2020冬ドラマ 僕はどこから

「僕はどこから」4話あらすじ!3話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

僕はどこから4話あらすじネタバレ・3話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【僕はどこから】

テレビ東京系で毎週水曜日の深夜0時12分からの放送です!

 

2019年10月に新設されたばかりのドラマ枠<ドラマホリック!>での放送。

同名の大人気漫画を実写ドラマ化します!

 

文章を書き写すことで書いた人の思考を完全に理解できるという特殊能力を持つ竹内薫が主人公。

中島裕翔さんが演じます。

そして、そんな彼の良き理解者となる藤原智美を間宮祥太朗さんが演じ、ふたりのコンビネーションにも注目です。

 

この記事では、ドラマ【僕はどこから】の第3話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第4話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「僕はどこから」3話の感想をアンケート!

 

<第3話>あらすじのおさらい

ゴーストライターの誘いを捨て、腹をくくった竹内薫(中島裕翔)は、替え玉受験の片棒を担ぐことに。顔合わせのため藤原智美(間宮祥太朗)と共に依頼人の井上家へ向かう。
井上涼子(須藤理彩)曰く、井上家の長男は旺慶大学に入らなければいけないしきたりがあるが、息子の玲(笠松将)は手を尽くしてもどうにもならず、替え玉を決意したという。
ところが話をするうちに感情が溢れてしまった涼子は、突然鬼のような形相で玲を引っぱたく。その後も玲が理解し難い行動をするたび暴力をふるう涼子。薫があ然とする中、智美のもとに東宮寺正胤(若林豪)から連絡が。なぜか一般人である薫を巻き込んだことがバレていて…。

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの感想&評価評判!

 

第3話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代男性

竹内薫と藤原智美が替え玉受験を依頼された井上家に向かうことになり、そこで井上涼子と玲の親子と対面をしました。
母親の涼子は何がなんでも玲を旺慶大学に入れたいと思っているようですけど、当の玲の方はあまり乗り気じゃないような雰囲気を感じました。
この玲という人物はちょっと変わったところがあって、何を考えているのか?見た目じゃよく分からない部分もあり、そこが謎めいている感じに見えたのです。
傍から見れば不気味な感じがする人物であり、怪しいオーラをまとっている面もあるので、絶対にひと悶着あるだろうなという予感がしてきました。

 

50代女性

替え玉受験をすることになった親子のこれまでのことが描かれており、子供が自分を否定しないで欲しいと思っているのが感じられました。
しかし、母親の方は子供をその大学にいれなければと心に余裕がなく子供の心に気付きません。
本当は替え玉受験をしたくない息子の気持ちがとても辛く感じてしまいます。
それと同時に、薫は失敗したら消されてしまうと言われてしまい裏社会の怖さを感じました。
薫と替え玉受験の玲は、同じように孤独な感情を抱えていることが伝わって来ます。
薫が小論文を書いている時に感じた殺意が心配で、このままでは薫も危険な気がしました。

 

20代男性

前回、智美の仕事の手伝いで替え玉受験をすることになった薫。
そして今回は依頼者・涼子が息子の替え玉受験を依頼した理由、涼子と息子・玲の関係性などが明らかになりました。
智美に替え玉受験を依頼した理由や玲に対して暴力を振るうことなどから、涼子は息子・玲のことを全然考えていない母親なんだなと思いました。
ラストに玲の思考に深く潜り込んだ薫が、玲が母・涼子を椅子で殴りつけ殺害するのを目撃する場面は急展開と意外な展開に驚かされました。
恐らく玲は自分のことを全く理解してくれず考えてもくれず、ただ叱り暴力を振るう母親を恨んでいたのでしょうね。
次回、替え玉受験の行方、殺人事件の行方がどうなっていくのか気になり楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

「僕はどこから」4話のみどころチェック!

 

<第4話>あらすじを予習

他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持つ竹内薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に取り組んでいる最中、井上玲(笠松将)の思考に入り込んでしまう。薫の頭に広がる不吉なイメージ…
この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。
嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。
一方、東宮寺正胤(若林豪)に呼び出された智美は、失敗が許されないシノギに一般人である薫を巻き込んだ挙句、警察に捕まったことを厳しく問い詰められていた…

テレビ東京公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第4話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代男性

替え玉受験を薫が実際にしているときに、嫌な予感を覚えていましたが、恐らく玲が何かをやらかしたのでしょう。
そして、この玲の行動をきっかけにして薫がトラブルに巻き込まれていくことになるのだと思います。
さらに薫がトラブルに巻き込まれれば、智美にとっても非常に問題と言える状況になるため、主要登場人物の運命が玲に振り回されるような状況になるのではないか?と思います。
したがって、4話に関してはストーリーがかなり動くのではないか?と思いますし、このドラマの大きなターニングポイントを迎えるのではないか?と思うのです。

 

50代女性

薫は玲の殺意を感じ取り試験が終わったとに井上家に様子を見に行くと、そこには涼子の死体がありました。
薫が警察に捕まってしまい智美は、東宮寺から呼び出されてシノギに失敗したことや、素人を巻き込んであげくの果てに警察に捕まっていることを責められてしまうので、薫や智美がどうなってしまうのかが見どころです。
しかし、薫と智美はこのピンチを乗り切ってくれると思います。
玲が殺してしまったような感じはしますが、実は別の人が殺したのではないかという気がします。
涼子を殺した犯人が誰なのかもとても気になりますし、薫と智美も心配です。

 

20代男性

今回のラストで玲の思考に深く潜り込んだ薫は、玲が母親・涼子を殺害する様子を目撃してしまいました。
そして次回は、薫が涼子の遺体の第一発見者となったことで容疑者と疑われ警察に連行されてしまうようです。
事件の目撃者である薫ですが、玲の思考を読み取っていたと説明しても警察に信じてもらえるはずがありません。
かといって受験していたというアリバイを立証しようにも薫と玲は替え玉受験をしていたので、それをバラす事になってしまいます。
薫は自分は犯人ではないと立証できるのかどのように立証するのか、気になり楽しみです。

 

まとめ

 

替え玉受験を依頼した親子、母親はなんと殺害されてしまうという次回!

さらに息子の玲は姿を消し…。

薫は警察に勘違いから逮捕されてしまうようですが、取調室で力なく倒れる予告動画が気になります。。

薫と智美、ふたりがどうなっていくのか第4話も楽しみですね!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 僕はどこから

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.