2020春ドラマ ピーナッツバターサンドウィッチ

「ピーナッツバターサンドウィッチ」7話あらすじ!6話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

ピーナッツバターサンドウィッチ(ピナバタ)7話あらすじネタバレ・6話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【ピーナッツバターサンドウィッチ】、通称「ピナバタ」

MBSにて毎週木曜日の深夜0時59分からの放送です!

 

原作は女性ファッション誌「with」の読者アンケートをもとにリアルな婚活世代女子を描いた同名漫画。

恋愛にそれぞれの価値観を持つ4人の婚活女子たちが登場し、結婚を目指して奮闘する物語です!

そこに、婚活をサポートするという謎の組織「ピーナッツバターサンドウィッチーズ」が絡み、婚活女子を研究サポートしていきます。

 

この記事では、ドラマ【ピーナッツバターサンドウィッチ】の第6話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第7話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「ピーナッツバターサンドウィッチ」6話の感想をアンケート!

 

<第6話>あらすじのおさらい

涼太(佐藤流司)の浮気現場を見てしまった美晴(瀧本美織)。家で涼太にそれとなく今日の出来事を聞いてみるものの、帰ってくる答えは明らかに嘘と思われるものだった。
PBSでは、「男の浮気/女の復讐ファイル」の資料を元に議論が始まっていた。過去の調査で起こったおぞましい復讐劇を聞き、怯える椿(矢作穂香)だったが、権田(伊藤修子)と小林(伊藤健太郎)はどうやら私生活でも修羅場を経験済みのよう。涼太に裏切られた美晴がとった行動は果たして…!?
一方、慎(吉田仁人)との恋愛で思い詰める美和(筧美和子)を見かねて、茜(Niki)は美和を占いの館へ誘い出す。しかしそこで待っていたのは占い師の格好をした椿。突然の任務に焦った椿は、まだ知らないはずの美和のフルネームを呼んでしまい…!?PBSに前代未聞の危機が勃発!?
沙代(堀田茜)は会社からの帰り道、青木(濱正悟)に浮気をされたことがあるかと聞く。初めて青木の恋愛を聞く沙代だったが、対岸の道でとんでもないものを見つけてしまい…!?
それぞれの気持ちが交差し、事態は思いがけない方向へ…!!事件勃発の第6話。

MBS公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第6話>みんなの感想&評価評判!

 

第6話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

美和と茜が訪れた占いの館に、占い師を装ったPBSの椿がいたのは笑ってしまいました。美和のフルネームを読んでしまった椿の不器用さは面白かったですが、可愛らしいなと思いました。元気のない様子の美晴を心配して、ライブ会場を抜け出してくる時田の優しさには感心しました。ここまでできる人はなかなかいないと思うので、美晴は時田と一緒にいた方が幸せになれると感じました。涼太の浮気は誤解だったことが判明して良かったですが、これまでの涼太を見ていると本当に美晴のことを大切にしてくれるのか不安を感じました。後輩の青木といるときの沙代は自然体で、青木もそんな沙代に好意を抱いているように感じたので上手くいってほしいと思いました。

 

50代女性

美和は占いのおかげで、ようやく今の恋にしがみつくことを止めることができそうです。
茜も美和の影響を受けて、五十嵐と付き合うようになるのかもしれません。

一番大変な状況にあるのは美晴のようです。
彼女は裕太が浮気をしていると勝手に思い込んでいるようで、時田と浮気しようとしています。

その勘違いを美晴が知った時、彼女はとてつもなく後悔してしまうでしょう。
また、美晴にプロポーズをしようとしていた裕太の方が、かなりショックを受けそうです。

沙代は後輩の青木のことを恋人の対象としては見ていないようですが、この二人はいずれカップルになるような気がします。

 

30代男性

美晴が目撃した恋人で同棲している涼太の楽しそうに見知らぬ若い女性と歩く姿に絶望感たっぷりになる姿は可哀想に感じつつも、美晴の中にある悲劇のヒロイン思考が作用したように駆け出す行動は秘められた願望のようにも思えてしまい、涼太に真相を聞こうではなくモニタリングという番組のように相手を試す手法で浮気かどうかを判断する浅はかな行動には呆れてしまい、早速、すぐに駆けつけてくれそうな優斗に連絡とまさにマッチングアプリの良さを使ってしまう美晴の邪さが明るみになった行動にビックリ、美晴の思い込みで不幸に向けてまっしぐらと悲劇にドップリと浸かったなと感じました。
婚カツサポート機関の椿は新人だから仕方がないとしても、小林と権田たちの働かない姿に呆れてしまい、色々なデータや小型の無線機など取り揃えているのに、涼太が会っていた女性の素性をわからずにいる無能ぶりには唖然となり、人の婚カツよりも不幸の雰囲気しかない2人の婚カツが必要ではと感じました。

 

 

 

「ピーナッツバターサンドウィッチ」7話のみどころチェック!

 

<第7話>あらすじを予習

沙代(堀田茜)に浮気疑惑を問い詰められた涼太(佐藤流司)。しかし涼太は浮気をしていなかったどころか、女友達に協力してもらいプロポーズの準備をしていたという。
時を同じくして、涼太が浮気をしていると誤解したままの美晴(瀧本美織)は、長すぎた春に決着をつけるため、そして時田(奥野壮)への気持ちに応えるため、涼太と別れて時田と付き合うことを決める。時田と一夜を共にし、帰宅した美晴を待っていたのは、プロポーズをしようとしていた涼太で…!?
よりにもよってこのタイミングで、何年も待ち続けた涼太からのプロポーズ。美晴は、自分のしてしまったことの大きさに打ちひしがれ、自己嫌悪に苛まれていた。
PBSでは、「彼氏や旦那に言っていない秘密はあるか」というアンケート調査をもとに話し合いが行なわれていた。小林(伊藤健太郎)は秘密の無い恋愛の方が、むしろ珍しいという。
椿(矢作穂香)は「嘘は隠し続けられない」と言い、権田(伊藤修子)は「私なら嘘を付き続けて浮気相手と本命の両方を楽しむ」と言うが、美晴が出した結論は…。
そして、3人のすれ違いが前代未聞の修羅場へ突入!?絶体絶命の第7話!

MBS公式サイトより)

 

スポンサーリンク

 

<第7話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第7話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

第7話の見どころは時田と一夜を過ごした美晴が、どのような行動を起こすのかという点です。彼氏の涼太は美晴にプロポーズをするようですが、美晴はすぐに答えを返せないと予想しています。罪悪感のあまり美晴は涼太に時田とのことを打ち明け、涼太は時田に対して激しく腹を立てるだろうと思います。また、美和や茜の恋愛面にも動きがありそうなので楽しみです。茜は五十嵐としっかり話し合えば上手くいくと思うので、ありのままの自分を打ち明けてくれることを期待しています。友人のことばかり気に掛けている沙代が、青木と接近していく可能性も感じたので楽しみです。

 

50代女性

涼太は激怒するでしょう。
美晴がそもそも時田と付き合おうと思ったのは、涼太の浮気疑惑が原因だったところが、何とも残念です。

これはかなりの修羅場になりそうですが、この際なので、美晴は自分が本当はどうしたいのかをハッキリと見極めていく必要があると思いました。
涼太と別れて、美晴が時田と付き合っても、本当に時田のことが好きでなければ、上手くいかないと思います。

美晴は早まってしまったのかもしれません。
しかし、最高のチャンスは最悪のタイミングでやってくると言う言葉があるくらいなので、その通りになってしまったのかもしれません。

 

30代男性

美晴の危うい心理を知っている沙代のアドバイス通りに涼太は、美晴に対してプロポーズを決行するものの、美晴は優斗と一夜を共にして朝帰りと究極の自己嫌悪に陥り、更に美晴は優斗から結婚まで申し込まれ流れで受け入れてしまっている最悪状況、美晴は涼太からのプロポーズを保留としどうしたらいいのか悩む美晴が黙ったまま過ごす姿に、PBSの小林と権田の2人は美晴のようなパターンは多いと考え、椿は嫌悪感しか持たないという構図を見せながら、美晴と連絡がとれなくなった優斗が会いに来てしまう行動で涼太と鉢合わせし美晴と優斗の関係がバレてしまい怒り狂う涼太という泥沼化に発展してしまい、婚カツどころの話ではなくなるというPBSの無能ぶりの面白さが発揮された物語になると予想しています。

 

まとめ

 

オンエア終了後に追記します!

 

スポンサーリンク

-2020春ドラマ, ピーナッツバターサンドウィッチ

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.