2020冬ドラマ ケイジとケンジ

「ケイジとケンジ」4話あらすじ!3話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

ケイジとケンジ ~所轄と地検の24時~4話あらすじネタバレ・3話の感想や評価評判

 

2020年1月スタートのドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】は、毎週木曜日の夜9時からテレビ朝日系で放送中!

 

熱血漢あふれる所轄検事とクールな地方検察庁検事。

決して交わるはずのない、性格も正反対のふたりがぶつかり合いながらも事件を解決していく物語。

検事は桐谷健太さん、検事は東出昌大さんのダブル主演です!

 

この記事では、ドラマ【ケイジとケンジ 所轄と地検の24時】の第3話を見た人の感想(ネタバレ含む)や評価評判を集めています!

また、次回第4話のあらすじや視聴者の予想、注目ポイントもアンケートしました♪

 

 

「ケイジとケンジ」3話の感想をアンケート!

 

<第3話>あらすじのおさらい

営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。

捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。

捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。“落としの長さん”の異名を取る県警の捜査一課長・見城長一郎(池田成志)は修平に詰め寄り、逮捕の許可を出してくれれば、徹底的な取り調べで凶器の隠し場所を吐かせると言い切る。だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…!

そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。さらに…! 刑事にとっても検察にとっても、“決してあってはならない事態”が発生する――。

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第3話>みんなの感想&評価評判!

 

第3話を見た人に感想をアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

神奈川県警の捜査一課の課長(見城長一郎(池田成志))の顔面力の強さと主人公・仲井戸豪太(36)(桐谷健太)の眉間の力みの強さは、立派ですね。仲井戸豪太さんの検事や県警本部の捜査一課長に全く気圧されないマイペースさは半端じゃないです。
どうしてこんなに明るく強いのかなと、一週間の活力をもらえる感じがします。これだけ目立つ人が、高校の体育教師等一般社会にいたなんて、不思議ですね。関西弁の豪太氏ですが、関西は意外に秘境なのではと思ってしまいます。ところが、社会の犯罪を根絶させる為、刑事になって、たたかいたいと。今までとは、違うプレッシャーに直面したはずですが。元気一杯で、魅力的です。

 

スポンサーリンク

 

「ケイジとケンジ」4話のみどころチェック!

 

<第4話>あらすじを予習

 横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。そんなとき、仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。取材班も刑事課メンバーも急速に興味を失い、豪太ひとりに現場を任せて帰っていく。

やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。ところが…兄である豪太からこの話を聞いた立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)は、開いた口がふさがらない状態に! それもそのはず、何の因果か太郎丸は3カ月前までみなみが同棲していた男だったのだ――。

一方、みなみに一方的な恋心を寄せる検事・真島修平(東出昌大)は、彼女に3カ月前まで恋人がいたことを初めて知り、ショックで心ここにあらず…。しかもよりによって、素直に放火を認めて送検されてきた貴理子を担当するよう命じられ、被害者である太郎丸からも聴取することになったのだ。そんな中、捜査は思わぬ方向へと舵を切りだす。なんと太郎丸が、“貴理子の知られざる一面”について証言。器物損壊罪か放火罪かを見極めるはずが、それ以上の罪の可能性も見え隠れしはじめ…!

テレビ朝日公式サイトより)

 

 

スポンサーリンク

 

<第4話>みんなの予想&注目ポイント!

 

第4話の予想や期待したいポイント、楽しみにしていることをアンケートしました♪

※アンケートは回答が集まり次第随時更新!

 

40代男性

第四話は、「密着警察24時」!!。テレビカメラが入って、「みんな、いつもと表情が違う!!」(仲井戸豪太)と。ところが、明るい「ケイジとケンジ」に、ついに首を傾げるような出来事が。被害者は、仲井戸みなみ(豪太の妹(比嘉愛未))の元彼。豪太との会話の中に度々登場していた元彼がそういう形で登場。伏線だったのですね。
ナイスガイ(豪太)が刑事になったプレッシャーを心配していたのですが、いきなり、テレビ「警察24時」とは!?。新人潰しのプレッシャーに負けないでほしいと思います。それでも、期待度は抜群です。

 

まとめ

 

第4話では修平が密かに思いを寄せるみなみの元恋人が登場!

しかも3か月前まで同棲していたとなると、相当仲は深かったはず。

このことで修平がどうなってしまうのか、楽しみですね~!(笑)

次回も注目です♪

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, ケイジとケンジ

Copyright© mochar.jp , 2020 All Rights Reserved.