2020冬ドラマ 病室で念仏を唱えないでください

「病室で念仏を唱えないでください」3話あらすじ!2話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

病室で念仏を唱えないでください3話あらすじネタバレ・2話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【病室で念仏を唱えないでください】

TBS系で毎週金曜日の夜9時から放送中です!

 

このドラマの主人公は、僧侶でありながら救急救命士という異色の人物。

演じるのはバッチリ坊主頭の伊藤英明さんです。

中谷美紀さんやムロツヨシさんなどの豪華キャストが勢ぞろいし、「生きること」を問う医療ヒューマンドラマです!

 

この記事では、ドラマ【病室で念仏を唱えないでください】の第2話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第3話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「病室で念仏を唱えないでください」2話の感想をアンケート!

 

<第2話>あらすじのおさらい

この日も、朝からあおば台病院の救命救急センターには、次々に急患が運び込まれていた。交通事故による大怪我で運ばれてきた患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で、医師の三宅(中谷美紀)はじめ、研修医の田中(片寄涼太)や看護師の堀口(土路生優里)が処置にあたっていた。さらに処置室の奥では、自宅で倒れ運び込まれた女性患者の処置に、松本(伊藤英明)、吉田(谷恭輔)と看護師・長見(うらじぬの)たちが担当。その女性患者は、大動脈瘤が破裂していたため危険な状態で心外に応援を頼んだが、手術中ということで心臓血管外科医・濱田(ムロツヨシ)に無下に断られてしまう。松本は三宅の応援もあり、緊急手術を決め、腹部大動脈瘤破裂の重症ながら一命を取り留めることが出来た。しかし、センター長の玉井(萩原聖人)からは、そういう場合は他に回すようにと言われ、救命救急センターのスタッフは、オペの応援要請に答えてくれない濱田(ムロツヨシ)に不満を募らせていた。

ある日、出勤した松本の元に、川で中学生男子が溺水という ドクターカーの要請が入った。松本の過去を知る三宅は「私が行こうか?」と気に掛けるが、松本は「僕が行きます」と名乗り出る。
現場でレスキュー隊員が少年・岡崎勉(渡邉蒼)を発見し、真冬でも構わず川の中に駆け込んでいく松本。 低体温・心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをしていると、勉と同じ制服を着た少年・丸山(田中奏生)が目が合ったとたん逃げていくのに気付く。
病院内に運び込まれた勉は、ICUで母親の真理子(島袋寛子)が付き添う中、低体温療法を受けていた。松本は、真理子に勉が握っていたペンケースを渡す。それを確認した真理子は、亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに気づく。その後、病院内で逃げる丸山を見つけた松本は、彼を追いかけるが…。

一方、救命救急センターに、指定病院を17件も断られたという患者の受け入れ要請が入った。今にも破裂しそうな腹部大動脈瘤のその患者は、ホームレスだという。
救命救急のスタッフは、手術中の濱田に応援を求めるが、患者がホームレスだと知ってまたもあっさりと断りを入れられてしまう。しかし、濱田の下で働く医師・児島(松本穂香)は、松本を手伝うか迷っていた・・・。

30年前に自らに降りかかった出来事と勉たちを重ね合わせる松本。
止まった時間を動かすことができるのか…?

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第2話>みんなの感想&評価評判!

 

第2話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

川で溺水したとドクターカーの要請があり、現場に向かいました。松本照円が昔に友達を川で溺死した過去を持っていたので、トラウマから今回は助けられないかと思いましたが、助けられたのでよかったです。救急車がきて、松本照円が大動脈解離の手術をするのを心臓外科に依頼したときに断られましたが、濱田達哉は自分の手術の後に来てくれたシーンの時はやっぱり来てくれたなと思いました。来てくれましたが、文句ばっかり言って手伝いはせずに出て行ったときはどうなるのかなと思いましたが、戻ってきてガウンを着たときはかっこいいなと思いました。文句を言いながらも患者さんを助けてくれたので、いい先生だなと思いました。

 

20代女性

今回の話は川での事故で運ばれてきた少年とホームレスの男性の救急搬送の話でした。少年は真冬なのに亡くなったお父さんの形見であるペンを川に落とされてしまい、それを探すために川に入り溺れてしまったということでした。少年の友人は自分がしてしまったことにしっかり気付くことが出来、自分の口から「謝りたい」と話していて、やったことはいけないけれど立派だと思いました。川に入っていくシーンはハラハラしましたが、ペンを探してきたことを分かって安心したし本当に良かったです。温かい気持ちになりました。
また、ホームレスの男性の緊急オペを断るムロツヨシさん(ハマダ先生)の態度は個人的にすごく腹が立ちました。救急医の先生たちがいるからこそ、助かる命も多いのに「丁寧でない」「そこ違う」と口出ししているシーンは私も同じ場にいるくらいいらいらしてしまいました。しかし、その後の食事のシーンで技術を否定しないところは可愛いと思いました。

 

30代女性

タイトルからして「どんな内容のドラマになるんだろう?」と興味のあった今作ですが、初回から引き続き主人公がお坊さん姿で登場します。

そんなマイペースで個性の強い、医師で僧侶の主人公ですが、第二話では過去のトラウマがフィードバック。松本が医師と僧侶になったきっかけである水難事故が描かれました。

一見破天荒に見える松本が仲間に恐怖を見せ、人間らしさを感じられる回です。主人公の境遇を知ることで視聴者が松本に好感を持てればと勝手ながらに思いました。
女医の三宅が的確なアドバイスをしながら心に寄り添うシーンも良かったです。

また、初回は小さな男の子が登場し、主人公と打ち解けていきますが、今回はもう少し高学年の少年が登場しました。親友を助けられなかった主人公が、彼らを通じていろんな想いに苛まれ救われていく。医療現場という場を絡めたこれらのストーリー性に感動しています。

 

スポンサーリンク

 

「病室で念仏を唱えないでください」3話のみどころチェック!

 

<第3話>あらすじを予習

束の間の休息で救命救急センターのスタッフルームで雑談する松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)のもとに、看護師の堀口(土路生優里)が駆け込んできた。
交通事故で搬送されてきた患者・宮島(ナオト・インティライミ)が、いなくなったというのだ。みんなで手分けして探していると、中庭で倒れている宮島を三宅が発見した。ICUに戻り松本は「なぜ病院を抜け出したのか」聞こうとするが、虚ろな表情の宮島は謝るだけ。
その様子を心配する松本は、三宅に「宮島は“鬱”ではないか」と相談するが、松本の行動は救命医の使命の域を脱していると非難し、言い争いになってしまう。
そして三宅は、松本の救命医の使命の一線を超える行動について中庭で思案していると、そこに20年来の付き合いの消防隊員隊長・藤森(宇梶剛士)と出会い、話を聞いてもらうのだった。

TBS公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第3話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

30代女性

今回松本照円と濱田達哉が文句を言いながらも協力して患者さんを助けたので、これからも協力して患者さんを助けていって欲しいです。3話では骨折をした患者さんが病院を逃げ出していくシーンがあり、鬱を発症してるかもとありました。救命医、坊主がどのように鬱の患者さんと関わっていくのか見るのが楽しみです。三宅涼子が過去にお世話になった消防隊隊長が出てくるとありますが、三宅涼子の過去がどんなのかが気になります。消防隊隊長から助言をもらい悩みを解決していくんだと思います。これからの救命救急医と坊主をどのよいに患者さんをみて、どのような言葉をかけていくかみていくのが楽しみです。

 

20代女性

次回予告は中谷美紀さん演じる三宅先生の過去について触れるような内容のようです。三宅先生は救急救命センターのなかでもベテランのようで、安心感のある先生ですが、あれほど落ち着いて的確な指示を出せるようになったノウハウや過去が気になっていました。次回出てくる男性がキーマンのようなのでしっかりチェックしたいと思います。また、今回心臓血管外科の児島先生が救急救命について「勉強になった」と目を輝かせながら話していて、次回予告でも松本先生と話しているシーンがありました。他学科の先生からみた救急の良さを今後伝えてくれそうで楽しみです。

 

30代女性

とはいえ、出演者が実力派揃いということもあり、ストーリーを追いながらも各キャラクターの濃さが気になります。

外部から来た外科医の濱田(ムロツヨシ)は登場するたびに何か面白い事をしてくれるのでは?と身構えてしまうし、中谷美紀演じる三宅は松本にほのかな好意を寄せているように見えるし、研修医の片寄涼太、麻雀士にもなった萩原聖人、そしてまさかのホリケン...。彼らの役どころが、今後どのようにストーリーに絡んでくるのか、全く読めないのがこのドラマの魅力でもあるのではないでしょうか。

また、最近騒がれている不倫問題によって番組から突然降板した唐田えりかについても、どのようにシナリオが変更されるのか、降板がなければどのような役どころでどんな展開が待っていたのか、も気になります。これはもう原作を読んで照らし合わせるしかないんでしょうね。

とはいえ、医療系ドラマということや、タイトルからは想像できない今後にとても期待しています。

 

まとめ

 

過去のトラウマがありながら川に飛び込み少年を助けた松本はかっこよかったですね!

今回も濱田と対立しつつ協力していましたが、次回もひと悶着ありそう。

退院したはずの患者が自殺未遂。

そこで二次災害も起こるというストーリー展開、注目です!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 病室で念仏を唱えないでください

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.