2020冬ドラマ ケイジとケンジ

「ケイジとケンジ」3話あらすじ!2話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

ケイジとケンジ ~所轄と地検の24時~3話あらすじネタバレ・2話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】は、毎週木曜日の夜9時からテレビ朝日系で放送中!

 

熱血漢あふれる所轄検事とクールな地方検察庁検事。

決して交わるはずのない、性格も正反対のふたりがぶつかり合いながらも事件を解決していく物語。

検事は桐谷健太さん、検事は東出昌大さんのダブル主演です!

 

この記事では、ドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】の第2話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第3話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「ケイジとケンジ」2話の感想をアンケート!

 

<第2話>あらすじのおさらい

 会社員の男性が地下道の階段から突き落とされ、意識不明の重体に陥った。事件を目撃した大学生が通報したため、ほどなく警察は被疑者と思われるフリーター・猫田一也(稲葉友)を任意同行することに。しかも…最初こそ否認していた猫田も、元教師で横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)の親身で熱のこもった説得を受け、あっという間に自白。そのまますぐに送検される。

ところが直後、事態は一変する。捜査を引き継いだ横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が取り調べると、猫田はまたも否認に転じ、自白は警察に強要されたと証言したのだ! しかし、猫田に罪を認めさせて起訴しようにも、物的証拠はゼロ…。頭を抱えた修平は、自白だけを根拠に送検してきた豪太らを理詰めで責め立て、勾留期限の9日以内に物的証拠を探すよう命じる。

修平の偉そうな態度に腹を立てながらも、豪太は刑事課の面々と共に事件現場付近を徹底捜査。しかし、猫田の犯行を裏付ける物的証拠はひとつも見つからず、時間だけがむなしく過ぎていく。このままでは起訴できない…と焦り、刑事たちをせっつく修平。一方、人に指示するだけの修平に憤慨する豪太。そんな中、豪太の妹でもある立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)に「警察にだけ任せていてはダメ」と背中を押された修平は、ついに自ら現場へ赴くことに。そこでふと視界に入ったものが引っかかり…!?

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第2話>みんなの感想&評価評判!

 

第2話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

今日も、仲井戸豪太と真島修平の掛け合いは楽しかったです。特に、引きこもりの少年の部屋の前で言い争いする2人の様子にはハラハラさせられもしましたが、笑わせてもくれました。
けれども、結局少年の心を解きほぐしたのはみなみでした。これまでの豪太と真島の説得は何だったんだ!と思いましたが、最終的には、事件の証拠映像を得ることができて、彼らの苦労が報われた思いがしました。

一見相性の悪そうな豪太と真島ですが、前回よりも意気投合しているかのような印象も受けました。
お互いの欠けている部分を補いあっているようなイメージです。

 

30代男性

正に、正反対の2人のコンビを締める、みなみが流石だったというのが感想です。
今回の事件は、自白だけに頼った逮捕だったのでどうなるかと思いましたが、検事は上から目線で警察はストレスがたまっていたと思います。
それを悟って、真島検事に注意するみなみは立派でした。
仲井戸豪太も元教師の説得力でしたが、最後の相手に切れだした時はどうなるかと思いましたが、これもまた、みなみのお陰でなんとかなったのでよかったです。
悪い犯人を最終的にはきっちり起訴できたので良かったですが、ケイジとケンジがもっと協力して事件を解決して欲しいと思いました。

 

40代女性

任意同行されてきた猫田の取り調べの際、まず豪太が、犯した罪のことではなく、猫田のこれまでの人生でどんなできごとがあったか、について聞いたところがとても新鮮でよかったです。犯した罪についてただ問い詰めていくだけでは、猫田のように頑なに答えようとしない人間は、ますますシラを切ってしまうと思います。猫田にうまく接し、何気なく高校中退の話などを引き出してしまう豪太の手腕に驚きました。さすが元教師!と思わず拍手してしまいそうでした。あと、修平があまりにも空気を読めず、みなみが自分のことをどう思っているかについてもあまりわかっていないようで、ビックリです。

 

スポンサーリンク

 

「ケイジとケンジ」3話のみどころチェック!

 

<第3話>あらすじを予習

 営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。

捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。

捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。“落としの長さん”の異名を取る県警の捜査一課長・見城長一郎(池田成志)は修平に詰め寄り、逮捕の許可を出してくれれば、徹底的な取り調べで凶器の隠し場所を吐かせると言い切る。だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…!

そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。さらに…! 刑事にとっても検察にとっても、“決してあってはならない事態”が発生する――。

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第3話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代女性

ますます意気投合していくであろう真島検事と仲井戸刑事の様子が見られることに期待しています。
3話では、いよいよ殺人事件に携わることになるらしいです。真島検事は自分の名を上げるため、またもや支部長に直訴して事件を担当することになるようです。
警察と検察、それぞれの立場で意見を主張しあっていく様子が見どころになりそうです。
豪太の取り調べは、元教師らしく教え子を諭すように進めていくのが特徴だと思います。その特性を生かしながら、根気よく取り調べを続ける豪太の姿を楽しみにしています。いまいち頼りない真島検事は、警察に文句を言うばかりのスタイルから脱却することに期待します。

 

30代男性

ついに来た大きな事件、次回は殺人事件なのでどのように解決するのか楽しみです。
仲井戸豪太も真島検事も大きな事件で全力で操作するところが注目したいところです。
犯人らしく人物はすぐに特定されるが、逮捕するだけの物証がない状況で焦る警察と検察はどんどん対立していくと思います。
そんな状況を仲井戸豪太は変える事ができるのか、いい意味でも悪い意味でも空気が読めない仲井戸豪太に注目したいと思います。
そして、犯人を逮捕して起訴する物証は手に入るのか、警察も検察も予想もしてなかった事態にみなみが解決してくれるのか次回が楽しみ仕方ありません。

40代女性

次回はついに殺人事件のようですね。刑事になったばかりの豪太も、なかなか大きな事件を担当させでもらえない修平も、刺殺体があるような大きな殺人事件の担当になるのは、きっと初めてではないでしょうか?テンションが異様に上がり過ぎてしまう2人の様子が思い浮かびます。また、今回も一筋縄ではいかなさそうな被疑者役に、シブガキ隊のヤックンの息子さんである薬丸翔、が登場するようで、その姿を早く見てみたいです。なかなか犯行を認めようとしない被疑者を薬丸翔さんがどう演じていくのでしょうか。今回もた豪太による説得が期待できのでしょうか?

 

まとめ

 

東出昌大さんには不倫疑惑のニュースもあったりして、なんだか注目度が高くなってしまった第2話(笑)

ドラマは問題なく続きそうですね!

第3話ではさらにケイジとケンジのコンビネーションがよくなりそう。

次回も見逃せません♪

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, ケイジとケンジ

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.