2020冬ドラマ 女子高生の無駄づかい

ドラマ「女子高生の無駄づかい」2話あらすじ!1話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

女子高生の無駄づかい2話あらすじネタバレ・1話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【女子高生の無駄づかい】

テレビ朝日系列で毎週金曜日の夜11時45分から放送中です!

 

暇を持て余した女子高校生たちの全力で残念な日常を描いたコメディードラマ。

「バカ」の主人公には女優としてメキメキ成長を続ける岡田結実さんがキャスティング。

その仲間のJKたちには、垣内祐里さんや中村ゆりかさんが抜擢されています!

 

この記事では、ドラマ【女子高生の無駄づかい】の第1話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第2話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「女子高生の無駄づかい」1話の感想をアンケート!

 

<第1話>あらすじのおさらい

街に溢れるキラキラな女子高生たち。タピオカ、自撮り、盛れた?いいね!いいね!
そんな中…ひときわキラキラ感のない、3人の女子高生が歩いている。
彼女たちの名は田中望=バカ(岡田結実)、菊池茜=ヲタ(恒松祐里)、鷺宮しおり=ロボ(中村ゆりか)――さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、正真正銘の女子高生=JKである。

入学早々、彼氏が欲しいと息巻くバカ。
しかしクラスを見渡し衝撃的事実に気づく。「なんで女しかいねーんだ?」
受験したのが“女子高”だったことに今更気づき、悲嘆にくれるバカ。
これじゃ男子との出会い、絶望的じゃん。高校入ったらモテまくってイケメンの彼氏作るはずだったのに!こうなったら担任教師に期待するしかないじゃん!
…しかしバカのそんな願いもむなしく、現れた担任の佐渡正敬=ワセダ(町田啓太)は、着任の挨拶でゴリゴリの“女子大生派”だ、と宣言する。

華のJK生活に危機感を感じたバカは、他のクラスメイトと距離を詰めようとするも、重度の中二病・山本美波=ヤマイ(福地桃子)、優等生すぎて面白みゼロの一奏=マジメ(浅川梨奈)、無駄にオラつくお子ちゃま・百井咲久=ロリ(畑芽育)、コミュ障オカルトマニア・久条翡翠=マジョ(井本彩花)など、超個性的な面々にげっそり。

かくして始まったJKたちの、ハナクソレベルの日常――彼氏を渇望するバカに明るい未来はあるのか?

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第1話>みんなの感想&評価評判!

 

第1話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代女性

バカが言っているのは、等身大の自分を好きになってくれる彼氏を見つけることです。
確かに彼女が言っていることは、その通りなのかもしれませんが、そこに自分を向上させようという意思が全く見られないのが難点だと思いました。

ヲタはバカとロボとは小学校からの腐れ縁だと言っていましたが、確かに彼女が言うように、なぜこの二人と友達なのだろうと考えてしまうと思います。
ですが、彼女たちの面白いところが、彼女は改めて好きなんだと自覚していたのが良かったです。

 

40代男性

昭和の雰囲気がありませんか。笑われるかもしれませんが、昭和の教育現場にあった、いや、でも、中学。いや、小学校。
なんて言ってもいいのでは!?。だって、主人公の田中望(岡田結実)さんのあだ名は、バカ。いつも一緒の親友のあだ名も、ヲタ(菊池茜(恒松祐里))、ロボ(鷺宮しおり(中村ゆりか))。ドラマ・タイトルは、「女子高生の無駄づかい」。お金を!?。それはまずいなーと思ったら、そうではなくて、時間の無駄づかいでした。担任の佐渡正敬(町田啓太)さん、数学教師。田中望がつけたあだ名は、出身校から、ワセダ。こちらが言うのも、「あいつら、また、無駄な時間を!」。たまたま、居合わせたファミレスでの発言ですから、いいんです。
だから、この後観る「コタキ兄弟と四苦八苦」含めて、気楽に観ていいんだと思います。でも、急ぐ用があれば、急いだ方が。「コタキ兄弟」の次回予告は、「急がないと世界は終わるわよ」というおばさんのレンタルおやじの仕事。
JK?、何で女子高生をアルファベットで言うようになったのでしょう!?。ジョン・F・ケネディではないのは、お洒落というより、リラックスなのかも。美人でないという自己評価も。

 

30代男性

強烈女子高生の望のバカッぷりには驚くばかりで、いつも一緒にいる茜がBL好きや、しおりの感情の無い雰囲気と微生物がペットという設定の全てを消し去ってしまう飛び抜けた行動には爆笑のオンパレードでした。
望と同じクラスメートも個性派揃いで担任教師となったイケメンの佐渡の第一声が女子大生派だと顔の表情を一切変えずに宣言する場面にも唖然とさせられ、その発言を心配していた教頭も渡瀬の女子大生のリクルートスーツ姿がいいという独特な感性に同調する同類だったとわかる場面など面白さを、これでもかと詰め込んでいるのが最近の深夜帯ドラマではここまで笑いに特化した内容は素晴らしいと思いました。

 

スポンサーリンク

 

「女子高生の無駄づかい」2話のみどころチェック!

 

<第2話>あらすじを予習

人は誰しも、他人からすればしょーもないことを、ものすんっごく…気にしていたりする――。

例えばロリ(畑芽育)。高校生にも関わらず幼すぎる見た目を気にする彼女は、自分に「ロリ」というあだ名を付けたバカ(岡田結実)にナメられないように必死でオラつく日々。

全力でオラつくあまり、バカとその友人であるヲタ(恒松祐里)、ロボ(中村ゆりか)に「舐めた真似ばかりしてると、白馬に乗った王子様が現れなくて孤独死する」と、とんでもない捨て台詞を投げつける。

一方、優等生すぎて面白みがない…と自分に自信のないマジメ(浅川梨奈)は、密かにロボに憧れを抱いている。そんなある日、ロボがバカの背脂のモノマネを見て笑う姿を見て衝撃を受け、「鷺宮さん(ロボ)と親しくなるには田中さん(バカ)の攻略が必須」と必死にバカの観察に勤しみ始める…。

その頃、ワセダ(町田啓太)は重度の中二病・ヤマイ(福地桃子)の進路希望の内容に驚がくしていた。「文系か、理系か」という問いに対して「ドラゴンに乗って戦いたい!」と息巻くヤマイ。JKの担任のキツさに、ワセダのイライラは募っていき…?

なにはともあれ、老後に孤独死しないためにも“彼氏”は欲しい、と悩むバカとヲタ。しかし「どんな男性がタイプなのか」すらわからず、“ドキドキ”を探すために街へと繰り出すことに。秒で飽きたところでヲタが愛するボカロP=「低所得P」が新曲をアップ! 突然悶絶し興奮が抑えきれないヲタは、バカたちを残してさっさと帰宅。憧れの低所得Pに、愛を込めたメッセージを送信するのだが…。

この時、ヲタはまだ知らない。低所得Pの正体を。

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第2話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第2話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

50代女性

ヲタが愛するボカロP=「低所得P」の正体はもしかして、彼女の担任のワセダなのではないかと思ってしまいました。
真面目な先生でもそういう変わった一面があった方が面白いと思います。
ですが、公務員なので副業は難しいかもしれません。

ロリの悩みはロリならではなのかもしれません。
ですが、「サンタが来なくなる」とか、「白馬に乗った王子が来なくて孤独死」などと言っているので、やはり中身はお子ちゃまなのかもしれないと思いました。

キャラが濃すぎるJKが多く、これからもいろいろと楽しみです。
ヤマイのキャラもかなり強烈で、ワセダはかなり大変そうです。

 

40代男性

実は、女子高入学早々の話、第一話。まだ、あまり話もしてない段階で、独断と偏見で、クラスメートのあだ名をつけてみた望。
そのクラスメートの正体を確認する回が始まるのでは!?。ヒロインの紹介の後は、他の登場人物の紹介となるはず。そして、担任教師も。女子大生派だという佐渡正敬氏、冷静な観察眼を有していそうで、望の魅力は魅力として認める可能性があり。そこから、何か言うことないの!?となりそうな。第一、いつもいつも補習に来られたんじゃ、何か言わないわけにもいかない。「自信を持て!」って、何に!?。幼稚っぽいフリまでする望を見逃すわけには…。

 

30代男性

担任の佐渡は受け持つクラス生徒たとの進路希望を聞こうと個別の面談をするものの、バカこと望の素敵な彼氏を見つける事という会話のズレた話から始まり、全生徒との面談の結果は佐渡のクラスには多様性の人間が溢れた世界を表した構図となっている大変さに、何故こんな職業を選んでしまったのかと錯乱状態に陥り、やっぱり女子大生は素晴らしいと考えている所に望があと数年でここにいる生徒たちも女子大生だと伝える事で、悲しい現実に気付かされた佐渡が独身街道を突き進む決意をしてしまい、望を含めた生徒たちは各々の個性を更に濃密にしてしまう事で、整う事のないクラスの雰囲気に独特な面白さが放たれる物語を期待しています。

 

まとめ

 

まだ1話ですが、バカ・ロボ・ヲタの関係性、良かったです。

ひたすらJKの日常を描くという展開もこの時間帯にちょうどいいかも!

第2話以降が楽しみです。

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 女子高生の無駄づかい

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.