがあると感じていました。しかし、あの父親に育てられたことを想像してみると、クセがあることに納得する以上に素直に育って良かったと思ってしまいます。そもそも子供の結婚の時に渡そうと思っていたネックレスが、1本しかないのはなぜなのでしょう。3姉妹なのですから3本無くてはいけないはずです。それとも別のプレゼントがこれから出てくるのでしょうか。彼が登場度に体を乗っ取られてしまう生子のことが心配です。

 

50代女性

三樹と生子と一花が仲良くおしゃべりしている様子はいつ見ても、ほっこりする。一花と生子が他界した人が現世に戻ってくるという話は少し興味が持てた。四月一日家のお父さんが家にやってくるという話もいいなと思った。また、生子がお父さんの言葉を代理で二葉に言っている様子も可愛らしいと同時に、生子の一生懸命さが伝わる場面だと思った。二葉も生子に沢山しゃべっているので、相当ストレスたまっていたように見えた。二葉の記憶力には非常に驚いたが、二葉の中に思い出として残っているのだと感じた。また、最後に流れる曲を聞いていると月曜から一週間頑張ろうと思える。

 

スポンサーリンク

「四月一日さん家と」6話のみどころチェック!

 

<第6話>あらすじを予習

母親が三姉妹に遺した形見の指輪が無くなった!一花(ときのそら)は生子(物述有栖)を疑い始めるが、またしても迷探偵ぶりを発揮してしまう。事件は迷宮入りかと思われた時、意外な犯人が明かされる…!

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第6話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第6話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

「レ・ミゼラブル」と「ああ、無情」を読んだことがもとで、演技をし始める一花。その姿を見て、他の姉妹も参加したり、解説をし始めたりするのではないかと予想しています。演劇にはまっている一花なので、とても素敵な演技をしてくれそうですが、何処かかわいらしさが残る演技に癒されそうです。また、賛同して生子が一緒に演技をしはじめたり。その姿をみて、3女の三樹は、解説をしたり、そうじゃない、ああじゃないといいはじめそうです。そのやり取りはいつも、家族の和やかさをかんじさせてくれるものですので、そういう点が楽しみです。

 

40代男性

次回は、3姉妹のお母さんが遺した形見の指輪についてのエピソードです。大切にしていたはずなのに行方が分からなくなってしまい一花は生子のことを疑います。しかし、一花の推理はいつものようにことごとく外れてしまい、指輪は見つからないまま騒動だけがどんどん大きくなっていくようです。展開として期待するのは、生子が今回お父さんを降ろすことができたので次回はお母さんに挑戦することです。母親が死んでから何度も場所を移動しているはずなので、指輪のありかを知らない可能性は高いです。しかし、娘のために力を貸し、体を貸してくれている生子の疑いを晴らすという展開は面白くなりそうです。そして、最低だった父親と結婚した母親がどんな人だったのか、かなり気になります。

 

50代女性

一花たちは演劇の練習をしていた。部屋の中でセリフを読んでいると、何でだろうと一花たちは思って三樹に説明を求める。最初は質問に答えていたが、色々質問をされる度に三樹は少しイラっとしていた。また、ああ無常、レ・ミゼラブルとかの話は一花たちには初めてのことで、少し戸惑っていた。だが、セリフを言って練習しているうちに段々と面白くなっていく一花たちであった。生子はその光景を見ていてニコニコしていたが、用事があると言って出かけてしまった。一方、形見の指輪が見つかり、この指輪は誰が指にはめるかと話し合いが持たれると予想する。

 

まとめ

 

オンエア終了後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020春ドラマ, 四月一日さん家と

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.