2020冬ドラマ 僕はどこから

「僕はどこから」3話あらすじ!2話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

僕はどこから3話あらすじネタバレ・2話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【僕はどこから】

テレビ東京系で毎週水曜日の深夜0時12分からの放送です!

 

2019年10月に新設されたばかりのドラマ枠<ドラマホリック!>での放送。

同名の大人気漫画を実写ドラマ化します!

 

文章を書き写すことで書いた人の思考を完全に理解できるという特殊能力を持つ竹内薫が主人公。

中島裕翔さんが演じます。

そして、そんな彼の良き理解者となる藤原智美を間宮祥太朗さんが演じ、ふたりのコンビネーションにも注目です。

 

この記事では、ドラマ【僕はどこから】の第2話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第3話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「僕はどこから」2話の感想をアンケート!

 

<第2話>あらすじのおさらい

竹内薫(中島裕翔)は、他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持っていた。藤原智美(間宮祥太朗)は、その能力で今回のシノギに協力してほしいという。権堂真司(音尾琢真)は素人を絡ませることを反対するが、智美は「薫は恩人だ」と言ってはばからない。それは5年前、高校1年生だった時のこと。ある日、智美の妹・千佳(上白石萌歌)が遺書を残して行方不明に。
焦る智美のもとに同級生の薫が現れ、遺書を奪い取ると一心不乱に書き写し始めた。「人の書いた文章を読んで書き写すと、その人の考え方を感じることが出来るんです!」――
そう言うと、薫は千佳が残した言葉の欠片を片っ端から読み取っていく。やがて薫の脳裏に千佳の本音や居場所のヒントが浮かび上がってきて…。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第2話>みんなの感想&評価評判!

 

第2話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

母親の入院費を稼がねばならない薫にとって、智美の提示する2000万円は喉から手が出るほど欲しいものの、犯罪には手を染められないと断ろうとした時は、この申し出を断ったら薫はどうやってお金を今後工面していくのかと心配でした。運良く出版社から仕事の話を貰えたのでよかった!と思ったのもつかの間。ゴーストライターとしての仕事だとは!本当に薫はツイていないなぁと思いましたね。母親の奥底に眠った気持ちを探りだし、ゴーストライターではなく、小説家になるために智美の替え玉受験の話に乗りましたが、果たして智美と行く未来は輝かしいものなのかどうか不安だなぁと思いました。

 

50代女性

中島裕翔さん演じる薫が、ゴーストライターの件で迷っているのですが、きちんと作家になるという決意を固めた時の表情がすごくて、ほんとに演技力の高い俳優さんだと思いました。お母さんの文章を書き写して、頭から血を流しながらも息子のことを心配して、信じてくれる思い似感動しました。ただの白Tシャツや普通のシャツを着ているだけなのに、中島さんがカッコ良過ぎると思いました。上白石萌歌さんのひょうひょうとした演技が、とても良かったと思いました。千佳さんが、妹だったことにはほんとに驚きました。替え玉受験をすることになって、危ない橋を渡るところでは、ハラハラしました。

 

40代男性

第2話の僕はどこからでは藤原智美と竹内薫の学生時代の関係がわかるシーンが多くて面白かったです。竹内薫が豚バラ青菜チャーハンを食べていたら藤原智美が来てチャーハンを食べて、これが温かったらどうなるのと言ったコメントは上手い食レポだなと感じました。そのあとに藤原智美が竹内薫と会った時にチャーハン君と呼んだ場面は笑ってしまいました。竹内薫の特殊能力が藤原智美の妹の遺書のような手紙を読み取ることで発揮されたシーンは秀逸だなと感じました。竹内薫の特殊能力は使い道がないと思っていたので発揮される場面が見れて良かったです。

 

スポンサーリンク

 

「僕はどこから」3話のみどころチェック!

 

<第3話>あらすじを予習

ゴーストライターの誘いを捨て、腹をくくった竹内薫(中島裕翔)は、替え玉受験の片棒を担ぐことに。顔合わせのため藤原智美(間宮祥太朗)と共に依頼人の井上家へ向かう。
井上涼子(須藤理彩)曰く、井上家の長男は旺慶大学に入らなければいけないしきたりがあるが、息子の玲(笠松将)は手を尽くしてもどうにもならず、替え玉を決意したという。
ところが話をするうちに感情が溢れてしまった涼子は、突然鬼のような形相で玲を引っぱたく。その後も玲が理解し難い行動をするたび暴力をふるう涼子。薫があ然とする中、智美のもとに東宮寺正胤(若林豪)から連絡が。なぜか一般人である薫を巻き込んだことがバレていて…。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第3話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

次回は「お前に見たことのない景色を見せてやるよ。」と言った智美がピンチに陥るようですね!なぜか素人の薫を巻きこんでいることがバレてしまっているようで、、。おそらくあの時に後をつけていた山田がバラしたのではないかと予想していますが。事情を知った東宮寺になんと智美は言い訳するのかと気になっています。それに若いのに出世している智美の足を引っ張ろうとする輩もいるなかで、智美と薫はどうやって切り抜けていくのか楽しみですね!薫と井上玲の替え玉受験はやりとげられるのか?2000万円を薫は手にすることが出来るのか?非常に楽しみです!

 

50代女性

作家になると、腹をくくった薫がどのような形で頑張っていくのか楽しみです。替え玉受験の仕事を受けたことで、その親子と関わりを持ってしまい、どんな方向にいってしまうのかとても気になります。母親の涼子がとても執念深いようなので、どんな展開になっていくのか、興味深いです。認知症の母親の症状が進んでいってしまうのか、介護を頑張る薫が疲れ果ててしまうようなことがないのか、気になります。智美と手を組んだことによって、どんどん犯罪に手を染めてしまうことになるので、何か危険な状態になってしまうのではないかハラハラします。

 

40代男性

僕はどこからのセリフで好きなのが多いです。藤原智美が竹内薫に「聞いたことなかったけどお前何で小説家になりたいの?」という問いに「これしかなくて…僕には」と返す竹内薫。それに対して藤原智美が「お前、社会不適合者だな、俺と同じだよ」という会話が良かったです。その他にも好きな言葉のチョイスが多いんで第3話でも心に響く言葉を期待しています。竹内薫がゴーストライターを断り藤原智美の替え玉に関わることを決めたこともどうなっていくか楽しみです。成功するのかしないのか予想が付かないですし、竹内薫の特殊能力がどう発揮されるかも楽しみです。

 

まとめ

ピンチに陥る智美。

薫も瞬く間に暗い方向に進んでいきそうでハラハラします!

替え玉受験を依頼した母親は一癖もふた癖もありそうですし…。

第3話にも注目です!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 僕はどこから

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.