2020冬ドラマ 僕はどこから

「僕はどこから」2話あらすじ!1話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

僕はどこから2話あらすじネタバレ・1話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【僕はどこから】

テレビ東京系で毎週水曜日の深夜0時12分からの放送です!

 

2019年10月に新設されたばかりのドラマ枠<ドラマホリック!>での放送。

同名の大人気漫画を実写ドラマ化します!

 

文章を書き写すことで書いた人の思考を完全に理解できるという特殊能力を持つ竹内薫が主人公。

中島裕翔さんが演じます。

そして、そんな彼の良き理解者となる藤原智美を間宮祥太朗さんが演じ、ふたりのコンビネーションにも注目です。

 

この記事では、ドラマ【僕はどこから】の第1話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第2話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「僕はどこから」1話の感想をアンケート!

 

<第1話>あらすじのおさらい

今から半年前。竹内薫(中島裕翔)は、認知症を患う母・陽子(仙道敦子)の介護をしながら小説家を目指していた。薄暗い部屋で原稿用紙に一心不乱に文字を書きなぐる薫。だが薫が持つある特殊能力により、小説は参考にした作家の作風にことごとく酷似。出版社に持ち込むたび酷評され、挙句「キミってもんがないのかい?」と一蹴されてしまう。  その頃、22歳の若さで講談会系東宮寺組聖狗会の組長となった藤原智美(間宮祥太朗)は、会長の東宮寺正胤(若林豪)から、誰もやりたがらない“デカいシノギ”の依頼が。依頼主が「先生」だと聞いた部下の権堂真司(音尾琢真)は不安がるが、智美は冷静に「藤原千佳(上白石萌歌)に連絡を取れ」と指示をする。このシノギになぜか薫が巻き込まれることとなる――。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第1話>みんなの感想&評価評判!

 

第1話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

ドラマ「僕はどこから」の1話を見ました。このドラマはジャニーズ事務所のHey!Say!JUMPの中島裕翔くんが主演を務めているので楽しみにしていたドラマです。普段の中島裕翔くんはグループの中で少し天然でおちゃらけているイメージもあるのですが、このドラマでは黒縁メガネにチェックのシャツという地味で真面目そうな役を演じていてそのギャップが良いなと思いました。またドラマの中でタバコを吸うシーンがあるのですが、これも普段の中島裕翔くんには似合わないので見ていて面白かったです。また人の思考に入り込むことが出来るという特殊能力を持っている役なのでどんな風に使って行くのか興味があって見入ってしまいました。そしてヤクザの組長として間宮祥太郎くんも出演しているので、彼の強面の演技も見ていてギャップが面白かったです。

 

40代女性

竹内薫が母親の介護に献身的でスゴい!と思う反面、一人で介護していて倒れないのか?と不安になりました。一瞬の隙に母親が外に出てしまい階段から転げ落ちてしまい入院になってしまうところは、ドラマだけでなく本当にあり得ることで、真実味がありました。母親が入院になった病院での医師の態度がかなり横柄でイラッときましたね!入院患者の家族への労りがあるとは思えない物言いで、認知症患者を入院させることへの嫌悪が滲み出ていて、薫の気持ちを考えると何とも言えない気持ちになりました。小説家としても特殊な能力のせいで芽が出ずお金もままならない薫。それでも自分を奮い立たせるように「今度は大丈夫。」と小説を書こうとする真面目な薫、、。なんて天使みたいな子なんだろうと感じました。

 

スポンサーリンク

 

「僕はどこから」2話のみどころチェック!

 

<第2話>あらすじを予習

竹内薫(中島裕翔)は、他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持っていた。藤原智美(間宮祥太朗)は、その能力で今回のシノギに協力してほしいという。権堂真司(音尾琢真)は素人を絡ませることを反対するが、智美は「薫は恩人だ」と言ってはばからない。それは5年前、高校1年生だった時のこと。ある日、智美の妹・千佳(上白石萌歌)が遺書を残して行方不明に。
焦る智美のもとに同級生の薫が現れ、遺書を奪い取ると一心不乱に書き写し始めた。「人の書いた文章を読んで書き写すと、その人の考え方を感じることが出来るんです!」――
そう言うと、薫は千佳が残した言葉の欠片を片っ端から読み取っていく。やがて薫の脳裏に千佳の本音や居場所のヒントが浮かび上がってきて…。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第2話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第2話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

2話以降で、注目していきたいのは主人公の薫と認知症を患っている母親との関係性です。息子の薫が普段からお世話しているのですが、その光景がなんだか切なくて、今後は薫の持つ特殊能力によって何か変化していくのかなと思いました。もし出来るのならその能力を使って、お母さんの認知症を和らげたり完治させたり何かいい方向に向かえば良いなと感じます。また、真面目そうな薫がヤクザの人たちと関わるようになり、ダメと分かっていても犯罪に手を染めてしまうのかなと思いました。お母さんも悲しむので出来ればやめてほしいし、最後にはハッピーエンドになって欲しいなと願っています。

 

40代女性

次回は会長から「デカイシノギ」を頼まれた最年少組長・智美が薫を巻き込み動き出すようでハラハラしそうですね!智美を蹴落とそうとしている輩もいて、仕事の邪魔をされそうになるのではないかとドキドキしています。このままでは入院費が払えない薫は何だか怪しい仕事に巻き込まれるのでは?と感じながらも、自分の特殊な能力でお金を稼ぎ入院費が払えるのなら、と智美についていきそうな予感がします。だって今直ぐにお金を稼ぐにはそれしかないですものね。コンビニエンスストアの店員のアルバイトだけでは、とても入院費を払えないだろうし、、。個室は入院日数が増えれば増えるほど高くなるし、追い詰められた薫は智美の仕事に手を貸すしかないなぁと思っています。

 

まとめ

薫の母を介護する日々はとても大変そう。

特殊能力を使うことで、今後はどんな展開を迎えるのでしょうか。

次回以降はスリリングな展開にも注目したいですね!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 僕はどこから

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.